酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


金原亭 龍馬 師匠 真打昇進披露口上 ~浅草・鮒忠、立ち飲み処 大瀧~

いつもヲ世話になってヲります。



…。


今回は、ヒサブリの浅草だったんですよ。
タイトルの通り、このブログの贔屓である、




その真打昇進披露口上が浅草演芸ホールで行われる、てんで我杯、ヒョコヒョコと



龍馬 師匠の出番前に浅草の下町を探索…
DSC04206.jpg DSC04207.jpg
…じゃなくて、居酒屋探索…笑


もちろん、目星は付けていた
DSC04209.jpg

鮒忠


東武鉄道・浅草駅から徒歩2分ほど、「浅草二丁目」交差点のスグ近く。
どれくらい前だかは分からないが、古くからある老舗である。

以前からチェックしていたのだが、今回、ようやくの潜伏


暖簾を潜る
DSC04212.jpg
大衆酒場、そのもの

時間にして1時頃。
広めの店内は、1人の 先客さん がチビチビと瓶ビールを。


テーブルに着陸した我杯、メニューを眺める。
DSC04214.jpg

ふ~む、ふむふむ…

DSC04215.jpg

では、ここは1つ、

DSC04216.jpg
レモンサワワを頂戴するでゴザルfl

前日の「三匹呑み」の酒を少々残していたが(笑)、これでリセット(← アル中 !! )


「鮒忠」自慢の、
DSC04217.jpg
牛すじ煮込み を頂戴する。


これまた、


うまたん !!


プリプリの脂がこれまた、口の中で充分な存在感を出しつつ、トロけていく…

これまた、イキナリの当りでしたよ

DSC04219.jpg
レモンサワワをヲ替りしつつ、ピーマン焼きをば

…青い香りと苦味は、ヲトナの味


この日は祝日であったが、
DSC04221.jpg
ネクタイの一団が来たかと思いきや、大宴会をヲっ始めた

休日出勤か出張だったのか、早めに仕事を切り上げたであろう彼らからは「開放感が伝わってきた

そこからは、満席状態の店内を想像してみたん…


…うむ、これは楽しそうだワイ !!


次回、仲間との再訪を期しつつ、そろそろ頃合だったので、ヲ店を出ることに



賑やかな通りを行く。
DSC04223.jpg DSC04222.jpg
浅草は、我杯から見ても「すっかり変わってしまった感」がある。


…まあ、観光地として整備されて、キレイになってしまったのは好いことだが、我杯が通い詰めた頃(二十年ほど前か !? )の、何か「泥臭さ」みたいな感も好きだったのだが。


…まあ、いいや(← )



到着
浅草演芸ホール
…我杯、昔、この「浅草演芸ホール」でバイトしてた事があるんですよ。


古今亭志ん朝 師匠春風亭柳昇 師匠、果ては ひょっこり現れた 立川談志 師匠に直接挨拶させて頂いたことがあって、そりゃまた落語好きにはタマラナイ経験をさせて頂きましたねぇ…



DSC04225.jpg
我等が 金原亭龍馬 師匠が、大師匠連を前座( !! )に置いて、堂々の大トリである !! …笑


真打披露口上、一席前の楽屋へゴアイサツに


ryouma.jpg…変顔でヲ出迎え

ヲ互い、マトモな写真を残せないタイプなのだ…笑


鈴々舎馬風 師匠三遊亭金馬 師匠等、大御所連からの祝い口上の後に、竜馬師匠、登場 !!


演目「鷺とり」で、見事に大トリをヲ務めになりやした !!


満席の会場は、我杯を含め、師匠縁の方々か。

これからは、更に大きな会場を埋めていきましょうか !!


目指せ、国立劇場満員御礼 !!
…笑


…それにしても、川柳川柳(かわやなぎせんりゅう)師匠、随分とヲ痩せになりましたねぇ…
しかし、ジャズ、軍歌ネタは未だ衰え知らず !!


はたまた、三遊亭金馬 師匠「親子酒」

…これは至宝だ !!

酒に酔った親子の様子は、師匠は本当にヲ酒呑んでたんじゃないか、つー程で、我杯、大ウケ・大爆笑
…笑


…我杯の家で実際に見られる光景だったので、尚更である…



高座終了後は、龍馬 師匠の真打昇進を個人でヒッソリと祝うべく、
DSC04228.jpg

立ち飲み大瀧


…へ、潜伏

演芸ホールの裏手スグ、あの競馬ファンの聖地、
「安兵衛」のヲ隣りである。


酒屋と立ち飲みスペースが併設された、いわゆる角打ちが楽しめる一軒である



早速に
DSC04230.jpg
角打ち、システムは知っていたが…


実は初トライだったので、はてさて、何がどうしてどうなるやら…


…と、日本酒メニューを発見
DSC04231.jpg
何を呑むべぇか、んでば、以前も呑んだ事のある「酔鯨」をば


…と思いきや、ヲ店のヲヤジ 3 が、

「酔鯨はいつでもあるから。今日はコレ呑んでいきな」


と、供されるは、
DSC04229.jpg
新政六號 (秋田県・新政酒造)


一口、



わぉ !!  うまたん !!



あまりの美味さに、トシちゃん、かんげきー !!

(↑ 知ってるシト、挙手…笑)


月並な表現だが、実にフルーティなテイスツ !!


余りの芳醇な香り、余りの深い味わいに、我杯の目の前にあったコップは、スグに空になってしまった…


もう一人、同じヲ酒を呑んだ御同輩が、我杯と全く同じ反応をしていた…笑



一人で黙々と、
DSC04232.jpg
仲間と楽しく…

店内の先輩方は、様々なスタイルでヲ酒を楽しまれていた


我杯もせっかくの「角打ち」、楽しまネバダ

角打ち」つったら、コレだ !!
DSC04233.jpg DSC04234.jpg
パック笹かまやら、缶詰をアテに酒を煽るは必定
今回二杯目の「東薫」 (千葉県・東薫酒造)に合わせる

…これこそ、「角打ち」の醍醐味 !!


あまりの感動に、呑み仲間の KTJM兄さん へ現状報告をしたら…



「じゃあ、今から行きます


との返信…笑


この「大瀧」に居座るのも面白かったが、また次回にしよう




浅草寺へゴアイサツ
DSC04238.jpg
新旧タワー・コラボ


…今更だが、「スカイツリー」じゃなくて「ウルトラタワー」の方が好かったのでは?

ねえ?
何だか、M78ポイドだし…笑



  

DSC04240.jpg
どうか、かわいいシト、紹介してください。

…いえ、ゼータク言いません

本当に かわいかったら誰でもいいですから。
(↑ どぅくし )



まだまだ賑わう境内、仲見世通り
DSC04247.jpg DSC04248.jpg
…あげまんじゅう、ウメーんだよなぁ…


…あれ?
DSC04250.jpg
雷門の提灯が薄っぺらい…


何でも、どっかの居酒屋の軒先に貸出中らしい(← )



さて。


イキナリの KTJM兄さん とのコラボは、一体どーなるノカ !?


それは、次回の講釈で !!


tbc

Comments

 
おいらも行きたかったなぁ~。改めて後悔。
 
新政の六號とはいいのありましたなー
秋田の本気を味わえる酒ですよね

酔鯨も個人的には大好きですがw

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login