酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼29-2 ~桜木町・ホッピー仙人~

酒場の街・桜木町をさ迷い歩く、我杯と イヤミくん 。

日がすっかり暮れたことにより、雰囲気はいよいよに盛り上がってきた。
桜木町・野毛地区は、一つの巨大な居酒屋へと変貌していく。


…いや、これは「祭り」とでも表現しましょうか。



都橋商店街へアシを戻す


すると、ソコには…
DSC03093.jpg
…ををををを…



DSCN2474_20111231022005.jpg
見たまえ、諸君 !!
素晴らしい光景だと思わんかね?

…ほう?

はははっ !!  見ろォッ !!

ヒトがゴミ
ネヲンが宝石のようだァッ !!




イヤミくん も叫ぶ。


「これは、ボクラにとっては、エレクトリカル・パレードなのねん !! 」



  

チンチャラ チンチャ チンチャラチラチラ

チンチャラ チンチャ チラチラホイ


 

  



…。


高校を卒業したあたりを最後にアシを運んだこと、無いですね。
第一、呑めないじゃん、アソコ。
ネズミのクセに





…さて。

我杯的に今回のメイン・イベントと位置付けていた一軒に到着


それこそが、
DSC03071.jpg

ホッピー仙人



…なのである。

店名の通り、ホッピー専門店。
ここの一杯は一味違う、というのでホッピストの我杯はウキウキと乗り込んだ…



…やはり、噂通り !!

バーを思わせる極小な店内はL字カウンターのみで7、8席ほどだったろうか。
既に満席だったのだが、更にその僅かなスペースにて立ち呑む方々が… !!
正に、立錐の余地 無し !!


一瞬、こりゃ、出直しか、と危惧したが、

「大丈夫、大丈夫 !! 入って入って !!」

店内からの陽気なヲ声掛けが

たまたま空いたカウンター席に イヤミくん が着陸、我杯は得意の立ち飲みで。


…ところで、妙に皆、陽気だった。
御常連さんが多数集まっていたのは間違い無いが、酒が入っているとは言え、この盛り上がりは…?


イヤミくん がヲーダーを通そうとすると…。

「今日が何の日か当てないと、ヲ酒は出してあげない


じぇじぇじぇじぇじぇ !?
01_30_10_13003735.gif
何、ソレ !?

ヲドロいていたら、我杯の隣に立っていた先客 3 がコッソリ…


…ああ~ !!
そうだったんですか !! ドーリで !!


「じゃ、マスター !! ホッピー白と黒を1ツづつ、ヲ願いするのねん !!」

すると、

「…そんな呼び方したんじゃ、出してあげない


じぇじぇじぇ !?

「このヲ店はね、マスター じゃなくて、仙人、と呼ぶのよ」


…成る程、これは愉快なシキタリである…笑


何とか、待ち焦がれていた一杯にありつく。
DSC03094.jpg
では、早速にコダワリのホッピーをば、頂戴致しヤスか !!

はい、いたらきま~す…。






…。











…え… !!














こっ、この美味さは…ッッッ !?

















IMG_0401[1]





…こ、これが、ホッピー黒なのか… !?

実に絶妙なブレンドにより、ホッピー黒本来のコクと美味さが十二分に引き出されているッ… !!




こんなに美味いホッピーは呑んだ事、なかっ !!




我杯は後悔した。
今まで、この味を知らずに過ごしていた事を。
そして、この味を愉しむには、再訪の難しいこの地にアシを運ばなくてはならない。
転じて、この味を知ってしまった事が、幸福を通り越して、不幸になってしまったのだ…。

う~ん…
gzgz.gif



今回は、仙人の誕生日、ということで、仙人自身も既に「取り込んで」いた…笑

だが、次々と入るヲーダーに対し、ホッピーをブレンドする際の目付きは鋭かった
長年に亘って培った技術に、寸分の狂いも許さない、正に職人魂を我杯は目撃した…



…のだが、ホッピー黒と白を一つのジョッキに注ぎ合わせるという、
「ハーフ&ハーフ」
hoppy1.jpeg
(イメージ画像)


…を我杯はヲーダーしようとしたのだが…。



「アレ、面倒くさいから、今日はやらない」


…せ、仙人…



イヤミくん と隣り合わせた御常連さん、手相鑑定が出来るという
早速に手を差し出した イヤミくん 、

「ボクが結婚出来るかどうか、見てほしいのねん !!」


ちょ、ヲマwwwww
ンな事、人に見てもらわなくても明らk…。


…いや、もしかしたら、驚愕の未来が拓けているかもしれない…。
我杯は後ろから温かく見守ることにした…笑



ふ~む、ふむふむ…。
DSC03095.jpg
「どうなのねん?」


「…。 う~ん? ううううううん? …これはぁ…?」


エラク怪訝な顔つきになってきたが…?


「キミはぁ…何て言うか、非常にバイタリティが溢れているが…」


溢れているが…?


「有効的に使えていないというか、何と言うか、全てに於いて…」


…それって、カラ回りしてる、ってことですか?


「おお !! そうだそうだ !! それそれ !! 」






16笑う16笑う16笑う 
16笑う16笑う16笑う16笑う16笑う
 16笑う16笑う16笑う



ますます盛り上がる、「ホッピー仙人」の夜。

DSC03096.jpg
カウンター内には、多種のヲ酒があって、様々な割り方で楽しめるのである


御常連さんが用意したバースデーケーキをヲ裾分けに頂戴する
DSC03097.jpg DSC03099.jpg
祝杯、祝杯


ここで何を思ったか イヤミくん 、

「ボクがここで なぞかけ を一つ、披露するのねん !!」


…なんだ、イキナシ。
そんなだから、キミのエネルギーは無駄に浪費されとるのだよ



果たして、 イヤミくん のヲ題とは?
周りのヲ客 3 の、何よりも仙人の反応は?



「ホッピー仙人」ヲ好み演芸会、スタートです。




…。

みんな、いいシトばかりで、ヨカッタナ…。


仙人は、 吉田類 先生 と深い親交があり、店内には一緒に写られた写真が多々、飾ってあった。
笹塚のイベントにも、仙人はゲストで見えられていたのである。


充分に美味いホッピーを堪能した我々、かなり名残惜しかったが、長っ尻も野暮である。
またの再訪を期しつつ、ヲ店を後にする。


仙人、また修行しに来ます !!



街の灯りが大岡川の水面に煌びやかに輝く。
DSC03104.jpg
綺麗な光景だが、コレを一緒に眺めているのは イヤミくん なのである…



さて、ここにきて、かなり仕上がってきた我々、

あ~ !! もういっちょいくぞぉ~ !!

と、ばかりに次の潜伏先に向かう。




それは、次回の講釈で…




つづく。

Comments

 
俺たちって、楽しそうだな。
あれっ? 
そういえばサミットの時にイヤミ君が言っていた我々から一人辺り三十万円ぶん取る!と言われてたあの話はどうなつたのかな?(笑)
Re: あれっ? 
えぇ、えぇ(笑)

あの「三十万円」の話題は、多分、大方の予想通り、失ぱ(略)
 
あれはね…。

おもしろくもなんともなかった。

取れ高ゼロ。

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login