酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


真・大逃亡 ~ヲレは板野に逢いに行く (前篇)~ Ver.1.01

Tomomi-Itano


…。



我杯は皆さんに長い間、秘密にしていたことがありまして…。




実はですね、我杯は 板野友美 様 の大ファンだったんですよ。
dks.jpeg



ネ申推し




ところが今回、東京ドームや卒業公演に関与する事、全く叶わず…



そんな訳で我杯個人の思い付き(腹いせ)、何よりも、


板野 友美 様


への敬愛(偏愛?)の念を込め、向こう何回かに亘ってヲ贈りする、酒場逃亡記史上最大のショーモナ企画(←
gzgz.gif )


御興味の無い方は読み飛ばして頂いた方が無難かと…笑


長時間かけて到達した板野町。
DSC03546.jpg
ところで、ココって、日本のドコよ !?


ココ

大きな地図で見る


ここまで埼玉県から出向いてやったさ !!



駅ホームには、
DSC03544.jpg
若い兄さんがお遍路支度。



…我杯も禊の意味で、巡った方がいいかもな…


電車、電車。
DSC03545.jpg
でも、我杯は鉄道ファンじゃないので詳細は割愛…笑



板野駅の様子。
DSC03550.jpg  DSC03551.jpg
日本で唯一、「板野」の名を冠する駅ですよ(多分)


全国19910703人の  板野 友美 様 推し はですね、聖地としてコチラに巡礼するべきなんですよ…笑




改札。
DSC03553.jpg
この時は無人。



周辺駅への料金表。
DSC03554.jpg
徳島までは30分ほど。


時刻表
DSC03555.jpg
思ったより本数は多かったんですよ。



駅から出た。
DSC03557.jpg
…ありがたや…(← ?)



DSC03556.jpg


DSC03558.jpg
15分くらい、眺めてしまったんですよ(← 炎天下で…)


案内図。
DSC03560.jpg
…これといった見所は特に…


…と思うのは、タダのシト。
シトによっては、この案内板すらヲ宝に見える訳ですよ…笑


てな訳で、個人的に全部が見所の板野町を少々 ブライタノ してみる。


DSC03563.jpg DSC03566.jpg
狭く、少々入り組んだ町内の路地。


この日も猛暑
一見、人通りは少ないように思われたが、何とも車の交通量は多く、何度か撥ね殺されるトコロでしたよ。


我杯、板野 に死す !! (← 本望)


…と、駅から5分ほど歩いたトコロに、イキナリ今回の
「メイン・イヴェント」
が現れた !!
我杯が見た、その光景とは !?





…。



DSC03567.jpg
どん。


DSC03568.jpg
どん。





…。







itb.jpg








…な、なんという事だ… !!

もう、この旅はイキナリのエンディングを迎えてしまったでは内科 !!



なので、
owari.jpg



…って、本当の呼称は「ゆみ びようしつ」だったん…笑


更に ブライタノ
DSC03573.jpg DSC03576.jpg
やはり、古い町なんですかね、

DSC03579.jpg DSC03572.jpg
情緒を感じさせる町並みですよ


電柱。
DSC03577.jpg
をを、そう言えば、ここは四国であったワイ


ヲ腹減った…。

時間的には昼チョイ過ぎだったのだが、開いているような酒場食事処は見当たらず…。
酒屋を見付けたので入ってみたん
DSC03582.jpg DSC03592.jpg
会計が妙に安い…?

「ああ、ウチはもう閉店してるの。在庫処分の体でね」

…。
何か、地元特産みたいの、ないですか?
地酒とか。

「この町には本当に何も無いよ」

…と、コチラの発音で教えてくれた…。


何本か買い込んだヲ酒で、小さな川の上で橋呑み。
水が澄んでて、多少心が洗われたような…?


いけいけ ブライタノ 。
DSC03589.jpg


四国。
ヲ遍路巡りをしないまでも、旅先でヲ酒を呑むには地元の神様にゴアイサツをば。

チョイとヲ寺を探してみたん
DSC03595.jpg DSC03596.jpg
…静か…。


猛暑に負けずに蝉が鳴く。
激しい鳴き声は、ヒトという喧騒にぶつかることもなく街中に響き渡る。
そして、場所こそ違えど、壁、道路、様々な物にしみ入っていく。
その消え行く瞬間に、先人は「静けさの一瞬」を感じたのだろうか…。
(↑ ギョ どうした、我杯 !? )



小さな自転車屋の前でシトが誰もいない通りを眺めていた。
ふと、目をやると店奥には店主と思しき老人が。
親子だろうか。

我杯を ず~~~~~っと、見ていた。

…我杯、明らかに地元の人間ではない風体だったし
ヲ互いが見えなくなるまで、ず~~~~~っと、コチラを見ていた。




…を
DSC03598.jpg
涼やかな雰囲気に誘われてチョイとゴアイサツを…



…と、思ったら、
DSC03601.jpg
じぇじぇじぇ !?
大きな楠を発見 !!

DSC03603.jpg
これで、一本の樹 !!

DSC03599.jpg
その枝ぶりたるや、見事 !!


それっぽく編集…笑

酔いが醒めた…。


解説。
DSC03597.jpg ふ~む、ふむふむ…


素通りは出来ない。
DSC03608.jpg
ゴアイサツに伺う。


急な階段であるが、普段鍛えている我杯には…
DSC03609.jpg DSC03610.jpg
充分にキツイ階段でした
(左:下から 右:上からマリk階段を望む)



神社を後にした我杯、いよいよ ブライタノ
DSC03613.jpg DSC03611.jpg
…う~ん…歴史だ…。




そんな訳で、「ふいに…」次回へ続きます。


それでは皆さん、次回も Dear J !! (← ?)


tbc

Comments

 
なぜかまともな旅番組に見えてくるのはなぜ???
Re: タイトルなし 
ハナからマトモなブログだろうよ…笑

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login