酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


第1回・なのねん湯煙り呑み過ぎ事件 その2 ~鬼怒川温泉・喫茶&カラオケ たろう、園~

ほい 
呑み仲間の イヤミくん との、鬼怒川紀行(奇行)の続きです。


鬼怒川温泉の夜に繰り出した我杯と イヤミくん 、目指すは昼間に訪れた「ラーメン八海山」の2階にある、
DSC01732.jpg

喫茶&カラオケ たろう

(↑ 二階部分)

に、潜伏する。
勿論、鬼怒川太朗 3 のヲ店なのだが、
杉戸の居酒屋「いこい」のマスターによれば、リーズナブルに、3000円ポッキリで飲み食い放題だと言うので、迷い無く潜伏する事に


因みに、ここでの出来事を イヤミくん は次のように述懐しているッ。

「ポッキリ、という言葉は次世代に遺したい言葉なのねん」


…なんのこっちゃ…




ヲ店に入ると、既に太朗 3 が先客さんを相手に動き回っていた
DSC01735.jpg
ヲ店に訪れたヲ客さんの写真がビッシリと。


我々に相応しい、隅っこの席で、ぱんぱ~い
DSC01734.jpg
昼間から呑んでるワケですからね、かなりの酒量のハズだが、その場所場所でリセットされるんですよ。
転じて、ボクチャン達は何処でも健康体なんですよ(← 嘘)


店内を満遍なく接客していた太朗 3 とママさん、
DSC01738.jpg
我々の席にいらして、ぱんぱ~い

非常に気さくに、色々とヲ話をして下さった太朗 3 、地元に帰った後、
杉戸の居酒屋「いこい」のマスターにこの事を話したら、

「あの人はヲ酒好きだから、呑みたいだけなんだよ

と…笑


成る程、これで太朗 3 もこのブログ内の立派な「共犯者」ですな !!
ヲメデトウ御座います !! (← ?)


店内は更に多くの入客、カラヲケで盛り上がって参りました
我々も周りの年齢層を考慮しながら(笑)何曲か披露したのだが、



…。
DSC01739.jpg
ヲ店のママさんとデュエット開始してた イヤミくん…笑



呑み放題なので、いろんなヲ酒が楽しめた。
DSC01756.jpg DSC01760.jpg
健康緑茶割りとか、自家製どぶろく など、様々なヲ酒を堪能


「…あ !! スイマセン !! 餃子をヲーダー出来ますか?」
DSC01754.jpg
ナイス・ヲーダーの イヤミくん
またもや食す、たろう餃子
今回、それだけ我々はこの味にハマッてしまったのだ



店内も盛り上がる中、
DSC01751.jpg
遂に太朗 3 がマイクを握る
唄うは代表曲、「顔」


その歌詞の深さに、 イヤミくん は涙するのであった…笑



相手構わず親睦を深める イヤミくん …笑
DSC01764.jpg
やたらとノリのよかったこの御婦人、近くのスナックのママさんだった。


さてね、散々に楽しみ倒したのでありますが、そろそろ我々的にエンタケだったので、ヲ店を出ることに。



ここは、おんな酒場放浪記、古賀絵里子 3 ばりに感想を述べてみます。


あ、えっと、「スナックたろう」さん?でした。
あの、何て言うんですかねぇ…
あ !! あの、とっても楽しいところが、楽しかったです !!




…さてヲき、鬼怒川に訪れたら必ず再訪を期したいヲ店であったのは間違いニャイ
これは保障出来ます !!


さてね、もう一軒ぐらいは引っ掛かりますか。
旅館に向かうがてら、次の潜伏先を探す



…あった。

DSC01765.jpg


看板からして、呑んで歌える、楽しげなヲ店のようです。
と、潜伏してみたものの、時間的には晩い時間(00:38時頃 !! )だったので、先客さん1人がいらしただけで、落ち着いちゃってました  


カウンター席に座した我々、
DSC01768.jpg DSC01769.jpg
酎ハイで本日最後の ぱんぱ~い…
って、ここらの件は正直覚束無いぞ。
刺身を食べてたノカ…。

…あ、何だか、マスターさんが色々と話してくれてなかったけか?


ヲ店の様子。
sono.jpeg
我々には珍しく、落ち着いて静かに呑んでました。
本来ならば呑めや唄えや、で楽しめるんでしょうが、今回は…

…って、昼間から間断無く呑み続けてた訳ですから、そりゃあ体力も底を尽きますわね…



かなりグズグズな状態で旅館に帰還。
それでも、もう一度温泉に入りなおし、横になったのは…02:00(マルフタマルマル)時は過ぎていたんだろうなぁ。

二言三言は話していたが、いつの間にか イヤミくん は寝入っていた

…ふー、やれやれ、だぜ…
流石に…疲れ…ましたねぇ…




…。





ウツラウツラ…













iymzzz.jpg

…ヤロウ…



大体、こういった輩はスビーとっとと先に寝付いたかと思いブババーきや、工事現場みたいな騒音を撒き散らすのグガガガガ~が常であり、旅の醍醐バササァ味なのだ
ここは一つ、殊勝な心構えで、台ギャサリィィィ~ン風でも来てると思…



…しかし、我杯は考えるのをやめた…



我杯が思う確かな事は イヤミくん  !!
イビキはともかく、放屁でもカマそうものなら我杯は多分…

プッツン するだろうと いうことだけだぜ…











…ムニャムニャ、なのね~ん…




ブゥ











jotaro.jpeg
oror.jpg
(※ 画像はイメージです。実際は枕を投げ付けた位です…笑)


…くそうぅっ !!
本来なら頭上からロードローラーでも叩き付けてやりたかったが、そんな物は無かったし、出来ないから諦めてやったぜ !!


結局、我杯はロクに眠ること叶わず…



翌朝

自分の仕掛けた目覚ましには反応せず、館内の朝食の案内の放送で イヤミくん は目を覚ました。

当ててやろう、貴様は起きた途端に、
『あ~、あまりよく寝られなかったのねん』
と言うッ !!

「…あ~、何だかあまりよく寝られなかったのねん…あ、朝飯、急ぐのねん !!」



…。

yryr




…あっ !!
DSC01773.jpg
何と、外は雪景色ですよ

温泉に来て、雪とは、これまたヲツではないかね…



…と、浮かれていた我々だったが、この降雪こそが、首都圏をマヒ状態にした「1.14関東地獄豪雪」であったことは、知る由も無かったのだ…


tbc

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login