酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


2013東武ファンフェスタ 騒動記 ~幸手・かごや~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


あ~、クッソ忙しい !!

特に仕事が忙しいのが一番アタマに来ますね

勤め先と取引先をイオナズンで吹き飛ばしてやりたいんですよ
(↑ どぅくし )


さて。

この「酒場逃亡記」の常連企画である「呑み鉄」、一年を締め括る企画は、
2013tff

東武ファンフェスタ


今年もコレで「鉄」納め !!

毎度ヲ馴染み、 カーノさん との乗り込みに、今回は超絶奥方 ルリルリ (ルリーシャ 様) も共同戦線…笑


東武鉄道・南栗橋車両管区で行われるこのイベント。
地元の我杯は、 カーノさん 夫妻より一足早く、愛用の超絶電動自転車「轟天号」にて会場に乗り込m…



じぇじぇじぇ !?
DSC04534.jpg
ぬ、ぬぁんだ、この行列は !?



しかも、遥か遠方で折り返しとるYO !!
DSC04531.jpg
こんな長蛇に並んだのは、松井玲奈 様 の握手会以来ですよ…


折り返し地点にて。
DSC04535.jpg
列は常に流れて板野で、


時間・距離的にはそんな多大な負担は感じなかったのだが、それはあくまでもヲトナの感覚であり、チビッ子にとっては、遥かイスカンダルへの旅路にも匹敵する長大なものであったろう。

行列の合間合間には、チビッ子達の泣き叫ぶ、座り込む、怒鳴る等の、阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されていたのであった



この時、我杯の前に並んでいた「いかにもな一団」が、楽しそうに情報交換をされていた。


「ご存知ですか、スペーシアのカラーヴァリエーションである、サニーコーラルヲレンジなんですが」

(画像一番下の車両)
karimono


「こちらのヲレンジは、あの東京タワーのそれと同じ色なんですよ」


「…ん !! 即ち !! ○○に於けるところの○○だ !!

「イイエテミョーだね」

「いわゆるハッテンテキと言えるね」




…。


本当かぁ




この日、どれほどの行列だったのか、「キョリ測」つーアプリで調べてみたら…
mapp.jpg
こんなだった。
「0m」地点が会場入り口。



…。




往復で約1.5km !!






毎年、スンナリ入れてたのに、今回、何があったのかしら…?
そんな、ビックリドッキリなイベントは無かったと思ったが…。


30分位でようやっと会場入り(やまあんな)
DSC04537.jpg
「取り敢えず」場内見学。

DSC04541.jpg
天井、黄色のアームで車両を吊り上げ、整備するのだ


パンタグラフに夢中になるチビッ子たち
DSC04542.jpg
電車と仲良くなると、シトと仲良くなれないから、注意した方がいいぞ…笑



ここら辺で カーノさん から入電
DSC04546.jpg
「ルリーシャ 様 、轟沈」



玲奈ちゃん級の長蛇に辟易、気持ちが折れてしまったらしい…笑
DSC04547.jpg
それでも何とか会場入り、合流を果たす




さ !!



宴会だ !!



テント出店にて食材を調達、一角に陣取り、
DSC04548.jpg
持込を一気に広げる…笑


はい、ヲ疲れ様でした~
DSC04550.jpg
…電車も見ないでイキナリ呑み始めたノカって?

御安心下さい、他にも呑んでいた方は(若干)いらしたんですよ
だから、呑んでも大丈夫だったん…笑



調達した食材を肴に
DSC04551.jpg
宇都宮ギョーザ、うまたん、うまたん ♪


我杯はワンカップ(沢の鶴)にひとまず。
DSC04552.jpg
何故か、ギョーザに好く合う


ジュワッ !!
DSC04555.jpg
説明しよう !!


太陽の光を充分に浴びた酎ハイを摂り込むことにより、我杯は次の日の仕事の「やる気」を限りなく「0」にすることが出来るのだ !!
(↑ どぅくし )


缶コーヒーを嬉しそうに並べ始めた カーノさん 。
DSC04556.jpg
「御覧下さい、皆さん のコンサート会場をイメージした構成なんですよ (ウキウキ)



…何をグジャグジャと
gzgz

カーノさん 推しの総監督缶を弾き倒す


「何て事をするんだよ !!
(↑ 涙目・涙声…笑)



今回の大当たり食材
DSC04557.jpg
厚切りベーコン串が、満場一致の うまたん グランプリ

今回、あの 北島康介 選手 の御実家である精肉店の出店がなく、超絶メンチにありつけなかったのだが、何の何の、コイツはイケましたゼ



…全然、電車とか施設を見学してないですよ
ks.gif


少しはイベントを見て回りましょう


そう言って移動するや否や、
すやたん
すやたん、すやたん


大好きな電車を見ながら寝られるなんて、この上ない至福に違いない…笑


駅員 3 達に混じって敬礼 !!
DSC04559.jpg
朝から晩まで、いつもヲ世話になってヲります。


電車も遠めに眺めてみた。
DSC04561.jpg
沿線住まいなモンですから、珍しさは感じないんですよ。


本当はイベントの一環として、車両との握手会はあったのだが、参加セズ。
一番手前の車両とかは珍しかったらしいけど、我杯、鉄道ファンじゃないから別に…笑



2013

 Winter Collection in 南栗橋車両管区



「酒場逃亡記」を御覧の、ヲ酒と美人が大好きな皆様、ヲまっとさんでした !!

今回、会場で見掛けた「鉄美人」をご紹介致します



BGM:Patti Austin 『Kiss』



会津から、
DSC04539.jpg
八重たん

DSC04543.jpg
彼女ら(?)の周囲には、何故か多くの人だかりが…


DSC04571.jpg
着ぐるみはココまで。



DSC04569.jpg
きゃわたん、きゃわたん


こんな娘っ子とヲトモダチになれるなら、清水の舞台でカラヲケ歌うことなんか造作も無いんですよ



DSC04572.jpg
今年も ミス 館林 のヲねえすゎん が。
(某グループの『炎のストッパー』ポイドじゃないですかね?)


…あ、カワイイな。写真撮りたいな。
他に誰か声掛けしてくれないかしら (← マゴマゴする我杯)

なので、ルリルリに率先してもらった


「あああ~っ!!  どうして、アンタ達ゃ、こーゆーのを自分から出来ないのかねっ !?



…いや、違うんですよ。
もしヲ忙しいトコロへ無理に声掛けして、御迷惑になってはいけないのではと、熟考に熟考を重ねていた、その行動の現われなんですよ
その点をですね、御理解頂きたいと思うんですよ(ゴニョゴニョ)



イベント終了
DSC04574.jpg 混雑する南栗橋(くりみな)駅から一駅、

DSC04575.jpg
幸手駅へ移動


…沿線、多くの駅が高架化、増改築されているにも関わらず、この幸手駅は周辺事情も絡んで、殆どその姿を変えていないんですよ。


で、我々は駅からスグの、
DSC04579.jpg

かごや


に潜伏、今回の大反省会を開催するのであった。




DSC04580.jpg DSC04581.jpg
はい、ヲ疲れ様でした~
串焼き、焼き魚を堪能していたら、ふいに ルリルリ がフラフラし始めて…


轟沈。
DSC04583.jpg DSC04591.jpg
すびび~

玲奈ちゃん行列の初期ダメージが相当デカかったらしい…。
…と、すぐさま復活…笑


一回、寝潰れて復活すると、テンションがものすごくアガる時がありますね



今回の ルリルリ はまさにそれ。


そのテンションに連れられたか、我杯と カーノさん は何故か、
DSC04593.jpg
ドリンクに大量のフリスクを投入し始めたのであった(←
gzgz )

更には、ザラザラと直接口にも放り込み、ボリボリやり始める。


当然、鼻どころか、耳まで吹き抜ける超絶清涼感に見舞われ、我々は自ら悪寒と頭痛を招き入れることと相成った




  

カモン カモン カモン カモン Baby !!

呑み干してよ
フリスク
濃過ぎる ショーチュウクッキー

頭は そんなに 良くないよ

疲弊 弊

  




…バカ学生でもやらないような大騒ぎに、後ろにいたヲジサンは、

「何やってんだ、ヲメェラは !? 」

と、呆れ顔…笑



この間、全く鉄道イベントの話題は挙がらず、席は閉幕するのであった…
gzgz



カーノさん 夫妻と別れ、帰途にて。
DSC04598.jpg
今年も残り僅かであります…。


皆様も御体調にくれぐれもヲ気を付け下さいませ。


特にフリスクの過剰摂取は、悪寒、頭痛を引き起こしますので、要注意です…笑



それでは、次回もヲ酒が うまた~ん !!

Comments

 
手前のは8000の復元塗装ですね
あとはスペーシアの隣の1800なんかは乗車機会は非常に限られるんですがよく見かけるというw
南栗橋は特急で先月2回通過しましたw
たぶん車中で飲んでいたと思いますw
Re: タイトルなし 
ありゃ !!

せっかく近くまでいらしたのなら

「ヲ・も・て…なっしー !! 」

…させて頂きましたのに !!
(↑ 流行を拾ってみた…笑)

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login