酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


深海 The Deep 観覧記 その2

  

深い 海の底に めっずっらっしっいぃぃぃ

魚を 見付けたみ~たいにぃぃぃ…


  


(↑ 酒場逃亡記:深海魚話公式ソング…笑)



やばたん、やばたん



我杯を魅力的な展示物で、好奇心の深淵へと導く


深海 The Deep」 展



これからがヲタノシミですよ



早速、ホラキタ !!
DSC03214_20130802053200fcc.jpg ヒロビレイカ 様

深海生物展示コーナーの入り口に鎮座していたん

…これじゃ分からないと思いますけどね、その大きさたるや…


皆さん、両腕を横に大きく広げてみてください



はい、それぐらいの大きさ…笑


毎度ヲ馴染み、タカアシガニ
DSC03215_20130802053201246.jpg
「ヲラ、ガガッデゴォォォイッ !! ニンゲン供ォォォッ !!」



…コイツラと格闘して勝てるのか…?

先ず、懐に潜り込んで、いきなり我杯必殺の「真・真空竜巻旋風四方投裂破」を繰り出せば、勝機が見えてくるハズ…



…コイツは、両腕イッパイじゃ足りません。

この展示標本を設置したスタッフの皆様、GJ ですよ !!


「この角度でアシ広げたらァ、何かぁ、デカク見えなくね?」

とか、いろいろ試されたんですかね(↑ 何故か、チャラ男口調)


標本展示コーナー、開始。
DSC03218.jpg
紅饅頭…。

ヲ祝い事の時に配られてるんですよ。多分…笑



この方、
DSC03220_20130802053203090.jpg
…。

脇に設置された小さなモニターには、彼(彼女?)の海底での生きた姿が映し出されていたのだが、それは、名前に恥じぬ、花のような美しいものだったが…


…これでは、塩漬けにしか…(ホルマリンだけど)



因みに、
f2.jpeg
これが生前のヲ姿。




ツノガイの皆さん。
DSC03222.jpg
よくテレビで、井出らっきょ 様 が股間にコレのデカイのを宛がっただけの御姿で出演されてましたね…笑



これもデカかった。
DSC03224_20130802061130617.jpg


漢字で書くと、竜宮翁恵比寿 だ。
なんともメデタイ名前をつけたものだス、学者さん。

直径、4、50cmくらい。



あっ、この貝
DSC03225.jpg
日本アイドルの頂点で在らせられる 松田聖子 様 が、コヤツに似たようなのを耳に当てて ウルウルしてる場面を昔、よく見ましたね

…っつても、コレも30cmくらいのデカサ。



あれを見た方が、「ワタシは貝になりたい」を著したのは、有名な話なんですよ

…あ、あれは 武田久美子 様 だったか…?


(↑ 大嘘uss.gif
)



そろそろ展示内容が「深み」にハマってきた。
DSC03227.jpg
コヤツ、水揚げされた途端に、画像のように、ヘニャ、と潰れてしまったらしい。


なので、展示物も、
DSC03228.jpg
グシャ…笑



…あれ…
コヤツ、何という名前であったか。
DSC03230.jpg
デカかったですよ、2mくらいあったかな?

近影。
DSC03231.jpg
…うあ…こえぇ…




…ああっ !?
DSC03232.jpg
スターウォーズっぽいど が !!

正体。
DSC03233.jpg
エイ だ。
エイの裏側って、シトの顔に見えるんですよ。
それをまた、こんな風に展示するもんだから、また、ソレっぽいど…笑
スタッフの皆さんの遊び心が見える




それにしても…
DSC03235.jpg
…。


我杯の知り合い、「とある武道」の関係に似た方がいらしたような…
…確か、ナガミn(略)
16笑う




正月の飲み鉄、沼津の水族館での展示物を見ても思ったのだが、いわゆるヲサカナさん達てのは、名前を付けるのに一苦労なようだ。

見たことも無いものに名前はつけにくい。
だから、似たようなものに寄せるしかない。


だからして、コヤツは、
DSC03236.jpg
茗荷 になっちまったんだ。



さらっ、と紹介。
画像クリックでデカイ画像見られます。



完全武装コンビ。
DSC03241.jpg  DSC03240.jpg
イガグリガニ(左)と、ハリイバラガニ。


ハリ…は、以前もヲ逢いしましたね。やほ


DSC03239.jpg  DSC03238.jpg
クワガタ、とありますが、カニエビの仲間らしく。

いや、どうしてもクワガタにしか見えなかったんでしょうよ。



…ああっ !?
DSC03244.jpg
大和徳利海蜘蛛と、紅大海蜘蛛


…漢字で読むと、お経みたい…笑




それにしても…
DSC03243.jpg
コヤツは、宇宙人だッ !!



クール星人 !!
kool.jpg
…似てなくね…?



円谷プロの想像力と造形技術に、心から敬意を表します…。





…をっ
DSC03247.jpg
シギウナギ


何でも調査時に、潜水艦をフワフワと追いかけてきたことがあるそうだ。
やっぱり、深海は寂しいんですかね…



皆さん、コチラがですね、
DSC03249.jpg
我杯と カーノさん が、その生涯をかけて追求する深海魚、


フウセンウナギ (学名:サッコファリンクス) 様 なんですよ。


…なんですが、なんだか、ウ○コにしか見えない…




DSC03251.jpg
リュウグウノツカイ


名前の通り、実に神秘的な姿をしたヲサカナ 3 である。

…画像だとパッ、としないケド、海中をふんわりと泳ぐ様は、まさに「竜宮よりの使者」

その神秘的な生態は未だ謎が多く、解明されていない。


因みに、
5faef6b7.jpg
こんなデケーのが発見されてるそうだ

あと、食ったヤツがいるらしい !!
いくら腹が減ってても、コレはなぁ…



…煮つけが届きました…。
DSC03257.jpg
…眼、デケェ…



DSC03258.jpg
ソコニシン 様 ですよ。

深海505m~677m 域に棲息…。

何だか具体的な数字が出てるんですねぇ…。



深海魚といえば、
DSC03255.jpg
チョウチンアンコウ 様 ですよ。

アンコウなんですけど、本当は遊星爆弾なんですよ、これ。
ガミラスの。




さあ、皆さん。
これこそが、超絶深海に生息する、
DSC03264.jpg
カイコウオオソコエビ 様 ですよ !!


解説を御覧下さい。
DSC03262.jpg
深度10920m !!

字で表すと、「海溝大底海老」ですよ。

陸上の1000倍の水圧、水温、僅か2℃…。

そんな過酷な環境で生きる彼等は、界王拳の使い手なノカ !?


流石に海底1万mともなれば、完全に真っ暗闇の世界らしいデス

それでも、そんな世界に生きる生き物達には、生存する為の「拠所」が存在する。


その1ツに、
DSC03266.jpg
こーいった「コロニー」が存在するんですよ(模型)


先ず、真ん中の煙突は地球内部から噴き出す熱水孔。
その温度、実に 300℃ !!

…深海では、その高い水圧の為、水が100℃で沸騰しない摩訶不思議アドベンチャーがあるんですよ


その高圧・高温の周辺で生き抜くヤツラ、その1ツがこの、
DSC03267_201308032214571f3.jpg
ユノハナガニ 様 なんですよ。

流石に深海、光の届かない場所では、彼等は何故か ジョー のように真っ白に。




出た !!
DSC03269.jpg
スケーリーフット 様 ですよ !!



深海2500m付近に生息する彼等は、
DSC03268_20130803221457861.jpg

「海底から噴き出す熱水に含まれる硫化水素を、共生する微生物がエネルギーに変え、成長する。足は硫化鉄をまとったウロコ状の器官に覆われています」
(公式HPより)



…。


生きていく過程で、鋼を身にまとうとは…。

因みに、白いヤツはその硫化鉄をまとわない種類の物だそうだ。


…あ、彼等は巻貝の仲間だそうです。




じぇじぇじぇじぇじぇッ !!
DSC03274.jpg
マッコウクジラ の実物大展示物ですよ


単体で3000mの深海まで潜行出来る、サイキョーの哺乳類。


「あまちゃん」 なんか、目じゃねぇべ?
だったらヲラ、東京さ出てアイドル「MKU(マッコウ)48」になんだ…笑





その大きさたるや、歴然
DSC03273.jpg
「ニンゲン…? ヒキョウ デ チイサナ イキモノ カ…?」


…クジラって話せるらしいですからね、きっと、コッチ見てこんな事言ってますよ、ええ…。
(↑ 勝手に落ち込む)



さて !!

いよいよ、今回のメイン・エヴェント !!

このマッコウクジラ 様 が、普段に何を召し上がっているかと申せば、このブログを御覧の方々なら御存知の筈 !!

いや、知っとけ !!



ソレが、この
DSC03275.jpg

ダイオウイk…





…ああっ !?



しまった !!





録画した「ラピュタ」を観なくては !!




じゃ、またもや引っ張りまぁ~す !! (← どぅくし だな…)
tbc


…ヲ酒の話題は次回に… !!

Comments

笑いました!!! 
とにかく笑いました!!笑わせていただきました。
あまりに笑いすぎて涙が出てきました。
全ての写真で・・・特にNgm・・・
全ての写真を見ていると、
地上なんかちっぽけな思いですね。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login