酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


我、「名店」ヲ発見セリ~幡ヶ谷・浜屋~

いつもヲ世話になってヲります。


いやあ、参った参った

「とある武道」の若先生による特別剣術指南、全く理解・体得できなかった !! …凹

DSC01108.jpg
(↑ 参加者全員が「袴穿き」てのは、壮観な眺めだワイ)


何度やっても正しい動きが出来なかった !!

そのクセ、稽古相手だった シチヲ君 は、あれよあれよとコツを掴み、シッカリとした打ち込みをしてくるでは内科 !!

挙句の果てには、構えの甘さから我杯のカワイイ小指を強かに痛打されてしまう始末 !!


全く、戦国の世ならば我杯は48回は命を落としていたトコだ…


…まあ、初めてやる動きであるからして、イキナリ上手に動ける訳はないのだが、それにしたって自身のモノ覚え、要領の悪さには凹む…


まるで、剣術どころか人生全てがダメ人間であると宣告されたような気がするワイ…


せっかくの休日を凹んで締め括る、の巻…
gzgz



さて。

今回は、世紀のネ申イベント、
「吉田類と仲間達 Vol.7」に参加してきた際の前後譚。
(↑ 今さら、なのだが…笑)


イベント開始前に配付される整理券を入手したものの、開始までには数時間は空いてしまうので、我杯は共犯者の「酒場の風来坊こと KTJM兄さん と、

比類無き京王線・幡ヶ谷駅にて合流した
(↑ ツタヤじゃないヨ)


我杯はいつも通り、事前に「幡ヶ谷駅 昼から呑める」で検索、検索 !!



そんな一軒は、駅から徒歩5分ほどの所に。
それこそが、
DSC00486_20141130174034b2a.jpg

浜屋


なんと、午後1時から開店してくれるウレシイ一軒


我々はほぼ開店時間に入ったのだが、何と既に多くの 先客 3 がメーターを上げていた !!

…いったい、何時からヲっ始めとんねん…?



10人ほどのカウンター席に着陸、ヲ品書きを眺める。
DSC00458_20141130173951d02.jpg


DSC00457_2014113017395045e.jpg
ふ~む、ふむふむ…

DSC00456_20141130173948879.jpg
看板通り、ヲサカナメニューが豊富

…う~ん…
DSC00455.jpg
めっちゃ安いやん !!  



もうイベント前の慣らしだなんて言っていられなくなった。


先ずはの ぱんぱ~い
DSC00459_20141201194443aa6.jpg
「この後あるから、控え目にしとかなきゃ」


…しかし、この誓いはシャボン玉よろしく、浮かんでスグに消えたのである…


何故ならば、プリプリ !! 脂乗りまくり !! の、
DSC00461_201412011944449ef.jpg
新サンマ刺


潮の風味が芳しい !!
DSC00463_201412011944453cc.jpg
殻付きホヤ刺


…このような逸品を目の前に出されてしまっては、イベント前がどーの、とか言ってられなくなった !! …笑


後先考えずに全力投球することにしたヲバカな我杯は、
DSC00465_20141201194447cf7.jpg
刈穂 極辛口純米うすにごり なまはげラベル Ver.
(秋田県・秋田清酒㈱)


…にて、海の幸、その味わいを口中にて封じ込める…


続いて到着、
DSC00468.jpg
新サンマ塩焼き


滲み出る脂分(← 旨味そのもの)は、手中の箸を長時間労働へと駆り立てる…


今週の山場ァァァ~ッ !! (← 声:八奈見 乗児 先生)
DSC00476_2014120119470036f.jpg
とうみょう と桜エビの塩炒め


ナニゲにヲーダーした一皿だったのだが…


これまた !!
DSC00475_201412011947002bf.jpg

 激ヤバ うまたん !!

程好く炒められた とうみょう のパリパリ、シャクシャク感に、桜エビの香ばしさが口中に芳しく拡がる…


ここで我々、あまりの美味さに笑い出してしまったのである。
(↑ 真実。まみ ではない。あと、クリーミー)


ここで急遽、
DSC00477_20141201194702af1.jpg
KTJM弟 3 、合流


ますますテンション上がってしまった我杯は、
DSC00478.jpg
雅乃詩 (合同酒精㈱)

DSC00479_201412011948400a9.jpg
…をば、トドメの一杯に頂戴する


その一口に合わせるのは、
DSC00480.jpg
エリンギ・ニンニク バター炒め で決まり !!


エリンギの柔らかな歯応えに、ニンニクの風味が酒を誘う… !!


…美味い… !!



安価なのに、その一皿一皿には一切の妥協ナシ !!


またもや最高の一軒を見つけてしまった !!

エライぞ、我杯 !! …笑



…それにしても、吉田類 先生 のネ申イベント前に完全暴走してしまった我杯…。
DSC00514_20140930055908b87.jpg
イベント中、そして終了後には完全崩壊。


その体たらくは、帰途にて一緒だった ケムラー先輩 の存在を完全忘却する、というカタチで顕現したのだった。



…ははは。こりゃケッサクだ
(↑ どぅくし )



次回のイベントの時もまた行こうっと !!


でも、安くてヲイシイ一軒だから、我杯だけのヒミツ !! …笑
(↑ 公言)

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login