酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


第1回・なのねん湯煙り呑み過ぎ事件 その1 ~鬼怒川温泉・ラーメン八海山~

いつもヲ世話になってヲります。

DSC01670.jpg
…。


今回は、我杯の最寄り駅である、南栗橋(くりみな)からスタート。

我杯の呑み仲間である イヤミくん が、だいぶ前に、

「温泉でも行って、ゆっくりしたいのね~ん…

なんてな事を言ってたのだが、彼はわりと実行力があるので、忘れた頃に、

「安い宿を見付けたので、日付決めて出掛けるのねん !! リザーブ !!」

あれよあれよと話が進み、今回の件と相成った


当日。
少々遅れてきた下り電車。
(↑ 今思えば、これは『布石』であったか…)

イヤミくん と合流した我杯は、東武日光線下り車両にて、早速に『呑み鉄』スタート
DSC01682.jpg
ほい、ぱんぱ~い
イヤミくん は、彼の愛車のチキチキマシーンでの旅行を提案していたのだが、クルマギライの我杯は却下
車じゃ道中で呑めないでしょう



到着、鬼怒川温泉
DSC01689.jpg
さて、どーしよーもないヤロウ2人で来てしまいましたが、どんな道中になる事やら…

「はい !! そんな訳でやって来ました、鬼怒川温泉 !!

なんてノリで騒いでいたら、ヲバちゃんが訝しげな表情でコチラを見ていた…
ks.gif
ボクラ、芸人ちゃいますよ~


今回、我杯には抑えておきたいヲ店が一軒ありました。
駅から徒歩1分48秒ほど
DSC01693.jpg
杉戸の居酒屋「いこい」のマスターが事前に教えてくれていた、このヲ店。

「鬼怒川 太朗」 と大きく掲げるこのヲ店こそ…。


DSC01695.jpg

ラーメン 八海山


看板はラーメンですがご心配無く(← ?)
ホレ、立派な赤い提灯がブラ下がってるではないですか


昼過ぎあたりの潜伏だったので、店内はそこそこの入客でしたが、
DSC01698.jpg
入り口脇のカウンター席に座した我々、早速にぱんぱ~い
我杯は店名通りに、日本酒「八海山」を、 イヤミくん は生ビール。


実はこのヲ店、知る人ぞ知る、ちょっとした有名店である。


何故なら、
DSC01696.jpg
あのモヤモヤさまぁ~ず2で紹介されてたのである。


「鬼怒川 ギョーザ」なキーワードで検索かけると、上位に出てきますね。
我杯みたいにTV見た方が、ブログとかで取り上げてますよ、ええ。


その時、メインでフィーチャーされてたのが、この、ギョーザ。
DSC01708.jpg
その名も「太朗餃子」 !!

さまぁ~ず・大竹 3 が番組内で、

「うまいっ !! 」

を連呼、流石はTV、一躍超人気メニューになった一品である。


では、我々もその真相に迫ってみましゃう


食。



…。




  

うまいっ !!
  



流石の イヤミくん も相好を崩す


これは、今までに味わったことのないギョーザである !!
DSC01705.jpg
中身の「あん」は、匂いは気にはならないが、ニンニクがしっかり入っていて、その味わいを引き立てる。
ムッチリ、とした皮に、程好く焼かれたパリパリ部分が歯応えにアクセントを加え、味覚、食感の両面から…云々。

この後、あんまりヲイシかったので、もう一皿追加ヲーダー…笑


…ああ、また食べたくなってきたぞ~ !!
grgr






我杯の眼前のサイン色紙には、
DSC01706.jpg
麻理子 サマ…


テレ東、大橋アナが欠場になっちゃって、麻理子サマに大きな役割が回ってきそう…。


…どこかにいないですかね、麻理子サマ みたいな、超絶かわいいヲよm…



…いや、今は言うまい…






あ !!
taro.jpeg
鬼怒川太朗 3 である !!

あまり馴染みは無いでしょうが、演歌歌手として活躍する傍ら、このヲ店を経営しているのである。
さまぁ~ずのヲ2人に、

「演歌よりウマイ餃子…笑」

と評された餃子は、太朗3のヲ手製なのである

スゴイ気さくに2ショットに応じてくれました…笑



夜は2階のスナックが開く、という事なので、また夜に乗り込みましょう



旅館に向かう道中、モヤモヤした場所を発見

DSC01711.jpg
…。


いかにも温泉街…
ベタ好きな我々、早速に覗いてみる事に

中からヲジサン出て来て、遊びたい旨を伝えると、妙に長い説明が始まった。


…。


レクチャーの後、 イヤミくん はオモチャの鉄砲片手に遊興に乗り出すが、我杯、こーゆーのでは遊ばない。
何故なら…


「あっ !! 命中したのに、的が倒れないのねん !!」

「狙ったトコに弾が飛ばないのねん !! 」


イヤミくん 、苦労しとるようであるが…
DSC01712.jpg
とうとう、ゴルゴばりに身を乗り出す
wr.gif


…を。
的が倒れ始めたが…


「あ、今のは的が前向きに倒れたからダメ。後ろに落とさなきゃ」

「今のは的の落ちた場所が違うからアウト」



…。

取って付けたようなコジツケでダメ出しするヲジサン。

ほれ見ろ。
だから、我杯はこーゆーのには手を出さない (←
ks.gif )

収穫、ゼロ gzgz.gif



今宵の宿に到着したのねん。
DSC01715.jpg

ホテル ニューおおるり

おおるり、こるり、ルリルリ…笑



部屋に入るなり、はい、それでは、
DSC01716.jpg
持込のホッピーセットでぱんぱ~い…笑

ただ今、1545(ヒトゴーヨンゴー)時、南栗橋(くりみな)での合流が大体1100(ヒトヒトマルマル)時
この時点で我杯が持参した紙パック焼酎(1L入)は底を尽いた



「射的場でのキミの在り方は何なのねん !! 」

何なのって、なんなのねん。

「遊ぶときは遊ぶ !! それなのに、キミはボクを見て笑ってただけなのねん !! 」

あんなのでヲ金使わないよ、勿体無い。
第一、何だかんだ屁理屈コネて、景品取らせようとしないじゃない。
明らかにインチk…

「そーゆー事じゃないのねん !! 人生はギャンブルなのねん !!
 負けると分かっていても…云々」



…フー、やれやれ…

あ !! ディオ様ァッ !!
こんな彼の生き方に二言三言、言ってやって下さいよぉ !!





ゴゴゴゴゴゴ…




dio1.jpeg
「フンッ !! 無駄無駄無駄、無駄ァァァ~ッ !! 」


ハッ !! 有難う御座いました !!
(↑ やりたかっただけ…笑)




…を、観たまえよ、 イヤミくん
DSC01717.jpg
なかなかの眺めではないかね。


チミね、ゆく河の流れは絶えずして、 しかももとの水に非ず、だよ、チミィ
シトは誰しも河の流れのように寄り添い、分岐し、その流れの緩急のように生きていく存在ではないかね、チミィ
これこそ天下泰平、百花繚乱、ヲ江戸八百屋町に華が咲く、点を中心として円を描き、線はそれに付随するもの也、空手はやっぱり極○空手、ってモンだよ、チミィ



「…あ。温泉に入ってメシなのねん

あ、行こう行こう




ふぅ~、流石に鬼怒川温泉、身体の温まり方が違う
ヌクヌクになった我々、
DSC01722.jpg DSC01723.jpg
ほい、ぱんぱ~い
小1時間ほどの飲み食い放題、しかし、それは重要ではない !!


「他の宿泊客は家族やらカップルやらで羨ましいのね~ん…


まあまあ、シトはシト、門田は門田
楽しそうに見える相手はモンゴルマン、それでいいじゃないか  ポン(← 肩に手を置く音)




さて、これからが、我々の「鬼怒川の夜」の始まりである !!
DSC01732.jpg
夜の街に乗り出す我々、先ずは昼間の太朗3 のヲ店へ向かう


さて、勢いよく乗り出した我々を、鬼怒川の夜はどう迎え入れてくれたノカ !?
それは次回の講釈で !! (← 大した講釈ではないが…)




tbc


Comments

 
「八海山」はネギチャーシューも美味しいので行った方はぜひ注文してみてください。

読んでたらまた行きたくなってきた。
 
仕事柄杉戸のあの店の前通る機会が多いけど鬼怒川太郎さんてポスターより実物の方がかっこいいですな!

温泉いいなぁー!今度こういう所でみんなでオフ会希望!!どうです?隆軒さん?

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login