酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


真打昇進・前祝 ~渋谷・一軒め酒場~

いつもヲ世話になってヲります。


いよいよ佳境だ、「宇宙戦艦ヤマト 2199」 !!
DSC02318.jpg


公開日を一日千秋の思いで待ち続けたん

これで第五章だけど、今までの公開の中で、いっちばん !! 燃える展開で、もうタマランチン !!

特に、ヤマトがドメルの旗艦に○○○を敢行したり、バラン星の○○○の真っ只中に突撃して云々… !!


…う~ん、はよ出ろ、ブルーレイ !!


…と、午前中に「とある武道」の朝稽古を前日の酒を残した状態でこなした?我杯は、劇場のある さいたま新都心 に赴く


上映開始時間まで間があったので、
DSC02316.jpg
場繋ぎ…笑


こんな時間に、こんなトコで呑んでるヤツなんか、他にはいな…


…いた !!

コッチ来いよ、一緒に呑もうぜ…笑


…やたらとキンパっぽい、ヲネーサンの姿が目に入る。

揃って、「AYU」の字入ったバッグを肩から下げていたん。


浜崎 3 、昔はCD擦り切れるほど聴いてました…
…今じゃ、すっかりAK(略)



小腹が空いたので、近くのマックに入ろうとしたが、満員
入店を断念した我杯が見たものは…






すやたん、すやたん
DSC02315.jpg
「彼」の御膝元で見る夢は、さぞかしビッグでナゲットな夢だろう… (← ?)



ヤマトの激アツ展開に満足した我杯は、
DSC02323.jpg
JR最強埼京線に乗って、ヒサブリに来たった。


「タモリ倶楽部」やら、NHKで、やたらと取り上げられていた、
DSC02319.jpg
東横線のカマボコ屋根。


…まあ、利用は無かったんで、思い入れとかは皆無なんですが、
DSC02321.jpg
我杯の両親が遥か昔に足繁く利用していたらしいが…

因みに、この跡地は、イベント会場か何かに改造されるらしいんですよ。


…をっと。
待ち合わせしとるんだった。



駅前・モアイ像前にて。
DSC02325.jpg
…何で「モアイ」なんですかね。


我杯、モアイと言えば、口からリングレーザー吐き出すイメージなんですよ。
…分かるかな?グラディウス?…笑


さて、今回の共犯者は、我杯が自称・学生時からの交流であり、それから長年に亘ってヲ付き合いを頂いている、 某 N本大学・落語研究会出身、一寸木(ちょっき) 氏 である。

日本の珍名さん、いらっしゃい !! みたいなコーナーで紹介されることのある、レアな苗字な方であるので、実名で紹介申し上げる。(御本人未承諾…笑)


やはり、落語を嗜んでいただけあり、ユーモア溢れる御仁、今回の逃亡劇も楽しめそうである。
そんな彼が案内してくれた潜伏先は…


DSC02326.jpg

一軒酒場


…このブログでは扱わない、チェーン店であるが、何せ安く済むらしいので、今回は特別に

しばし、氏と飲み交わしている内に、更なる共犯者の合流である




紹介致しましょう、
DSC02335.jpg

金原亭 小駒(きんげんてい ここま) 師匠 登場 !!


やはり、某N大学・落語研究会御出身であり、そのままプロの噺家の世界へ。
2013年秋には、待望の


 真打昇進


が決定した、若手噺家・実力No.1の御仁である

小駒 師匠のプロフィールは
「こちら」 から是非ともに御確認下さいませ
皆様、どうぞ御贔屓に !!



…さて、このヲ店はどんな感じ?
DSC02327.jpg
ふ~む、ふむふむ…


確かに、
DSC02328.jpg
安いですね。

はい、更には、
DSC02336.jpg
毎度御馴染み、 カーノさん の合流である。
我々、自称・学生の頃には散々に「やらかした」間柄である(笑)。
ヲ互いに久し振りの再会に、まあ、話の尽きない尽きない…。
(表現不可能のバカ話に限るが…)


様々な品をつつきつつ、
DSC02330.jpg DSC02331.jpg
気付いたら5時間も経過してたん…笑

ヲ互い、歳は重ねたけど、中身は少しも変化しない(出来ない?)ので、二十数年前と丸っきり同じ会話…笑


…え?
成長出来ない?
違いますよ、いつまでも少年の心を持ち続けているんですよ。



…あれ?
我杯以外、所帯持ち?



…ふ、ふふん、そんな事はどーでもいいぜッ !!
我杯の心情を、宇宙戦艦ヤマト 復活篇 の大村副艦長 が代弁して下さいます !!

PDVD_005.jpg
独り身のヲレに、怖いモノなんか無ェんだッ !!」



をうよっ !!
独り身なら、小遣い残を気にせずに毎度毎度の呑み歩きが可能なんだッ !!
どうだッ !!
う、うは、うはははははっ !! …


今回の共犯者メンバー。
sby1.jpeg 一寸木 氏 は個人情報の保護、 カーノさん は放送禁止な観点から画像修正…笑


さて。

およそ5時間超の潜伏劇もそろそろヲ開き。

それにしても、一体、何杯呑んだんだか…

と、思ったが、やはりそれは値段に顕れる。



それぞれに帰途についた訳だが、それぞれの後日談…。


一寸木 氏…彼の自宅は地方(神奈川…笑)なので、駅から自宅までのアシ、バスはとっくの昔に終わっていたので、深夜の割増タクシー利用を余儀なくされる。翌日は死亡遊戯。

小駒 師匠…ヲ酒をシコタマ残したまま、翌日の浅草演芸ホールの高座に上がり、「芸」ならヌ「ゲー」を披露しかけたという。
真打昇進が取り消しになる、一歩手前であったという…

カーノさん…我杯と途中まで一緒だったが、別れたJR武蔵野線で大幅な乗り過ごしを敢行し、本人曰く、「国家予算に匹敵する」料金の深夜タクシーにて帰宅、明朝の業務にて向こう48年分の地獄を味わうハメになる。
 
我杯…難なく地球(自宅)に帰宅。翌朝の業務も大したダメージは無く。ドリンクジョッキの半分以上に氷が詰め込まれていたので、実際は半分以下の飲酒量だったかと思われ。


そんな我杯を助けてくれたのは、
a0114467_7531681.jpg
コヤツ。

コヤツを飲む飲まないとでは、飲んだのと飲まない位に違う。


皆さんも、これから呑み会の機会が増えてくると思いますが(← ?)、その際にはコヤツの携行をヲススメ致します





…クゥゥゥ~ッ !!

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login