酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


Get my dishes !! ~杉戸・大衆酒蔵 いこい~

いつもヲ世話になってヲります。


何とも恥ずかしい思いをした…。


現代日本語を誤解して理解していたのである…凹



天地無用。



…つー言葉のコトである。


主に荷箱の表面などに記されている言葉であり、我杯の勤め先、その業務内容にも関わっている。


恥ずかしながら、我杯はこの言葉の意味を、


「荷物の上面・下面関係無く取り扱い可能」


という、ヲトコ気溢れる意味で解釈しとった



…そしたら、その真逆、正しくは


「荷物の中身の破損を避ける為、上下逆にしてはいけない」


…という意味だったのね !!



…今現在、誤解されて使用されとる言葉が多いとは耳にするが、我杯もその一端を担っていたとは… !! (恥)



代表的なのはアレね、「確信犯」


…もっと勉強しよう… !!



さてさて !!

ヲ酒の勉強なら一生懸命ですYO !!



DSCN2375.jpg

大衆酒蔵 いこい


なんですがね。


「とある武道」の稽古帰りに通い易いので、なんだかんだで一番足繁く通ってるヲ店であるな。


とある日、いつも通りに稽古後にボンヤリと引っ掛けているとヲ店のヲバチャンが、


「サンマがあるよ !! 」


…と、のたまう。


ならば、
DSC00371_2014112223331356a.jpg
ヲーダーせねばなるまい

サンマっちゃあ、
DSC00372_20141122233315804.jpg
ワタの苦味をヲ酒の一口で流すのが、酒呑みに許された特権である…

DSC00373_201411222333157ab.jpg
んふふ…

DSC00375_20141122233318e8e.jpg
末廣 のキレが、サンマの旨味に拍車をかける。

更には、
DSC00374.jpg
ヲバチャン得意の小鉢の一品。

茗荷の一箸が、杯の底を我杯に見せ付けようとする。


困ったモンだ…笑



そして、またある日。


我杯が何を頼むべぇかなぁ、と思案しとるとヲバチャンがソレを察したか、

「カツヲがあるよ !! 」
DSC00675_2014112300124184c.jpg
カツヲ刺。

「いこい」での日本酒は 末廣 のみ。

末廣 のキレでカツヲの味わいを流す…


ヲバチャンの小鉢は、
DSC00677_2014112300124323b.jpg
毎回のヲ土産となった。

持ち帰ったヲバチャンの漬物・煮物の類は、我杯自宅メシの最大の友となるのである



またまた、ある日。


マスターが、ぼそっ、と、


「生牡蠣…


と、つぶやく。


これは即ち、この一皿を、
kurae.jpg
…と言っているのである…笑


そして供される、
DSC00690.jpg
旬の生牡蠣…

くっくっく…
DSC00693.jpg
海のミルク と称される牡蠣の味わい…。

そのコクを十二分に口中に含ませ、
DSC00692.jpg
末廣 で流す…



…。




嗚呼、日本よ、酒呑みの先人達よ…。


我杯を日本に呼んでくれて有難う…



牡蠣の余韻に浸る我杯にヲバチャンは、
DSC00694.jpg
「食べな !! アケビ !! 」

と、シメの一口をば


…滅多に食べないよなぁ、アケビ…。



そして、またまたまたある日…笑


DSC01029.jpg  DSC01030.jpg
ヲバチャンの小鉢攻勢に燗酒を合わせていたら、



「ビーフシチューがあるよ !!
DSC01031_20141123003652d77.jpg
ををを~…

なんとも ヲシャンティ な一皿ではありませんか… !!
DSC01032.jpg
どんっ

ヲよそ街の居酒屋で見られるヲ皿じゃあ、ありませんことよ !!
DSC01033_201411230016224c7.jpg
じっくりと煮込まれたヲ肉は、大粒ながらもメッサメサに柔らかく、かつ、その食感は最高の食べ応え !!



あまりの美味さに狂い死に寸前の我杯…笑



「…をっ。美味そうなモンを食べてますねぇ?


マスターが冗談めかしてカウンターから出てきた。

その表情には最高のドヤ顔が浮かぶ。

自信の一皿なのである



「今日はもういいや
DSC01034_201411230016237b1.jpg
早くも店仕舞い宣言(笑)のマスターと


こうして我杯の貴重なる休日は「至福」という時空間を過ぎ行く…。



帰途、
DSC01036_2014112300162573a.jpg
秋という季節の深まりと、冬の気配を垣間見る。



そして、「モヤさま」と「軍師官兵衛」のゴールデン・リレーで活力を見出す。



我杯の休日は「充実」という一言で締め括られる…



…うん、シヤワセだなぁ、ボクは。
(↑ ユーゾー。あと、腕毛)

Comments

オバチャン…❤️ 
お刺身・アケビ・ビーフシチュー(笑)
ナイスチョイス😂
オバチャンいいっ✨すごくいいっ✨
機会があったら連れてってください😊

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login