酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼39 ~赤羽・立ち飲み いこい、まるよし~

いつもヲ世話になってヲります。


ただ今(2014年8月現在)、劇場公開されている「ハリウッド・ゴジラ」を鑑賞してみますた。




…。







「ゴジラ」は輸出禁止 !!





DSC09760.jpg
何て言うんですかね、映像技術とか、スケールとかの問題じゃないんですよ


日進月歩の映像技術であれば、そらまた迫力のあるゴジラはいくらでも再現出来るでしょうが…


 
ちゃうねん !!

ワイの観たいゴジラはそんなん、ちゃうんや !!
(↑ ?)



ヲイ、ヲ前ら
現状日本において、原発や津波に関する我々の「敏感な部分」をだなぁ…

丸っきり !!

理解してないだろう…?
(↑ 分かるハズもないか…)


ゴジラってのは、そもそも「反・核兵器」を根底に置いた存在。


それをだな…向こうの映画は何でもそうなのだが、


「何 !? 通常の攻撃で倒せない !? よし、それじゃあ核攻撃だ !! 」


つー、実に単純かつ、アタマの悪い流れが非常に多い !!
(↑ ほとんど、と言ってもいいだろう)

核兵器に対する扱いが異常なほどに軽過ぎる !!
(↑
今回、核弾頭を兵士の手で運搬する、なんて文字通り軽い扱いの描写もあった)


世界で唯一の被爆国である日本と、それを落とした張本人・世界で一番の爆撃殺人大国であるアメリカでは「核」に対する認識は根底から異なるのだ。


きっとアイツラ、鉄砲弾と核弾頭、どっちも同じモンだと思ってるんだ



だから、今回のゴジラは、ゴジラではない !!

タイトルを「ゴジラ…のようなもの(poid)」に変更セヨ !!



あと、渡辺 謙 様 の無駄使いはヤミロ !!

全く存在感に意味が感じられヌ !!



今回の「ハリウッド・ゴジラpoid 2014」

その寸評を敢えて言おう !!
kasedearu.jpg

「カスであると !! 」




DSC09805.jpg  DSC09807.jpg
…数日後、BSで放送された「ゴジラ VS メカゴジラ」を観て、満足している我杯がいた…


森末 慎二 3 がゴジラに踏み潰される場面は最近の映画の中では最大級の衝撃ですたな…
DSC09803.jpg
うわぁぁぁ~


…こわたん、こわたん…



gogogogogo.gif

…。

DSC09423.jpg
そう !!

ここはッ !! (バァァァーンッ)
DSC09425.jpg
赤羽ッ !!


埼玉県度99.48%、東京都・北区の一角であるッ !!

そんな今回のロケに降り立つのは、我杯と毎度ヲ馴染み カーノさん !!


赤羽とはッ !!

そう、赤羽(AKANE)とは、そんな我々の言わば「裏・聖地」 !!


「とある総選挙」の余韻がビミョーに残っていた変な時期に、我杯はここ赤羽に降り立った !!



先ずはの景気付けにモッテコイのとある一軒に潜伏

それこそが、
DSC09432.jpg

立ち飲み いこい


DSC09431.jpg
そう !! ここは聖地 !!

吉田類 先生 はモチロン、「ヲんな酒場放浪記」は 倉本康子 様 も降臨なされた一軒である


朝11:00(ヒトヒトマルマル)時から営業しているバイブスな一軒


賑やかな店先の雰囲気に吸い込まれるように、我々は店内奥の立ち呑みカウンターにへばり付いた
DSC09426.jpg DSC09427.jpg
先ずは ぱんぱ~い
我杯的に、煮物は有難い一品(← 自分で調理するのはメンドーなので…笑)

DSC09428.jpg DSC09430.jpg
超絶安価な平目刺しや、ハムカツで小腹を満たす

大体のメニューが100円200円台なので、いわゆる「1000ベロ」で楽しめる、気楽なヲ店
二人で総額2000円も使わないでゴキゲンになれた



ゴチソーサマ


次なる一軒を求め、赤羽名所「OK横丁」をフラつく。
DSC09433.jpg
だが、目的だった「とある一軒」は満席で、潜伏は叶わず…


駅前に戻り、大安定の一軒、
DSC09448.jpg

まるよし


…に潜伏

こちらも 吉田類 先生 、倉本康子 様 の降臨された聖地である


ヲ店奥のカウンター席に案内された我々、
DSC09437.jpg
ホッピー黒と生ビールでぱんぱ~い

… カーノさん は気が触れたのか、と思わせる位にビールしか呑まない。


「いいんですよ。ビールは我々労働者の為の飲み物なんですよ」


…というセリフを、自称・学生時から言っている…笑



この「まるよし」に潜伏した以上、マスト・ヲーダーな一品、
DSC09438.jpg
キャベ玉(キャベツの玉子とじ)である !!


そう !!

レシピ的には何のヘンテツである !!


しかし !!


美味いのだ !!


この味は真似できない…。


なので我杯はこの味を自宅で再現するべく、日夜キャベ玉を作り続けているのである !!
(↑ 最近、ソレはソレで美味しい一皿を作れるようになった)


ヘンテツ・ヲーダーが続く。
DSC09439.jpg
ハムエッグ


「ヲ、御覧下さい。堅焼きと半生、二つの焼き分けが為されているんですよ。

こーいった点にですね、ボクチャンは得も言われぬ感動を覚える訳ですよブツブツ…」



変に感動する カーノさん はさて置き(笑)、皆さんは目玉焼きはどちら派ですか?


我杯的は半生派。
御飯の上でソレを割り、軽く醤油をかけたものを頂戴する
モチロン、黄身は一滴も無駄にしないように細心の注意を払う



今回ゴキゲンだったのが、
DSC09442.jpg
カウンター内にいたヲネーサン。
一目で分かるくらいにタレントの 大久保 佳代子 様  にソックリだった…笑
(↑ モチロン、我々の内で『佳代子ネーサン』と相成った)



いわゆる「大衆酒場」
DSC09443.jpg
居心地はサイコーな上、佳代子ネーサンが明るい対応をしてくれたので、更に楽しい一時となったのは言うまでも


我杯の隣席に居合わせた若いカップル 3 と談笑。

細身長身の彼氏クンと丸っこいメガネっ子彼女 3 という、漫画みたいな二人…笑

どーやら、メガネちゃんは「イケるクチ」だったらしく、けっこー杯を傾けていた

ヲ帰りの間際に、

「またどこかで呑みましょうね~

なんて言ってたが、今日び、こんなゴキゲンな挨拶が出来るとは日本の若者もまだまだ捨てたモンじゃないのぅ…
(↑ 何だ、ヲマイは…)


佳代子ネーサンにヲススメの一杯を伺い、
DSC09445.jpg
我杯は日本酒 一ノ蔵(宮城県・㈱一ノ蔵)を頂戴する
口当たりの柔らかい、呑み易い一口に今宵の酔いも好い感じに廻るのが良い。
(あーヨイヨイっと)


今回の逸品 !!
DSC09446.jpg
イワシの竜田揚げ



面倒なので自宅では揚物を作らない我杯にはウレシイ一品…笑
DSC09447.jpg
サクサクの衣にイワシの身がホクホクと
スパイスの効いた味わいにヲ酒がこれでもか、と進む。



…実際、本当に進んでしまった。

ふと、目の前を見たら、ホッピーが瓶にまだ半分残っていたので、中(焼酎のヲ替り)をヲーダーしたら、

「あら、このシト(← 我杯)日本酒のチェイサーに中頼んでるわよ !!

佳代子ネーサンに驚かれてしまった。


…我杯も驚いた。
日本酒呑んでる途中だったのに、ホッピーに乗り換えるとは…
いよいよ、アタマをヤラれてしまったか…?


DSC09440.jpg
看板メニューのもつ焼きもヲ忘れなく



あ~、呑んだ呑んだ。


しかし、調子に乗った我杯と カーノさん 、1軒2軒じゃ済まない…笑


次なる一軒を求め、フラつく…
DSC09449.jpg
…のだが、マトモにアゲちゃうと一冊の本が出来ちゃうので今回はひとまずここらで。


それでは皆さん、次回の赤羽逃亡・後編「史上最大の侵略」篇に御期待下さい !!
(↑ 何の期待だ…?)
tbc.jpg

Comments

 
俺しばらく赤羽行ってないんだけどぉ(ーー;)
まるます家は愛想のよくないお姉さんいた?
あそこのメンチまた食べたい!
 
いいなー酒飲めて。
とりあえずあと半月我慢です。
ゴジラ 
同感!!です

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login