酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


深海 The Deep 観覧記 その1

いつもヲ世話になってヲります。




DSC03172.jpg
…。



もう、すっかり夏ですよ
DSC03174.jpg
最近、やけに往来にヲ子様の姿が多いかと思ったら、


何と、
DSC03173.jpg
夏休み、とかいうヤツらしいですな !?


子供達のみんな !!
水や車の事故に気を付けるんだぞ !!
君達は、将来を背負って立つ、未来への宝なんだ !!
(藤岡 弘、氏 風…笑)



酒場逃亡記は、青少年の健全育成活動を応援します(←
uss.gif )



健全な居酒屋(笑)、玄海に行ったら、
DSC03176.jpg
カブタックがいましたよ。

…。

Q:なんで、カブトムシの角てのは、こんな造形してるんですか。

A:それはですね、水切り の用途目的があるからなんですよ


…水切り ?

それはですね、御自身で調べてほしいんですよ(← ツマラン !! )





さて !!
DSC03191.jpg
こんな時期の某日 !!

我杯は、こんなトコに来てましたYO !!





目的は勿論、
DSC03331.jpg
コレ、コチラを御覧になる為なんですよ


我杯、大の深海魚好きである。

およそ想像のつかない生態、性質、形状…。

「彼等」の生態は依然、多くの謎に包まれている…。


その、最たる存在である、あの、



ダイオウイカ



が、今回、標本展示されているとなれば、これはもう、黙っていられないじゃなイカ !!


よく、
Colossal_octopus_by_Pierre_Denys_de_Montfort.jpg
こんなので目にしてましたが、
(↑ タコだけど)



その、神秘な姿を遂に目の当たりに !! (嬉)
早速に会場にアシを運んだでゲソ




会場入山入り口。
DSC03192.jpg  DSC03194.jpg
入場券購入までに30分、会場入場までに40分を要したでゲソ。
しかし、そんな事は問題ではないでゲソ。
我杯は、伝説のダイオウイカ 様 の握手会に来られたヨロコビでイッパイだったんですよ



やっとこさ入場したら、そらもう、場内はスンゲー人

しかし、スタッフのヲ姉さんに訊いたら、何と、場内撮影OK、というじゃなイカ !!

うれたん、うれたん ♪

今回、そらもう撮りまくりましたがな…笑




ところで、我杯は常に疑問に思ってた事が1ツ


深海生物が視力を駆使して棲息しているのは何故だ?


深海と呼ばれる範囲には、太陽の光が届かない、暗闇の世界であることは耳にする。

ソレなのに、「彼等」は何故、光学的に対象を「視る」事が出来るのかが不思議でならなかったのである。


そしたら、入場してスグの展示パネルに解があった。
DSC03197.jpg

…ああ~、へぇぇ~…。


皆さん、コレですよ
9174026.jpg
この、ホレ、青い光ですよ


この青い光だけが深海にまで届いていた訳なんですよ
ならば、この光を感受する機能に特化出来れば、視力も必要となる訳だ

…そーいや、子供の頃に読んだ学研まんが「海のひみつ」に記述があったワイ。


「海が青く見えるのは、青い光だけが深くまで射し入って海底で反射するからだよ

「うわ~い、博士 !! よく分かったよ !!


…ああ~、確かにこんな記述だったぞ。
覚えてる覚えてる。


成る程、深海は全くの暗闇ではなかったのだ !!



幼き頃に読んだ本が、後の人生に潤いを与える…。

三つ子の魂、百まで !!

小さなヲ子様には、多くの本を読ませましょう
独身の我杯からのアドヴァイス、です(← )




その深海てのには、水圧なるものが存在する。
その信じ難い圧力の前では、地上の造形物など無力である。

御覧下さい
DSC03198.jpg
耐圧殻模型の圧壊実験…の展示物。

チタン合金の物体が、深海では紙屑のようにペシャンコ、である

何でも、小指の先に軽自動車が一台、圧し掛かってくる圧力、それが全身に掛かるそうである。


しかし、そんな超絶圧力でも我杯は平気の平左である !!

何故なら、そんなトコロには行かないからである !!
うはははは。



キタ !!
DSC03199.jpg
大深度有人潜水調査船 「しんかい6500」 様 である !!

その名の通り、深度6500mまで潜行可能な、日本が世界に誇るスーパーマシン


実物大模型。

…その割には、意外と小さかったん


しかし、その小さな?機体に装備されたスーパーテクノロジーにより、
DSC03200.jpg
深海のナゾが次々に明らかにされているのである !!

ありがとう、しんかい6500 !!
ブラヴォー、Made in Jpannnnnnn !!



因みに、
DSC03201.jpg
劇場映画、平成版「日本沈没」、日本を壊滅の危機から救う為、この しんかい6500 様 が、その突端を拓くシーンには感涙である。
(任務半ばで及川ミッチーと共に圧潰してしまうが…)


コチラはですね、
DSC03208.jpg
前任者の しんかい2000 様 なんですよ(模型)。

6500 と比較すると、そのフォルムは多角的ですね。
なるほど、そこら辺が一気に 6500様 が3倍以上の強度を手に入れたヒミツなんですかね。



6500 様 の内部構造をプロジェクタ投影で解説。
DSC03210.jpg
ふ~む、ふむふむ…




…ああ~…






魚雷は発射しないんですね(← どぅくし)




さて !!



今回、好きなジャンルだから引っ張りますYO !! …笑


次回からはいよいよ、深海生物の驚嘆の姿に迫りますZE !!



ソレは、次回の講釈で !!

tbc

Comments

 
♪ディープ! 青い海~♪
こんにちは渋谷哲平です。
ダメだぁ!!!! 
渋谷哲平です。で腹筋崩壊(爆)!!!

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login