酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


関係無いネ !! ~渋谷・酒蔵 やまがた、一軒め酒場~ Ver.1.01

こんにちは。

今年の にも多大なる  を感じてしまった我杯です。




…まあ、次女っ娘セーラーマーズ コスプレが可愛かったのでそれだけでも…笑


火星に代わって折檻されたい方は、どーぞどーぞどーぞ…笑



(不要なる前回までのあらすじ)

渋谷で開催された日本酒試飲イベント「東京會津祭」を楽しんだ後、東急線・学芸大学、都立大学駅前にて喪失感を味わった我杯は、今度は毎度ヲ馴染み カーノさん との逃亡劇を繰り広げるべく、再び渋谷に舞い戻ったのであった…。


渋谷にはディープ・スポットがありやしてね。


それがこの、
渋谷のんべえ横丁


このように、小さな通りの中に呑み屋がひしめき合う「夢の世界」だ…笑


…とはいえ、我杯は未だココに潜伏出来てヲらヌ
gzgz

訪れる日時のタイミングが中々に合わないので、開店するヲンタイムの光景を見た事が無い



それでもフラついてたら、何軒かは暖簾を下げていたが…。

流石の我杯も潜りにくい雰囲気。
どう飛び込んだらいいか、分からない


でもせっかくだからと、
DSC09712.jpg
このヲ店の暖簾を潜ってみた。


小柄なヲバチャンが、4、5人しか入れないような小さな店内に一人。


…あの~、ちょっと一杯引っ掛けたいんですが…


「あ。予約で一杯。入れない 


ヲバチャンは我杯を一瞥するなりヲっしゃった。


…多分、メンドクサイのと、一見 3 はヲ断りということか。


ここはこの地のシキタリに沿って素直に撤収
機会とヲ店を改めることにする。


んじゃあ、アソコだと我杯が潜伏したのは、
DSC09719.jpg

酒蔵 やまがた

道玄坂近く。
渋谷に何軒かヲ店を構える老舗居酒屋の一軒なのさっ(← ?)


暖簾を潜る。
時間にして18:07(ヒトハチマルナナ)時。
既に賑やかなイキフンである


「イラシャイマセ~


多分、山形どころか日本の出身ではないイントネーションのヲ出迎え。
(↑ ははは)


吉田類 先生 に倣い、店内奥のカウンターに着陸
DSC09713.jpg
レモンサワワとヲ通しで一息
(↑ とはいえ、昼の試飲で結構参ってたのだが…笑)


ヲ品書きは…
DSC09714.jpg
ふ~む、ふむふむ…


「この一軒ならでは !! 」つーのは見当たらなかったが、分かり易いし、何より安価

カーノさん との合流まで、
DSC09715.jpg
暫し独り呑みの醍醐味を味わう。


…つか、これから「大騒ぎ」になるから充電しなくては、なのだ…笑


DSC09716.jpg
揚げ茄子 の一皿で、冷えた胃袋を暖める

自分じゃ調理油使った料理はしないから、
DSC09717.jpg
揚物入手(フライングゲット)は我杯にとっては貴重な機会


普段あまり揚物は口にしない。


なので、健康診断の度にヲ医者センセイに、

「キレイな血液してますね~ !! 」

と、褒められているのだ


こんなに呑み歩いているにも関わらず、だ !!

だから、いざという機会に「脂モノ」は食い放題なのだ…笑


やはり、焼き台の上で焼かれた串焼きは違う。
DSC09718.jpg
自宅じゃ冷凍モノをレンジでチン、だものなぁ…
(↑ 「最近ブログの記事が所帯染みてきてるよね~」との御意見が増えた酒場逃亡記…笑)



時間になり、 カーノさん と合流


我杯と カーノさん は安くて酔っ払えば、何でもいいので…笑
DSC09731.jpg

一軒め酒場


…へ、再びの逃亡。



安い。


それが「理由」である…笑

DSC09720.jpg
渋谷駅にウロウロと現れた カーノさん とぱんぱ~い


安価ながらも、腹には応える品々が供される。
DSC09721.jpg DSC09724.jpg
 DSC09725.jpg
やや脂が感じられる皿々を、緑茶割りで流す。



我杯と カーノさん は静かに呑めない。
(↑ ははは)



またもやゴソゴソ始めた カーノさん


これは…これは何ですか?
DSC09727.jpg
「御覧下さい。ランボルギーニ・カウンタックLP500Sを再現してみたんですよ」



…。

どこがよ?


「御覧下さい」
DSC09727-1.jpg
「これ(赤囲み部分)は、リア・ウィングを高次元、かつ、多角的に再現したものなんですよ。

これをですね、昔よくやったBOXY のパッチン・ボールペンで弾き飛ばせば完璧なんですよ」

(↑ 興奮)


注釈…我々の幼少時には「スーパーカー・ブーム」なる時期が存在した。

スーパーカーを模った消しゴム(← 文具としての機能は皆無)を、「BOXY」という名のバネ仕掛けのパッチン出来るボールペンでヲはじきのように飛ばして遊びに興じていたものである…(← 懐古)

ランボルギーニという響きは、1970、80年代を多感に過ごした男子児童には忘れ得ぬキーワードなのである…


  ボクシー、ボクシー、かわいこちゃん
(↑ 細か過ぎて伝わらない)

あと、デ・トマソ・パンテーラ。
(↑ ああ、伝え切れない…)


「因みにですね、ランボルギーニ・ミウラと、我等が横浜ベイスターズの 三浦 大輔 選手とは何の関連も無いんですよ」
(↑ 歓喜)


…ええ、みんな知ってます…笑




流石に渋谷。
DSC09728.jpg
若者達が楽しげに集い、語らう。


何だか、「きゃりーぱみゅぱみゅ」みたいな姿したコが妙にカタイ話してたりして、やっぱり渋谷、カヲスだなぁ、と。



散々に呑んだくれた。

通常、安価な会計で済む筈のこのヲ店で、@5000円の支払いは我々の愚行の度合いを如実に物語る…笑



…をや?
DSC09732.jpg
一軒め酒場を出たスグのところに、


何だか魅惑的な佇まいが…
DSC09733.jpg
呑み屋 3 のようだが…


どうやら、機会・状況を改めなければ潜れる暖簾じゃなさそうだ…。



小さな入り口。
DSC09734.jpg
店内の様子も窺い知れないトコロが余計に興味を惹くでは内科…。


流石は渋谷。
しれっ、と宿題を残してくれる…




…をっ
DSC09735.jpg
ざわちん 様 発見


…どー見てもアレだが、まあ、ざわちん 様 、つーことで…笑

レアナニ



嘘のような本当のハナシ。

散々に カーノさん とスーパーカーの話で盛り上がった今回だったが、その翌日に所用で出掛けたら、
Image068.jpg
キャクパン(← 客寄せパンダ)で、こんなモノを見掛けてしまった !!
(↑ ガチ)

その場で思わず吹き出してしまったのだが、当然、周囲のシト達にソレが伝わる筈もなく…。



今回もシコタマ呑んだ上に、トドメは カーノさん 。


当然ながらその週は無事に過ごせる筈も無く…


よく言われます。


Q:そんなに呑んで、次の日の仕事とか平気なの !?
kankeinai.jpg
「関係無いネ !! 」




Q:ヲ金とか、続かないでしょう !?
kankeinai.jpg
「関係無いネ !! 」


Q:身体、大丈夫なの !?
kankeinai.jpg

「関係無いネ !! 」



gs
じょわぁぁぁ~ん(← 銅鑼の美音:みをん)

Comments

 
なんか、今回はことごとくツイてないですな!
渋谷ののんべい横丁も雰囲気があっていいっすね。
最近こういうとこ行ってないんで次回ヨロ(^^♪
カーノさんのカウンタックのリアウイングには笑った笑った(≧◇≦)
やっぱカーノさんだわ!(笑)ちなみにキャクパンのカウンタックは最後の量産型のアニバーサリーだと思います。でも、もしかしてだけど~♪もしかしてだけど~♪本物じゃなくてレプリカなんじゃないの~?(≧◇≦)
職業柄、観察してたらそんな感じが(^^ゞ
あっ!お酒の話題からかけ離れちゃった(>_<)

Re: タイトルなし 
to ケムラー先輩

道理で。

車は全く分からない(興味無い)自分ですが、画像のランボルギーニは目の当たりにしても、どうにも薄っぺらい印象がありました。

第一、あの名車にステッカーなんかベタベタ貼るなんて有得ない…

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login