酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ 5

どうにもね。

結局は世の中、ひいてはニンゲンてな存在は自分の為に決断を下さねばナランのですよ。


それが、今まで培ったもの、手中にしたもの全てを失うかもしれない選択だとしても、それがかえってより大きなものを獲得したり、状況が大きく好転する場合だってあるかもしれない。


しかし !!

自身の向上を信じて大きな決断を下した我が「親友」よ。

あなたの勇気と決断と知恵に、心から敬意を表します !!


我杯からの贈る言葉、
hail2u.jpg
ははは。
ダマくらかして土人形けしかけたりとかじゃあ、無いヨ…笑




…そうそう
テレビとかの動画や画像を
大量に、無断でアップロードしたシト達が大勢タイーホされたらしいYO !!


悪いシト達だぁねっ !!


みんな !!
社会のルール、著作権 は守ろうね !!

bandicam 2013-11-12 05-14-42-028-0-00-39-719
優子のゆーk(略)
(↑ 大どぅくし )



こんにちは。

清く、正しく、うどぅくしく、の酒場逃亡記です



渋谷での試飲イベント「東京會津祭」、その物販コーナーみたいなトコで、我杯はナイス・アイテムをフライングゲットしていたのを思い出した


それがこの、

漆器のヲ酒注ぎなのさっ

会津塗、(有)北見八郎平商店 の一品。


値段から言うと¥1500ナリ。

スタッフのシトから、

「この品質で¥1500は有得ないですよ。本当に好い物です !! 」

…なんて、マ・クベ大佐みたいなセールス受けたので…。


でも、確かに素晴らしい一品。

何故なら、注ぎ口からの「こぼれ」が一切、無い !!

スカッ、と切れる。

これは心地良い


ちょうど1合入るから、どれだけ呑んだか分かりますし、なんて言われたが、空になれば継ぎ足しちゃうんだから関係ないか、ははは。


そんな一口を、
DSC09762_20140923193326783.jpg
鳥取県(← 島根県の右側)の友人より頂戴した「此君」で味わう。


…ほらみろ、「此君」の瓶は、あっつー間に空っぽに…。



近所の酒屋 3 に顔を出した時に、妙に推されたこの一本


DSC09772.jpg  DSC09773.jpg
㈱北鹿 3 すずしな


名前の通り、涼やかな、女性向けのデザインと飲み口。


…最近、酒造メーカー 3 は、女性受けする一本の開発に余念が無いようだ。


つか、ヲ酒に限らず、最近は様々な分野で女性の進出が目覚しい。

今までの慣例に囚われない、自由な発想が世の中を好転させていくということで、ソーリのアベちゃんも妙に後押ししている。


…我杯も後押ししますから、社会・経済とかの進出の前に、我杯のトコへ進出してくれませんか?
(↑ 聞くも涙、語るも涙…)



我が実父(Zip)もヲ酒が好きなのでタマには孝行しちゃるべぇかと、流石なる我杯はヲ酒を一本プレレントした

DSC09873.jpg
初孫 魔斬 (山形県:東北銘醸㈱)


非常に呑み易い一本である

我が実父(Zip)も喜んで受け取ってくれたのだが…

ある日、病後の検診で思ったよりも悪くなった数値が出たそうだ。


曰く、
DSC09874.jpg
「ヲ酒を呑み過ぎたからだ !! 」


…と言って、我杯にこのヲ酒を返してきた。


…ンな事、あるかいっ。

なんでもかんでもヲ酒のせいにするんじゃあ、ないっ !!


だが、哀れなるカナ、この「初孫」は我杯の手元に 出戻り …


じゃあ、我杯が残りの責任を取ろう…。
DSC09876.jpg
ナイス漆器で呑もうとしたら、なんと、残りは2合にも満たなかった…。


ええい !!
散々に呑んでヲいてコレはなんだっ 



前出の酒屋 3 で、変な一本を見付けた。


この時、我杯の手元にはこれといった一本が無く、何でもいいから日本酒が呑みたいよ、と。

そんな折、店頭で面白そうだ、と手にしたのが、
<br />DSC09878.jpg
富岡製糸場

DSC09879.jpg
我杯的に初の群馬のヲ酒


きっと、世界遺産クラスの味わいにチマイナイ、と思って一口…




…。




…うん、まあ、なんだ…。




セカイイサンつーか、ヲヲタイサンな感じだったな(← ???)


をわり。

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login