酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


押して忍んで Ver.1.01

つい先日。


長年、籍(だけ)を置いていた「とある道場」、即ち、



極真館空手 幸手道場



より、我杯は身を退いたのである


一応、ヘタレな我杯も昇段、黒帯獲得まではこぎつけたのだが、いかんせん、センスっつーものが皆無であり、全く以って何もかもが通用せず、何年も通わず終いになってしまっていた…



だが、道場通いは、我杯に実に多くのものをもたらしてくれた。
SBSH0005.jpg
タモリ師範を初め、マグマ優子師範代、ケムラー先輩、その他、大勢の強者、曲者…笑


その中に混じり、我杯も突きを繰り出し、蹴り
押忍! を廻し、大汗をかいていたのである


SBSH0006.jpg
数回突きを入れただけで皮が破れ、血が滲んだ砂袋は、いつしか数十回、数百回と叩けるようになった


全力で蹴り込んでも、反動で弾き飛ばされていたサンドバッグは、それでも稽古のベストパートナーであった


もちろん、諸先輩方との組手稽古も欠かせないメニューであった。


過去の画像を調べていたら、マグマ優子師範代と我杯の激しい稽古の様子が残されていた !!






miya777.jpg

マグマ優子師範代との組手稽古で床に転がされる我杯。

組手稽古のあまりの激しさに、我杯は幾度も血反吐を吐いたのであった…笑



武道精神鍛錬の極みとも言える、滝浴びを敢行。
2010滝阿鼻
(画像右が我杯)


冬季の凍てつく山中にて、刺すような冷たさの滝を全身に受け、武道精神を研ぎ澄ませる…。


この時、一緒に入った後輩(画像中央)は、恐ろしく腕が立ち、我杯は何度もイタイ目に遭った


組手では全く敵わなかったので、この滝浴び中に我杯は 盧山初雄 館長 が御覧になっている前で、「空手バカ一代」の歌を歌ってやった

普通なら十数秒で滝から出られるところ、この後輩を道連れに1分超浸かっていたのである


「余計なことすんなよ


後輩はブツクサ文句を言っていたが、それこそコッチの思惑だったのだ。


流行で言うところの、100倍返しだっ !!




ざまあみろ



うははははは
…笑



…心身ともちんに鍛え上げられていった我杯は、遂に鋼を身にまとう事になった
angel.jpg


…見たまえ、この鍛え上げられた見事な(?)肉体を !! …笑


厳しい鍛錬の末に極みに達した我杯は、天へも届くほどの精神的昇華を果たし、その背に光の翼を宿すこととなる

この画像は、その瞬間を捉えた、貴重なものである。

尚、ピアノ一台をも軽々と抱えられそうなこの肉体は、マグマ優子師範代をして、



ピアノちゃんボディ


と評された程である
…笑…笑…笑


…因みに、この画像を撮影したのが、‎2010‎年‎9‎月‎
となっていた。

…ん~…
現在はこの影もカタチも見られない、正に「体たらく」状態…





…このように、自らの五体を武器と化し、精神を高みに達せられることの出来る手段を、我杯は一つ手放してしまった。


我杯は成長を拒み、その在り方を否定した。


我杯は死んだのだ。





死んだか…。





ならば仕方ない、逝った者には杯を献じなければならない(← どぅくし )





これだ !!
DSC04374.jpg

鳴門金時



真・大逃亡の帰途に入手した一本。


我杯がニガテとする筈の芋焼酎なのだが…
DSC04375.jpg
芋は芋でも、徳島特産の「鳴門金時」という、サツマイモを使用。


芋焼酎に独特の臭みは感じられず、むしろ、ほんのり、とした柔らかな香りが心地好い


今宵は、これを傾けながら、我杯が通りし空手道を省みることにしよう…



稽古も試合も、いつもヘタレで、失敗ばかりしてた我杯を、それでも好きだy御指導して下さった、タモリ師範、マグマ優子師範代、ケムラー先輩、諸先輩方、本当に有難う御座いました



道場訓 !!


一、吾々は心身を練磨し、確固不抜の心技を極めること

一、吾々は武の神髄を極め、機に発し感に敏なること

一、吾々は質実剛健を以て、克己の精神を涵養すること

一、吾々は礼節を重んじ、長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと

一、吾々は神仏を尊び、謙譲の美徳を忘れざること

一、
吾々は智性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること

一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ、極真の道を全うすること





…何一つ、満足に全う出来ませんでしたが、道場での経験は、生涯忘れ得ぬ記憶(トラウマ?)となって、我杯の中に残ることでしょう…






押忍 !!


Comments

 
面白いです(笑)
電車の中で見ましたが、ニヤニヤして周りから変に思われます。
只ひとつ、道場訓が抜けてます(゚o゚;)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login