酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼24 ~浜松町・名酒センター~

いつもヲ世話になってヲります。



…。

ここは港区・浜松町 !!


今回は、
笹塚の 吉田 類 先生 のイベントで知り合った皆さんとの呑み会、即ち、


るいともかい
 類友会


その(壮絶な)集まりの様子なのであります !!

その時の一人、超絶ナイスガイの KTJM兄さん からの御連絡を頂戴した我杯と イヤミくん は、宴会スタート前に浜松町に立ち寄った。


ここには、全国の日本酒を集めた立ち飲みスタイルのヲ店、「名酒センター」なる素晴らしい一軒があるという…。



 いくぜっ !! センター !!



駅北口、徒歩1分48秒ほどの場所には、もう一つの聖地である、
DSC02348.jpg

秋田屋


…があったのだが、この日は定休日。
残念 !!



早速に到着
DSC02350.jpg

名酒センター


吉田類 先生 御降臨の地である。
DSC02351.jpg

オフィス街の中に忽然と現れるそのヲレンジ看板は、コンクリートビルの中にあって、燦然と輝く金塊のようである
まさに 黄金センター…笑


15:00(ヒトゴーマルマル)時の開店と同時に飛び込んだ

…ををっ !!
DSC02352.jpg



こ、これは… !!
DSC02353.jpg
うははっ !! 見たまえ !!
素晴らしい眺めだと思わんかね?
まさに日本酒総選挙 !! 選り取り見取り、海老名みどr(略)


このヲ店のスタイルは、ケースの中から呑みたい銘柄をチョイスして、テーブルまで運ぶと、店員さんがグラス(60ml)にヲ酒を注いでくれる。
その際に料金を支払う。
もちろん、ヲ酒の種類によって値段は変わってくるのだが、3本まとめて試飲すると、100円引きのサービス
その浮いたヲ金で、更に呑み倒せッ !! …笑


今回、我々が選んだのは…
DSC02354.jpg
願人 (新潟県・塩川酒造)…我杯 撰
とんでもねぇ (長野県・信州銘醸)
雪小町 袋吊り (福島県・渡辺酒造)
…上記2本 イヤミくん 撰


我杯も好きとは言え、どんな銘柄のヲ酒がどんな具合なのかは詳しくは知らない。
イヤミくん に至っては、

「実は日本酒はよく分からないのねん !! ダイジェスティヴ !! 」


我杯も大差ないですよ。
まあ、呑めば分かるさ。
DSC02355.jpg
はい、ぱんぱ~い

我杯、先ずは 願人 から…。

…。





う~ん、直感が当ったのか、いきなりヲイシイぞ !!


「…うあっ。強いのねん !! ボクには(紙パックの)安酒が向いているのねん !! マルッ !!

先ずは雪小町・袋吊り(大吟醸)を試した イヤミくん 。
…ンな寂しい事言うなよ…笑
我杯も続いて試飲したが、これまた極上の味わいではないですか !!
ナイス・セレクション !!

信州の「とんでもねぇ」も、名前とは裏腹に、爽やかな味覚。
我杯は、特にその香りを愉しむ事が出来たのだった




店内の様子。
DSC02356.jpg
やはり、我々と同じく開店と同時に飛び込んだ御常連さんが、店員さんと楽しげに語らう。

我々も何やかや言いながらも、初めて出会う味わいに楽しい一時を過ごす。

後からヲ客さんもチラホラと入店してきて、これまた夕刻頃のオンタイムは賑やかなんだろうなぁ。


初めにチョイスした3杯を完飲。
…のだが、我杯、実は4、5杯は呑み倒すつもりだったので、もう1本


コチラ宮城県の地酒、
DSC02359.jpg

鳳陽(内ヶ崎酒造店)


…を、ラスト・チョイス。

…今回の事前にね、れぢすた 3 の「宮城のヲ酒、ヲイシイよ」情報があったので、その触発により…笑


勿論、うまたん  うまたん



日本酒てのは、1本1本にそれぞれの個性があるのが面白いかな、と。

まさに、人、ですよ。

自身と相性ピッタリに楽しめるのもあれば、一口入れた途端にツブされてしまうような、危険な輩も存在する…。

…って、こんな事、昔からみんな言ってるか…笑



最近ハマりの日本酒を堪能した我々(特に我杯)、時間も頃合なので、そろそろと会場の新橋へ向かう


2013年・酒場逃亡記、上半期最大のデカイ山(酒宴)が、いよいよ始まるのだッ !!


意気揚々と乗り込む我々であったが、この時点で我杯は、古来より言い伝えられる重要な一言を完全に失念していたのであった…




親の小言と冷酒は後で効く



どうなる !? 「類友会」ッ !!
(…てか、我杯…)


tbc

Comments

 
1本目でここまでだとすると、Vol.6あたりまで行っちゃうぞ。
量的にも中身的にも今回は「長編ドラマ」だな。
 
鳳陽とはナイスチョイスですね
飲みやすさと力強さのバランスが取れたお酒ですね

県内だと原酒や生酒も手に入りますよ~

関東で手に入りやすいものですと東京駅の地下とかにあるはせがわ酒店で売ってる「愛宕の松」もいいですよ

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login