酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ3

うっひ~、やばたん


暑ィしっ

我杯の勤め先は、外気温より温度が上がっちゃうアタマの悪いトコだから、この時期は毎日死んでしまう…


でも、知力と体力は反比例するんですかねぇ?

アタマ使う仕事じゃないから、40℃近い環境なのに誰も熱中症とかで倒れない…笑


まさに知性のドン底を守る、バカのセンター街なんですよ。
(↑ どぅくし )



暑けりゃ、どうしたって呑まずにはいられないですよ。



北千住の聖地「やすらぎ」で出会った、
東洋美人 原点 (山口県・澄川酒造場)を自宅にヲ取り寄せ

DSC09317.jpg
我杯は美人が大好きである…笑


最近、どうにも、
DSC09318.jpg
山口県産の日本酒の遭遇率が高い。

あっ、美味しいな、どこのヲ酒だろう、と思うと山口県とかだったりする


…コチラのヲ酒、何だか大変な物語があったようである。

このヲ酒のラベルに、その「触れ込み」が記載されとった(以下、原文通りに)。


25BY 奇跡の「新酒」
25 Brewry Year <平成25年度仕込酒>

平成25年7月28日の豪雨による甚大な水害を経験した我々のもとに駆けつけてくれたのは、全国の同士達でした。
懸命な復旧作業により、年内に「蔵の改築」と「酒の仕込み」を再開出来た事は、まさに奇跡であると感謝の言葉しかありません。
今日ココに同士の力によりうまれた新酒をお届け出来る喜びを胸に、酒造りの「原点」に立ち戻り、今後とも精進いたします。
澄川酒造場


…ふ~む、ふむふむ…。


今回、簡単に手元に取り寄せてしまったが、東北の酒蔵 3 とかもそうだし、大変な目に遭われても「くじけない心」で再起を果たしたのですね


それに比べれば、我杯の日々の出来事のなんと小さきことか。


有難く頂戴しましたよ。
DSC09319.jpg DSC09320.jpg
…ああ、この時は、何かの「選挙速報」観ながら呑んでたのね…笑
アテはイワシ刺し。

…ふ~む、刺身には合わないかしら。
つか、ヲ酒自体の芳しさが、既に一つのゴチソウ


上半期、我杯が出会ったヲ酒の中で、最高の逸品ですわっ



あた、別のある日。


「とある武道」でヲ世話になっている、ナガミン四段より、ある一本を頂戴した。


それこそが、
DSC09375.jpg
越後桜(新潟県・越後桜酒造㈱)


赤羽の一軒「稲穂」のマスターがイチヲシのコレ、スルスルと呑める、実に気楽な一本


そんな一献を、
DSC09376.jpg DSC09377.jpg
DSC09378.jpg
TVの牛ハラミを観ながら、カツヲ、平目えんがわで頂く。
(↑ 視覚と味覚がバラバラなので、ヲかしくなりそうだったワイ…笑)


…因みにこのヲ酒を下さったナガミン四段は、「とある武道」の中では「ヨーダ様」と呼ばれる程の使い手である。


※…ヨーダ
Yoda.jpg
大宇宙叙事詩・「スターウォーズ」に登場するキャラクター。
この物語の世界に於いて、グランド・マスターと呼ばれ、生ける伝説として描かれる。
年齢は900歳、身長は66cm( !! )と、超高齢・超低身長ながらも、ライト・セイバーと呼ばれる光状の剣や、フォース(超能力のようなもの)を操る最強の存在とされている。


「とある武道」のナガミン 3 も我杯よりはるかに年配者であり、身長も低い方なのだが、イザとなると、我杯の事を4,5mもブン投げる、見た目も全くヨーダそのもののスゴイ方である。



…T.Kura 3 、笑い過ぎですよ uss.gif



さて、今度は、

我杯の大のヲキニである、
DSC09384.jpg
風が吹く(福島県・白井酒造店)

DSC09385.jpg
山廃純米生酒の、

DSC09386.jpg
今回は、黒ラベル。


…とは言え、ビール・テイスツじゃないヨ。

「風が吹く」シリーズは、フルーティな風味で、我杯はソコにシビれて憧れている訳なのだが、この一本もまさに

DSC09387.jpg
この芳しさ、我杯的に日本酒をあまり呑まないシトにもヲススメだと思うんですよ。


今度、呑ませてあげますからね
(↑ …誰によ?)



 環奈 閑話休題。
DSC09392.jpg
最近、キャベ玉(キャベツの玉子とじ)にハマってるんですよ

それでですね、キャベツは炒めるよりも、一回湯通ししたものをタマゴと合わせると、ナイス・フィーリン、ナイス・テイスツなんですよ。

う~ん、ビガップ、ビガップ



黒ラベルと一緒にヲ取り寄せしたのが、

DSC09409.jpg
会津娘(福島県・高橋庄内作酒造)

DSC09410.jpg
純米吟醸を頂戴した。


娘、という割りには、
DSC09412.jpg
キリッ、とした飲み口がこれまたイケル


…まあ、娘。でしょうが、48でしょうが、我杯は大好きなんですよ。
(↑ ?)


…とまあ、これでもか、と手元にヲ酒を取り寄せて呑みまくっとるんですが、タマに食材の使い方に失敗して、食材を余らせてしまうときがある


ある時、タマネギを余らせてしまったので、
DSC09415.jpg
酎ハイに刻んで入れてみた。

以前、
大宮の「通」という一軒で、タマネギの薄皮割り、つー一杯を呑んだのを思い出したからである。


そして、呑んでみた。




…。




…不味かった…




アチラはやはり研究してヲられる訳ですよ。

トーシロが真似して出来るモンじゃないのですよ。


…不味いからといって捨てる訳にもいかないので、ガマンして呑んだ。
1時間以上かかった…


owari_201406291758074cf.jpg





…何?

また、「ヲチが粗い」だと?


ぃやかましいっ。

それよりも自分の γ-GTP の数値を下げたまえっ。

常人なら即死の数値やぞ、キミは。

Comments

大笑い!!! 
仰る通り!
いつも、何か、誰かに似ている…とは思っておりました。
K猫3なんかは“バケモノ”と言ってるくらいです。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login