酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


この美しきものの上で

御覧下さい、この美しい地球の姿を。

地球



これはCGでも描画でもなく、あのNASAの地球観測衛星が撮影・公開した、本物の地球の画像なんであります。

こちらのリンクから更に美しい、高解像な画像を御覧になれます。
(↑ かなり大きなデータ量なので、注意 !!)


いやあ、ビックリしました。

このような美しいものの上で我々や他の生き物達は生きているんですか…



それなのに。


ヒトは、取るに足りない、小さな存在であるにも関わらず、醜いまでに大きな私利私欲で動いてますよ。


それでも、立派に一生懸命に生きている人達も大勢います。



そんな人達を、訳の解らない思想や原理を主張し、押し付け、理不尽な行動で蹂躙する愚か者がいる。



何故、「神」とやらの教えを主張する手段が人殺しや破壊行為だ?


この世の全ての軽蔑、侮蔑の言葉を以ってしても、ヤツラを罵り足りない。


ヤツラの言う「神の怒り」とやらの矛先は、ヤツラ自身に向けられるべきである事を、思い知らせてやりたい。




いつだったか、読売新聞にあの美輪明宏さんのインタビュー記事が掲載されてました。


犯罪が若年化していく問題・原因に対して美輪さんが仰ったのは、


「今の若者は本当に美しいものを見ていないから」


というお言葉。



これを読んで、なるほど、私にも確かに美しい光景や絵画を目の当たりにした時に、心が洗われるような、返って、己の小ささみたいなものを認識させられた経験があるぞ、と思ったのです。



愚かな行動に走る輩は、きっと、自身がどれだけ美しいものの上で「生かされている」のかを知らないのでしょう。



ある意味、不幸な存在だろうが、同情は全く出来ませんな。




それだけに、遠い異国の地で志半ばで倒られた多くの方々の無念さを思うと、いたたまれなく、そして残念であります。




浮かれたブログからの発信ですが、今は安らかに眠られますよう、お祈り申し上げる次第であります。

Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login