酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


我が生きたる国、その名は…

日本酒、万歳 !!



まあ、なんたって最近は日本酒ばかりなんですよ。

取り寄せた「風が吹く」(Gold Ver.)を、あっという間に完飲してしまったので、寂しかったトコへ、
幸手の居酒屋「友」のママさんから  もらったん。


「いいヲ酒が入ったから、呑みにいらっしゃい」


と。
我杯の日本酒好きを知ってるので、嬉しい御連絡を


我杯はそそくさと、愛用の超絶電動自転車「轟天号」を発進させるのであった



ヲ店に到着
果たして、ママさんヲススメのヲ酒とは…?



…を
DSC02090.jpg
「浜娘」だっ



以前、東京は上野の日本酒バー
「夜行列車」で頂いた一品なんですよ。


酒蔵は岩手県大槌町

震災で被害に遭われたそうであるが、復活して、このように我々の手元にも届くようになったのだ

この一品を頂戴することは、製造元の「赤武酒造」 3 を応援する事に他ならないのデス


もちろん、うまたん、うまたん


久し振りに巡り逢えた一品に、我杯はゴマンエツなのであった。



そのアシでもう一軒、我杯の根城である
「玄海」へ立ち寄る。
店内は相変わらずの顔ぶれである。

座るや否や、

「ヲウ、珍しいの(ヲ酒)が入ったから呑むか?」




当り前田の敦子ちゃん



マスターが、こーやって教えてくれる事自体がが珍しいので、是非も無く


DSC02095.jpg

「歌盛 (うたざかり)」



福島県郡山「若関酒造」 さん の醸造らしい。


「らしい」というのは、醸造元を調べる為にホームページを覘いたトコロ、この一品についての記述がされていなかったからである。


新しく出回り始めた、新製品なのだろうか。
まあ、なんであれ、頂戴するんですよ


DSC02097.jpg
表面張力


…およ。
呑み易い…

さらさら入ってきちゃうよ、コレ。
我杯の拙い表現技術では、今回の感動は上手く伝え切れない…泣




…う~む、最近、美味しいヲ酒にありつくと、大体は東北のヲ酒だな…




…。









そうだ、東北へ行こう。






そんな訳で近日に逃亡することに決定したん。

Comments

 
うちの地元にも酒蔵ありますよ
仕事の取引先でもありますし…
宮城のお酒は純米以上だとハズレを引くのが難しいくらいのレベルです
酒場放浪記では一ノ蔵の無鑑査本醸造が登場頻度高いですが、年に一回くらい登場する阿部勘が僕のおススメです
Re: タイトルなし 
ウムム…
宮城のヲ酒とは、これまたソソられますねぇ…

売られたケンカならぬ、ヲ酒は買うしかないな、コリャ…笑

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login