酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


天は我杯を見放した~新宿・やまと~ Ver.1.01

いつもヲ世話になってヲります。


新居の頭金を振り込んだら、自身の指先から血の気が失せていたんですよ

↑ ヘタレ…とはいえ、生まれてこの方、取り扱ったことの無い金額、これは仕方アルマイト洗面器。


こんな我杯の心情を、どうか分かってくれマスチン(← ?)



さて。

その入居への手続きとして「金消会」(← 金銭消費貸借契約会。キン消しではない。カーッカッカッ !! )つーものが開催され、御契約者サマは新宿の本社までツラを出せ、と相成った。


指定の時間をみたら、AM10:00(ヒトマルマルマル)時~、と。

我杯の地元・南栗橋(くりみな)からは2時間近く要するので、早めに出立しなければならない。

…でも、ヲ昼には終わるだろうからして、その後は「思い出横丁」で一杯…
uss.gif




…なんて、迎えた当日。

…。

そう !!

一切合財が完全麻痺し、今尚、深い爪痕を残す、あの


関東地獄豪雪


…に見舞われたのである !!



天気予報では、気象予報士の 平井信行 3 や、井田 寛子 様 (ニックネーム:「エロ清楚」…笑)が、しきりに「大雪予想」を発していたのが、まさに大当たり !!


こりゃイカンと、かなりの前倒しにて地球(自宅)を飛び出したのだが…
DSC08691.jpg
…じぇじぇじぇ…

ヲラ、地元でごんな雪景色、見だごどねぇだ…


出立前、TVでは、東武鉄道 様 は平常通りの運行です、と報じていたが…。


少々の遅れで列車は駅を出た。

をを、流石の無敵私鉄、溶岩流でさえ押し戻す東武鉄道だワイ(← ?)と安心…。


なんて、そんな神通力は今回は通用せず、南栗橋(くりみな)を出立して3駅、東武動物公園駅(TDK)にて動きが止まった…


案の定、

「停電トラブル発生。現在、復旧中」

との車掌 3 のアナウンスが入る


…やはり、無敵の東武鉄道 様 でも、この大雪には対処しきれなんだか…。


結局、1時間程足止めをくらったのだが、不思議だったのはその間、大吹雪の中、


電車車両のドアがずっと全開状態だった


こと。


車内は阿鼻叫喚の地獄絵図へと変貌した。

雪が猛烈な勢いの風とともに吹き込み、耐え難い極寒に
乗客が一人、また一人と倒れていく……笑



流石に誰かが車掌 3 に申し入れたようなのだが、車内アナウンスは

「ドアは閉められません」

の一点張り。


…後から乗り込んでくる利用者の為にだったのか?

何にせよ、我杯はこれで体調を軽く崩した



この日の暦は「仏滅」…。

…こんな日に、大事な契約を結んで大丈夫なのか…?



それでも、新宿には1時間も遅れずに到着したのだが…


DSC08692.jpg
…。

ヲラ、東京に長靴履いて来たの、初めてだぁよwr.gif
DSC08693.jpg
駅から会場まで、コケつまろびつ…。


  

雪ぃの進軍 氷を踏んで

ど~こが川やら 道さえしれず…

  



…コケつまろびつが最初、『 虎穴麻呂微津 』と変換された。

何だか、日本神話みたいだぁね。

虎穴麻呂微津命(コケツマロビツノミコト)。 (← ぶぅ~くっくっ uss.gif )





駅から徒歩7分、との案内だったが、
DSC08694.jpg
会場には15分少々を要して到達…


…う~ん、ビルの中、暖かい、広い、キレイ…


ようやく契約会とやらに辿り着いたのだが…



…誰もいない…。


なんかこう、契約者 3 でごった返しているかと思ったが、どうやら実は、

「契約会は10時から開始しますので、いつでも好きな時間に来て下さい」

つースタンスだったようだ…。



確かに、途中で遅刻する旨の連絡を入れた時に、

「ああ~、遅れる分にはいくらでも構いません」

と、担当者 3 の返答を得て、妙だな、とは思ったのだが。


更には、肝心要の銀行融資担当者が1時間以上の遅刻、とのこと…笑


それまでに他の事項の契約を済ませたのだが…。



登記の契約

司法書士のセンセイと、事務員(?)のヲ姉さんのいる席につくと…



「ヲ疲れ様です。今回(我杯の)担当をさせて頂きます、」

と、差し出された名刺に、○○ 優子 との文字。


「宜しくヲ願いします (にっこりagag )



…。

yu-ko-rv.jpg
(↑ 声がひっくり返った )




…そして、この 優子ヲ姉さん…





とても「大きい」




以降、司法書士のセンセイがかなり重要な御説明をして下さっていたにも関わらず、我杯の意識と視線は完全に その一点 に釘付けの、「そこ」しか向けねぇ 状態に陥った。


…後日、この時全ての説明をもう一度電話で問い合わせし直すこととなる。
(↑ 大どぅくし )



で。

銀行のシトが来ない。


「大変に申し訳御座いません !! 雪で電車が大幅に遅れ、担当の者はただ今…


…そんな情報が入ったので、しばらくビルの中をウロついてみた


展望室へ。
(↑ 煙と同じで、高所が好き)


50…何階。
DSC08695.jpg
…ほえ~…


皆さん、御覧下さい、
DSC08699.jpg
死にたい位に憧れた、華の都・大東京の雪景色を。

薄っぺらのボストンバッグ、北へ北へと向かったんですよ。
(↑ ?)


…あ !! コチラ !!
DSC08697.jpg
5000万円をタダで貸してくれるトコロですよ wr.gif

しかも、今ならポイントが最大20倍 !! (← ?)



こうやって見ると綺麗ですがね、
DSC08702.jpg
地に足を付けると、トンデモな大惨状…


脆いぜ、関東…



で、ようやっと銀行のシトが到着

気の毒になる位に平身低頭だったが、コチラが遅刻して迷惑をかけるより良かったと、妙にシュショーな心持で契約開始



…生まれてこの方、杏奈に名前、住所を幾度も記入し、実印を捺したのは まんが初めて物語でしたヨ…笑




契約の合間に雑談。

あの「倍返し」のドラマ、こちらの銀行 3 の東京支店で撮影されたとの事


「 (堺 雅人 様 の)サイン色紙も飾ってあって、ちょっと話題になりました」


因みに、あのドラマは状況設定的に今(2014)から二十数年前のものだそうで。


現代で行われたらトンデモな内容だったらしいが、この担当 3 (年齢的に我杯の少し上か?)のいわゆる、先輩方の世代には、実際によくあった話であったらしい…(驚嘆)


…金利も倍にならないでしょうね…? (こわたん)



やっと、全ての手続きが完了した !!


昼少し前から始まって、午後3時頃に開放…。



…ッ長ェよっ !!




雪の進軍。西口に急行
DSC08708.jpg
何故か、所々に傘が散乱…


ようやっと、「新宿の亜空間ゲート」、思い出横丁に辿り着いたのだが、
DSC08710.jpg
なんてこった !!
「カブト」はこの豪雪で臨休 !! …凹凹凹



仕方ない !! 進路変更 !!


目標、
DSC08711.jpg

やまと !!


ヲ店の中は分からないが、前を通る時にビビビッ、ときた


DSC08712.jpg
年中無休でこの嬉しい触れ込み


そして店内に入り、我杯のチョイスが正解であったことを知る

同じ新宿の
「めだか」や、南越谷(こしみな)の「とりげん」ライクなイキフン。

即ち、賑やかで活気のあるヲ店だということである。
2、3階席もあるようで、思ったより大きなヲ店構えである !!


…ん~、ようやっと新宿で一息つけたワイ…


テーブル席に着陸
DSC08714.jpg
ふ~む、ふむふむ…。



DSC08715.jpg
生ビール、角ハイが嬉しい180円 !!

ぃよし !!
それでは、
DSC08716.jpg  DSC08719.jpg
ホッピー黒を頂戴するのだ !! …笑
海苔巻きは「ヲ天気悪かった」サービス


…ふ~、ようやっと生き返ったワイ…
DSC08718.jpg
この時点で15:42(ヒトゴーヨンニ)時。
落ち着いた照明の店内は、早くから楽しげに盛り上がる先客 3 達で賑わう。


特に、
DSC08721.jpg
コチラの先輩方。


何の話だったか、実に熱く論議を交わされていたが、全く呂律が…笑


寒たん
DSC08720.jpg
熱々の カキフライ @480 をば

…ふ~、黄泉がえるワイ…



ふ~む、ふむふむ…。

急遽に入ったヲ店であったが、とても元気な雰囲気のヲ店であったワイ。
早い時間に潜伏したが、これまたコアタイムに訪れたらトンデモに賑やかであろう…

これはまた大勢で潜伏して、大いに盛り上がってみたい一軒 !!


盛り上がりたいヤツは、とにもかくにも ここへ来い !!



…と、そろそろ時間である。

この後、毎度御馴染み カーノさん と合流する予定だったのだが、一杯呑みたかった「カブト」が休みだったので、急遽ロケを「台東区・上野」に変更



重要書類を小脇に抱え、イソイソと移動する我杯であった



tbc

Comments

 
鬼怒川の帰り、そんな感じだったんだよ。
思い知ったか!!

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login