酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


真・大逃亡 ~ヲレは板野に逢いに行く (後篇) 板野・季節料理 みつる~

徳島県・板野町遍路を敢行した我杯、一日の疲れを癒す為に、

「板野温泉

に行ってみますた


いい感じのひなび方…
DSC03574.jpg DSC03672.jpg
銭湯ポイドな温泉施設

入り口でランニング姿のヲイチャンがカラダを冷ましている…

かと思ったら、番台に座って、「いらっしゃい」


備え付けの石鹸・シャンプーの類は無かったので、たまたま持ってた洗顔フォームで体を洗った…笑

猛暑日にトドメの一撃 !! と言わんばかりのホットな ともちん温泉 を堪能



さあ !!

健全な成人が湯上りに行う事と言えば、ただ一つだ !!


エピソード4ツ目にして やっと、酒場の御登場である !! …笑
DSC03685.jpg

季節料理 みつる


板野町・酒場巡りの一軒目は、コチラに決定 !!

早速に暖簾を潜る
DSC03678.jpg
店内。

我杯の他にはヲ客 3 はいなかった。

明るい対応のヲバチャンがヲ出迎えしてくれた

カウンター席メインのヲ店だったが、大きな座敷もあったみたい。


さあ !!
今日は暑かったけんね !!
DSC03680.jpg
生ビールでぱんぱ~い !!


…。





ぎゃあ !!




美味過ぎて 死ぬ !!

16笑う



「ヲ客 3 、どこから来たの?」

埼玉です。呑みに来ました

「わざわざ、そんなトコから(笑)」


そうでしょうねぇ。
しかも、地名が「板野」ってだけでの理由で来てるんですから(← )



生ビールは美味過ぎたが、どこでも呑める。
ここは、この場所ならではの一品を頂戴しなくてわっ。

ヲバチャンに訊いてみると、出てきたのが、


DSC03681.jpg

鳴門金時


DSC03682.jpg
特産のサツマイモ「鳴門金時」で醸造された芋焼酎



DSC03683.jpg
水割りで頂戴する。



…ややっ !?

芋焼酎ということで、少々警戒したのだが、何と何と。
芋の独特の甘味で口当たりが非常に柔らかい
うまたん、うまたん ♪


小さな焼き台が置いてあったので、焼肉がヲススメのようだったが「この時点」では、他に見付けたヲ店にもハシゴするつもりだったので、ツマミには冷やしトマトを選択したのだが…


「今日は暑かったねぇ。何たって今日、四万十で41℃記録したって」

…。

場所こそ違えど、最高温度を記録した日に四国へ来てしまうとは、何とも我杯らしい。
やはり、我杯のような熱(苦し)い男は、暑さを呼び込んでしまうようだ…笑



…TVでやけにヲ祭りの様子を中継してますね。

「そりゃそうだよ。今日から4日間、阿波踊りだからね !!

をを、そうであったか。

「もちろん、ヲ客 3 も踊りに来たんでしょう?」

違います。
この板野町へ来ることだけが目的だったのです(← バカ)
DSC03684.jpg
…と、申し上げたら、徳島県人がいかに阿波踊りに誇りを持っているか、説教半分で語り始めましたよ。

今では全国的な行事ではあるが、本来は田んぼの畦道とかで個人個人で小規模に行われていた、小さな小さな催しであったこと。
4日間の祭りの為に、半年以上の期間を費やして練習、準備すること。

何より、この時期、ここに来て阿波踊りを見ないで帰ることは許されん !!
見も、踊りもしないのは、本当にアホである !!

「飛込みで参加出来る『にわか』てのがあるから !! 今からスグに行ってきなさい !! 」


ヲバチャンが簡単に踊り方を教えてくれた。

教えてくれた動きは単純だが、通用するかしら?

「あら、上手だね(笑) それなら充分に踊れるよ


…どうやら、徳島阿波踊りは、一人のスターを求めているようだ…笑

ここ、板野から阿波踊り会場の徳島までは電車で約30分。
超絶余裕で会場入りできる。


こうして我杯は、急遽 徳島阿波踊り「踊り込む」ことと相成った。



ほいだらヲバチャン、行って来るゼッ !!

旅館のヲバチャンに阿波踊りに参加してくる旨を伝えると、

「ほら見なさい。ここまで来て踊らにゃ損だよ」

てな表情してた…笑


再びの ともちん駅。
DSC03687.jpg
さあ、祭りに乗り込むぜ。

夕闇迫る徳島に、
DSC03691.jpg
今年一番の熱い時期が訪れたのだ

埼玉県・南栗橋(くりみな)イチ熱苦しい男が、
DSC03690.jpg
徳島・阿波踊りに旋風を巻き起こす為に、

DSC03692.jpg
今、徳島を目指す !!


もちろん、狙うはただ一つ。
阿波踊り、祭りの中心になる事だ !!





いくぜっ !! センター !!



tbc

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login