酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


新春恒例 !! 2013元旦呑み鉄アー ~沼津港深海水族館 篇~

いつもヲ世話になってヲります。

はい、エピソード的には2013年、1発目の話題に御座います。

毎年元旦にはですね、我杯の自称・学生時からのヲ付き合いである、カーノさん との電車をユルユルと乗り継ぎながら呑み歩く、


元旦呑み鉄アー


を敢行しているんですよ

これはもう、二十ウン年に亘我々のライフワークであり、妥協、迎合の決して出来ない、言わば、ポリシーと言ってm(略)


今年はチョイとイマイチだった「笑ってはいけない…」を観た翌早朝。
早速にマックス・ハイテンションな我杯、比類無き東武鉄道に乗り込む

初日の出、初日の出

北千住駅にて合流
明けましてヲメデトウ御座います

「あんにん、あんにん」

駅・西口にあるEMの看板を眺めてニコニコしている我杯に向けての、 カーノさん の新年一発目の言葉がコレだった(← )


JR常磐線で上野駅、山手線に乗り換えの、
DSC01448.jpg

華の都・大東京で東海道本線に乗り込みますよ。

DSC01450.jpg
う~ん、しあわせの とんぼ が舌を出して笑ってらぁ。


はい、それでは、
DSC01453.jpg
今年も宜しくヲ願い致します、ぱんぱ~い

ところで、我々は今回、何処へ赴くのでしょうか?

「あ、ちょっと待って下さい」

とある停車駅で、カメラを構えてホームに飛び出す カーノさん。
DSC01464.jpg
特急「踊り子」をキャッチ

「今回はですね、コチラの」
DSC01486.jpg

「コチラの」
DSC01487.jpg

「コチラで」
DSC01536.jpg

沼津港深海水族館


深海魚を堪能するんですよ(嬉)」



説明しよう !!
我杯と カーノさん は無類の深海魚好きであり、「サッコファリンクス」(← 深海魚の一種・フウセンウナギ)という一言で30分は笑い転げる事が出来るのだ !!
img_260358_3425961_1.jpg (← コレ)


元旦から頑張ってくれていたカワイイ受付嬢にチケットを求め、入場
(変な)大人、2枚です

入場してイキナリ、
DSC01489.jpg
キャ~ !! ダイオウグソクムシ よ~ !!


説明しよう !!

等脚類に分類される、フナムシ、ワラジムシの仲間で、このヲ方は世界最大級の種類。
体長は最大50cm、体重は1kgにもなる
海底の魚の屍骸を貪欲に喰らう、別名「海の掃除屋」。

(ミリオン出版社・刊 『実在する !! 深海の大怪獣』 より)


…なのだが、新江ノ島水族館に展示されている同種の個体が、この4年間、餌付けに全く反応していないという、少々不気味なエピソードが伝わっている…


…て、ハナから嬉しいこの水族館にて、我々の2013年はスタートしたのであった(嬉)




さあ、このブログを御覧の皆様。



これから30分、あなたの目はあなたの体を離れ、この不思議な時間の中に入って行くのです…
(ナレーション:石坂浩二)






DSC01496.jpg
オウムガイ。
太古よりその姿を変えていないと言われている、生きた化石ですよ(嬉)
イカやタコの仲間だけど、スミは吐けないでゲソ。
水深800m超で水圧に耐えられずに圧壊するという、具体的、かつ、不思議なデータがあるでゲソ。


…あ、大変大変
DSC01502.jpg
サケビクニン ですよ。
名前の由来が「比丘尼」、即ち、尼僧に似ているトコロからだというが、それはいかがなものか。

…ぬっ !!
DSC01497.jpg
何ともか弱いカニ3だす。
何々、

「触っただけで全身バラバラになる細い脚なので、完全な姿での展示は稀有である」

…。
そんな虚弱な身体で海底世界を生き抜くとは、一体、どんな処世術を…


と、思いきや、
DSC01499.jpg
タカアシガニ
全長3m超の極端なヤロー(?)だ。
コイツの外骨格には、我杯の貧弱アトミック・パンチなんぞ、歯が立たないだろう。
(↑ パンチなのに歯とは、是、いカニ…uss.gif )


…あ、皆さん、御覧下さい
DSC01506.jpg
何ともカワイイ顔つきじゃありませんか

…でもですね、これが体長10cmにも満たない手の平サイズだからこんな事が言えるんですよ。
これがね、8m位あったら、姿を見ただけで夜中にうなされますよ、我杯


我杯と カーノさん で3分48秒、この前でへばり付いた、
DSC01507.jpg
シギウナギ。

超絶レアな標本展示ですよ、コリはぁぁぁ !!

観てくりゃれ、この異様 !!
DSC01508.jpg
「水深300-2,000mの中層で漂泳生活を送る深海魚である。名前の由来は、シギの嘴のように細長く伸びた上下の顎から」
(Wikipedia より)

鳥のシギに似ているからシギウナギ。
じゃあ、イヌに似てたら、勿論、ウナギイn…

しかし、深海で、この嘴を、どのように活用するのだろうか…
あと、尾の部位が全くの糸状なんですが、どーなんですかね。


…むっ !!
DSC01511.jpg
四次元怪獣ブルトン !?

…あ、違っ。
しかし、道理で怪獣と間違う筈である。
なんたって、名前が、
DSC01512.jpg
これだし…笑
こんなボケをカマす事が出来るのも、非常に珍しいことなのです。



…つー訳ででしてね、やっぱりキリが無くなっちゃったので、ここで一旦、CMです。
次回の更新は2199年9月3日あたりになると思います。
ヲ互いに存命でしたらヲ会いしましゃう~


…かなり、いい加減な形で続く…


Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login