酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


RE:BOOT !! 杉戸高校同窓会 ~南越谷・やまちゃん、ヒルズマーキュリー、はちや~

いつもヲ世話になってヲります。


世間様は、言うほど暑いですかね。

つか、我杯の世を忍ぶ仮の勤め先である、悪の秘密結社「タ○ウチ○イ○ック」とかいうトコロは、機械の発する熱で、四万十の41℃どころじゃないんですよ


なのに、いいように仕事を押し込みやがって

しかも、みんなカラダがガンジョーに出来てるから、だぁれも熱中症で倒れない !!
70間近のジィサン達でもだ !!

こうなったら、我杯が正義の鉄槌を下す !!
夜中にコッソリ、放k(略)





そんな暑い最中、
DSC03385.jpg
大きな機械で大きな何かを作っていましたよ

何を作っているのかな~?
ウフフ…


そこからちょっと車で、
DSC03398.jpg
広い田圃の真ん中に、ヲ社が。


…何だか、夏みたいですね~
(↑ 夏そのもの、だ。バカモン)



そ-いやですね、我杯のアクタバル・エリア、その某所に、
DSC03405.jpg
こぎゃん恐ろしか廃屋のあるとですよ

廃民家入り口、その門なんですけどね、
DSC03409.jpg
ボロボロのまま放置されとるですよ。


立ち入れないように柵を立てるものの、誰かしら侵入しとるようで。

…止めた方がいいよ、きっと通常の2、3倍の大きさした藪っ蚊とが襲ってくるぞ。





…。
DSC03412.jpg
毎度ヲ馴染み、新越谷。
別名、南越谷(こしみな)である(← ?)


そろそろですね、
DSC03414.jpg
最も熱い時期がやってくるんですよ。

以前から思っていたのだが、
DSC03415.jpg
何故に南越谷(こしみな)で阿波踊り?



答え。
DSC03416.jpg
おお、そうであったか



徳島の皆さんの、地元文化への思い入れたるや、他県の比ではないんですよ。


…何で、そんな事が我杯に解るかって?


…ウフフ、なんでだろーねー?




よし !! そんな時には !!
呑まなきゃ、損 !! 損 !!
DSC03421.jpg

やまちゃん だッッッ !!
(↑ どぅくし )


いや、何でかというとですね、この日は我杯の卒業した、比類無き超絶高校、


  埼玉県立杉戸高等学校


その同窓会が開催されるつーんで、時間前に(会社サボって)現地入りしていたん



DSC03417.jpg DSC03419.jpg
同窓会開場まで小1時間、ホッピー串焼きで皆より先んじる


午後15:00(ヒトゴーマルマル)時開店。
DSC03420.jpg
半屋台風のヲ店は、実に居心地が良い



…を

一緒に会場入りする予定の ケーイチ からだ。

集合場所に向かったら、懐かしい顔ぶれがチラホラ…。

送迎バスの乗り込み、駅から約5分48秒。


会場到着
DSC03422.jpg
ヒルズマーキュリー

越谷市が誇る、超絶突撃型結婚式会場である(← ?)


はああ~…まるでヲ城みてぇだんべぇ~



今回のタイトルは、
DSC03426.jpg

RE:BOOT !!


再起動、つーテーマだそうだ。

やばかったよ、我杯は半ば人生行路・航行不能に陥っていたんですよ。


三角の校章が懐かしいぜ !!


あと、一応、みんなの顔は修正しとくよ。
FBで公開してるから、ソッチのほうでね



早速に懐かしい面々が集う
DSC03441.jpg
…あ、女子だ、女子

20数年経過しとったらしいが、女子は女子だよな。

な? Mori クン?

「…? …え…? …ああ…そうだね…」


…相変わらずだな…


「ヲイ、あれ誰だ? 知らない人がいんだけどよ。転校生だっけか?」
DSC03440.jpg
ケーイチのサトケンいじりが始まった…笑

「…タナカ…だよな? スズキだっけか? ワハハハハ !! ケンツーツー !! (※)」


…ケーイチ、ヲ前それ、高校出る前後にも同じ事言ってたよな?
16笑う


※…サトケンなる人物は、卒業後、何年かして開かれたクラス同窓会にて、回ってきた「現在の連絡先記入欄」、アドレス記入欄に「ケンツーツー」と、イミフな記入をしたことがあったのである。



3年次の恩師、TERU先生(中央・青いシャツ)を囲んで。
DSC03455.jpg
TERU先生は木工造形作家として、個展を開くなど、創作活動をされている方であるが…。

我々の担任だった時の年齢が、何と27歳 !!
そんな若さで、よくあの無法者達をまとめ上げたものだ…感嘆


TERU先生は何故か全く年齢を感じさせない。
防腐剤処理でも自身に施したノカ !? …笑


流石に全員集合、という訳には行かなかったが、それでも楽し過ぎる一時だ。



この時、我杯には、皆が当時の制服を着ているように見えた



杉高生なら誰もが知る。
DSC03442.jpg
ナスシンBand、再結成である !!


我々の時代はバンドブーム最盛。

時を経て甦った、ダイマン、ナスシンのメロディーに我杯の目頭は熱くなった…



ダイマンのアコギが響き渡る
DSC03443.jpg
いいなぁ、楽器弾けて…


ノリよくリズムを叩き出すナスシン。
DSC03450.jpg
ナスシン、すまん !!


我杯はナスシンがただ、ほろ酔いで気分良くフラフラしてるだけかと思ってしまった。
座ってポコポコ叩いていたのが、カホン とゆー楽器そのものだったのだな !?
(↑ どぅくし )

※…カホン(Cajon)、ペルー・キューバ発祥の箱型ラテン系パーカッション、だそうだ。



「二次会、行きますよね?」

旧交を楽しむ中、幹事 3 が次の手配に奔走する


二次会?

当り前田の敦子ちゃんですよ


この日の参加者は100人超。

それを卒なくまとめた幹事 3 の手腕と勇気と行動力に心から敬意を表します… !!



二次会。

DSC03465.jpg

はちや


大広間に参加者大集合
DSC03467.jpg
それでも半分に減ってしまったらしいが、超絶賑やか
いよいよ、我杯の波動エンジンも最高出力で回り始めてきたぜ !!


何であろうと、ヤルことは1ツ !!
DSC03470.jpg
呑むのだ !! …笑

居合わせたマカベ大佐が、高校時の我杯とのエピソードを。

「ヲ前さぁ、俺が冗談で投げ付けた10円玉、投げた方向に避けたよな?眉間に当っちゃってさぁ、血ィ出てきたことあって、アレ、ビビったよ !! 」


ンな事、あったっけか?

なんにしろ、ヲ互いで大爆笑
16笑う


登場、超絶イケメン、ISOGAI 3
DSC03473.jpg
事前PV撮影、ヲ疲れ様でした
問い合わせ殺到するから、画像は修正しときます…笑


あと、やはり、クラスが同じだった KUMIKO 3 が、実は我杯と親類関係にあった事が、今更ながらに発覚(← 知らなかったシト)

彼女、カワイ過ぎたので、当時からビビリだった我杯は、彼女には近寄れなかったんですよ。


こーいったね、切ない思いをした人間は、全国に推定48万人はいると思われるんですよ。
(↑ )


…って、ヲイ、ケーイチ !!
ジャマだよっ !!


…あ~っとっ !!
DSC03474.jpg
高1で一緒だった WATANABE 3

何だか、妙に我杯に関するエピソードを覚えててくれてたんですよ。


言われて思い出せるのと、無いのがあって、その場合は何かを、何処かに置き忘れてきてしまったみたいで。
DSC03475.jpg
ただ、思い出した場合の、あの脳裏に浮かぶ鮮明なイメージは、当時の空気でさえ甦る。


シトは、タイムマシン使わなくても、一瞬だけなら過去に還る事が出来る。
そんな気がしましたよ…
DSC03476.jpg


…たまに、それでも何度も見る「夢」があるんですよ。

その時の我杯の置かれた立場は、現状と同じ。
年齢も身分も、現在のままである。


だが、自宅は以前に住んでいた家。
そして、そこから向かおうとする場所が、まさしく杉戸高校なのである。


だが、この時の自分は、必ずといっていいほど、準備が全く整っていない。

…多分、学校に向かおうとしているのだから、用意するべきは授業の為のモノなのだろう。

そして、自宅を出るべき時間はとっくに過ぎている。

今から家を出ても「何か」には間に合わない。

しかも、現状の自分のままなので、かつての仲間達がそこにいる筈もない。


それでも、行かねばならない、しかし、今からでは…


そんなジレンマに悩まされる夢を、何度も見た事があるんですよ。



…何故かしら…。



この歳になって尚、心残りが杉戸町・清地にあるとでもいうのか。


「何か、これからの大切な事に対しての準備が出来ていない、その不安の現れではないだろうか」


と、分析してくれた方がいたが…。



さてさて。
意味深は、さて置き


楽しい時間は、短い。


名残惜しくも、会はヲヒラキに…





みんな、また逢いましょう !!
その時までに、我杯は総選挙で1位に輝いてみせるYO !! (← ?)



…て、後日の「Facebook」申請爆発が凄すぎる…笑

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login