酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


今日より明日なんじゃ ~かすかべ商工まつり潜伏記~

いつもヲ世話になってヲります。



じぇじぇじぇ。


…もう、10月なんですね~。
ドーリで秋ポイドな季候だと思いましたよ







…。


そんな中、我杯はこげな場所に来とったった。



DSC04142.jpg

流石に春日部ですよ、栗橋の産業祭と規模が違う(← ?)
休日、つーこともあり、多くのシト出でありますが



最近、こーいった催しでよく見受けられるのが、
DSC04143.jpg

…つー、何でもかんでも世界一ィィィーッ !! なツイドーの催しを模したコレ。


…外国のヲ祭りを何でも取り込もうとするのが日本らしい、というか。


…まあ、ヲ酒に関する催しですたら、何でもやっちゃヲうじゃありませんか♪



「呑み比べセット」なるものを800円で購入。
DSC04145.jpg
様々なテイスツを楽しめるのだが、中には あまちゃん 過ぎるものも…


…なにより、量が少ない



さて。

今回は、我杯単独の逃亡でわない。


「とある武道」の稽古仲間である ヤモッチャン の召喚を受けたためである。

更に、我杯の他にヒョコヒョコ出てきたのが、やはり稽古仲間の ともちん である。
(↑ もちろん、アヒルのヲ嫁 3 ではなく)


二人ともこの日の午前中は、シッカリと稽古に励み、このイベントへ参加


もちろん、我杯は「とある武道」の宮代稽古をシッカリとサボっての参加である。
(↑ どぅくし )


…いいんだ、その代わり、部屋の掃除をしたから禊は充分に済んでいる



はい、それでは、
 DSC04144.jpg
ぱんぱ~い


…ヲ二人とも、このブログには初ヲ目見えでしたな。
ようこそ、君達もこれで立派な呑んだ暮れだ…笑



ともちん はともかく、我杯や ヤモッチャン はヲ酒は強くないが好きである


なので、出店で販売していた埼玉・岩槻のヲ酒、
DSC04147.jpg
大手門 を胃袋に投入してみた。

埼玉県さいたま市 鈴木酒造㈱ 3 謹製の一品


…東京メトロみたいですな

DSC04148.jpg
ほい、呑んだれ


呑み易い口当たりなので、スルスル入ってきた…笑



…ところで、他の呑んだ暮れの皆さんは?


…何ィッ?
他の用事があって悉く不参加を表明したァ !?


けしからん !!


皆さん、稽古に真面目に出るくらいならヲ酒を呑みなさい !!
モノには順序、てのがあるんですよ !!
(↑ とうとう、月2程度しか参加しなくなったヲトコ)




流石、一流呑み師の彼らである。
チマチマと呑むのは野暮(?)だったので、
DSC04151.jpg
720ml瓶を投入だッ !!
(ハイッ)


一人アタマ240mlだ、大したこっちゃない…笑


DSC04150.jpg
ヲでん をアテに呑んでたら、


宴会会場は、
DSC04152.jpg
かくもグズグズな有様に
16笑う


ラストにフラゲした卵焼きが、超絶 うまたん ♪ だった。
もっとデカイの買えばヨカッタね、ゴメン


…しかし、何合呑んだんだ?



昼間、早い時間のスタート、屋外…。


油断するには充分な宴であった。



夕方手前でヲ開きとなったものの、同じように際限無く呑んでしまう相手だと、ヲ酒の摂取量は飛躍的に増大する。

しかも、後半はずっと日本酒でしたな…




フラつくヲ二人とヲ別れし、地球(自宅)に帰還した我杯は、気持ち良く波動エンジンを廻し始めていた我が実父(Zip)のに、ウッカリ合流


「モヤさま」3時間半特番を観ながら、シッカリと呑んでしまった。



そして、轟沈…。



就寝したとは言え、過度なアルコール摂取は、身体を休めることを許さない。



一晩うなされていたであろう我杯は、自身の発するうわ言で目を覚ました。


その言葉は、



「ヲ慈悲を…ヲ慈悲を…」



搾り出すような、何かを懇願する言葉であった…(実話)



皆さん、世の中には、



今日より明日を生きる




なんて、前向き、かつ希望に満ちた言葉がありますが、本当は、翌日の仕事で死なないように、考えてヲ酒呑めよ、つー意味なんですよ…




owari.jpg






(種もみ。あと二指真空把)

Comments

 
うわ言オチ、ワロた(≧∇≦)

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login