酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


今日もどこかで呑めるもん ~杉戸・大衆酒蔵 いこい~

いつもヲ世話になってヲります。


全世界に蔓延する悪しき慣わし・バレンタインとやらがガミラスの遊星爆弾のように今年も襲来しますたが、皆さんは上手く回避出来ましたでしょうか?


我杯は今年も上手く回避し、何事も無く終える事が出来ました
(↑ ははは)


(↑ うふふuss.gif )

因みに来年のバレンタインは、惑星直列の日と重なるらしいので中止らしいですよ…笑




我が生涯最大の宿敵・モロモロヲカ(mm)から借りた「デビルマン」
devilman (1)
…今観てもシビレル作品であるな !!

このエンディングの、何かの塔の上で思いに耽るデビルマンの姿。


これで、デビルマンがただ大暴れするだけのキャラクターではなく、何かを思い、悩むという、血の通ったキャラである事を我々に理解させる。
(↑ 血の色は緑色だけど)


バックの夕日は、
devilman (10)
その「思い」をより深いものにさせる。


何を思う、デビルマン。

誰にも知られてはいけない自身の正体か。
それとも、仲間を裏切ったことで、ふるさとに帰れない、さすらいの旅路だけを征くしかないことへの苦悩なのか…。




もう一人の自分である、
devilman (9)
不動 明 と重なるシーンが、個人的にカッコヨスでヲキニである


歌の歌詞では正義のヒーローとはいうものの、人間社会を守る為に戦うのではなく、
devilman (8)
初めて知った人の愛、その優しさ、即ちその対象である 牧村 美樹 ちゃんの為に戦ってるのよね。
美樹ちゃん、デビルマンの最大の弱点でもあるから、デーモン族に狙われっ放しなのだ。
(↑ 原作じゃ惨殺されちゃうが。しかも、他ならヌ人間に !! …凹)


…しかし、デーモン族がジワジワと忍び寄ってくる演出や効果が、今観ても「怖い」ね !!

よく、こんなのを幼少時に観てたモンだなぁ…。



さて、ある日。

我杯は熱心に、真面目に通い続ける「とある武道」の稽古に精を出していた。
(↑ 自己申告…笑)
DSC08553.jpg
特に日曜には頑張る。
約10km離れた宮代稽古に、我杯愛用の超絶電動自転車「轟天号」で乗りつけるのだ。


何故なら、帰途には、

DSCN2375.jpg

大衆酒蔵 いこい


…が待ってるからである…笑


この時は我が実父(Zip)の快復祈念に酒を止めていた時期だったので、食事をすることにした
DSC08556.jpg
マスターのヲススメ、ビーフカツをば食べてみた。

ふ~む、ふむふむ
DSC08557.jpg
ヲ肉、とっても柔らくて、うまたん、うまたん ♪

やっぱり、肉には御飯だ !!
どんぶりメシをかっ喰らう


あと、別の機会だったのだが、
DSC08683.jpg
ヲ手製のギョウザも超絶うまたん ♪

DSC08684.jpg
しっかりと味付けされた具は、ニンニクもきつくない

この日は、ヲ店に入ったら即座に出てきた。

「食べてってくれよ。作り過ぎて余っちゃってるんだよ」
(↑ 笑)



さて、この日は今年(2014)始まって初めて「いこい」に行ったので、マスターがヲお年玉をくれた。



「ヲレがいつも呑んでる一本だよ」
DSC08558.jpg

麦焼酎 財宝

DSC08559.jpg
財宝温泉を割り水に使用して作られているのがウリ

これまた、飲み口が柔らかくて、とっても呑み易い

我杯には珍しくロックで頂戴する。
その香りも芳しく、じっくりと呑める一品
まさに、ヲ宝 !!



…なのだが逆にとても危険な一本、ということだ…



その財宝を、
DSC08560.jpg
をばあちゃん が作った梅シロップで割る。


…う~ん、ウマイ…



…をばあちゃん は言っていた… (← 水嶋ヒロ 風に)


「結婚はしないのかい?」




…。

…しないんじゃなくて出来ないんだよ、をばあちゃん…
(血涙)

Comments

ほぅ… 
今年バレンタイン中止…
来年も中止…

ふーん…

チョコじゃなきゃいいのかな?
んじゃっ、


ホイッ!! |。・)ノ⌒*・゜゚・*:・'*・゜゚・*←珍味


酒のつまみにしてください♪

ハッピィ〜バレンタイ〜ン♪♪
(ギャハハ‼︎)
まぁた… !! 
投げて寄こしたなっ !! ヾ(`Д´*)ノ

因みに再来年は恐竜帝国が攻めてくるから、やっぱり中止だっ !! (# ゚Д゚)

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login