酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼22 ~大師前・酒処 赤ちょうちん~

いつもヲ世話になってヲります。


やべ、日頃の不摂生が祟って、近年稀に見るヒドイ風邪を引いちった
マラソン大会を控えてるのに、大変大変。
死んじゃう死んじゃう。





さて、久々に、我らが 吉田類 先生 の御足跡を辿る、「聖地巡礼」です。


このシリーズだけでも、もう、22回目か…。


今回は…
DSC01839.jpg
生まれて初めて来たよ。



もちろん、地元のネ申様にゴアイサツをば
DSC01844.jpg
…どなたか、この「緞(どん)帳」?の、カラーリングの意味をご存知ではないですか。
どんな意味合いがあるんですかね


そーいや、駅から大師様へ向かう途中、
DSC01841.jpg
こんなテントが。


入り口には、こんな張り紙が。
DSC01842.jpg


…中から、競馬中継のラジオが聴こえて来たから、興味のある方は…って、あんまりいないか…笑


さて、今回の聖地 は、コチラ !!
DSC01857.jpg

酒処 赤ちょうちん


左側が、酒屋さん。
右側の赤ちょうちんがブラ下がってるのがヲ店…て、この画像では分かりづらいですね。


ほれ、看板がありますでしょう。
DSC01855.jpg
「商い中」つー、札も下がってるし。


で、こっちが、
DSC01858.jpg
酒屋さん側の看板。



…にしても…
DSC01848.jpg
補修・改修なんて、一度もしてないんだろうなぁ…笑
創業60年超、だって !!



我杯と同じ、 吉田類 先生 のファンなのか、

「ををっ !!

とか言いながら、ヲ店の写真を撮ってるシトもいましたね


では、早速に潜伏開始
こムにちわ~



…敢えて言おう !!
DSC01849.jpg
混沌であると !!


店内は、L字カウンター席と思しき形状のスペースにて、大体、10ケースほど。
…ケース、てのは一升瓶を入れるケースに、簡単な座布団を上に載せて、それを椅子代わりに使用しているからである。



吉田類 先生 や、おんな酒放の 古賀絵里子 嬢が、

「初めて訪れても快く受け入れてもらえる」

と、所感されていた言葉通り、我杯が店内に顔を出した途端に、

「あらあら、イラッシャイ。コッチ来る?」

と、狭いながらも席(ケース?)を勧めてくれた

これは、居心地が良さそうである。


ヲ品書きを眺める。
DSC01850.jpg
ん~、確かに「ヲ気軽」にイケそうだ。
元は「角打ち」(酒屋さんで、そのまま立ち呑んじゃう)スタイルだったらしく、その名残か、カウンター上には缶詰が何個か積み上げられていた。


先ずは、
DSC01851.jpg
酎ハイにて、ぱんぱ~い

キンミヤですね。
…つか、こんな飲み歩きなんかするようになったから、キンミヤが本当に美味しい焼酎だ、と言う事が理解出来るようになったんですよ。
呑み易さが一線を画している !! (我杯個人の感想)


目の前の小さなヲ鍋で煮られていた、
DSC01852.jpg
煮込み を頂戴する。

ん !! モツ、うまっ !!


ごろん、と、
DSC01854.jpg
生姜のカタマリが。
ん、これ食べて、風邪の予防に役立ってもらヲう、そう思ってたのに、こっ酷い風邪引いた。
大変大変 


店内の御常連さん達は、多分、近所にヲ住まいの方々か。
それでも初めての我杯に色々とヲ話を。

「そんな写真撮って、どうするの?」

いや、飲み歩きを、 吉田類 先生 の真似事を、云々…。

「ああ~、それで来てくれたの !! 良かったら、また来てね !!」


ん !!
今回、チト、潜伏時間は短かったが、これは…良い !!
これは、見た目と裏腹に、常習性アリ、なヲ店である。

きっと、また来てしまうな、こりゃあ…笑

ゴチソーサマでした~



ヲ店の外に出ると、
DSC01856.jpg
暮れなずむ街。
足立区には夕暮れがよく似合うぜっ



それでは、今回は久々に一句詠んでシメましょう


いやあ、赤ちょうちん !!
驚きましたねぇ~。
こう、温かく受け入れてもらえるのが、下町酒場の良いところではないでしょうか?
ですが、下町・足立区 !!
まだまだ、こんなヲ店があるんじゃないでしょうか?
そんなヲ店を探して、後、1、2軒は行かないと、ですねぇ~ !!
では !!


オラが春 おまえはすでに メロドラマ



…この一句には、何の意味も無い…

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login