酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ8

…あ~、体調、悪い…


少しばかり弱音を吐けば、心身ともに、といったトコロか…。

最近どうにも『ゼッコーチョー !! 』といった、現役時代のナカハタキヨシみたいな感じが無い。


やはり、日頃から常としている「不摂生」が原因なのだろうなぁ…


…まあ、分かっちゃいるけどヤメラレナイ、なんてのは昔から言われてる事だしなっ…笑



そんな自身を励ます為の自宅呑みだが(← 諸悪の根源)、呑みながら眺める「ヲんな酒場放浪記」は、
DSC01301.jpg
なんたって 倉本 康子  様  の呑みっぷりがタマラナイ !!

毎度毎度のオープニング・生中と、タコ料理推しがなんとも…笑


そんな我杯は、近所の酒屋 3 で入手した、
DSC00596_20141211221720563.jpg
大山 『封印酒』 純米吟醸 (山形県鶴岡市 加藤嘉八郎酒造 ㈱ )

…をば頂戴する事に


「封印酒」とは、また限定品、つートコから由来しとるらしいが、

酒瓶を包む包装もコレマタ酒呑みのココロをくすぐるワ
(↑ 遮光により風味の劣化を極力避ける !! つー意図である)



またある日。


我杯の酒蔵(冷蔵庫の野菜室)がカラになってしまった事態を回避する為に、買出し。

これまた(我杯的に)よくヲ目にかかる、
DSC00666_201412112217202c9.jpg
浦霞 からくち (宮城県・㈱佐浦)

をばフラゲ


名前の通り、
DSC00667_20141211221721c69.jpg DSC00668.jpg
辛口の一口を、サバ焼きで堪能する…


…う~ん、サバのジューシーさが、活きる活きる…(← 感謝)



はたまた。


このブログでは毎度ヲ馴染み、福島県の『植木屋商店』 3 からのヲ取り寄せ。
DSC00680_2014121122191095e.jpg

DSC00681.jpg
野恩 (喜多方市・大和川酒店)


…をば、我が手中に

DSC00683.jpg

しかも、この一本は、500本限定生産
DSC00682_20141211221913d38.jpg
今回、我杯は317本目を入手



…317…。

みいな。

あと、出身は関東の方…笑



…あ、いやいや


そして、その一口は、
DSC00685.jpg
「…ああああああ…美味い…

…と、嘆息混じりに出た言葉が我杯の最大の感想…


美味なるヲ酒に出逢う度に思う。



一升って、少ないなぁ。
(↑ 早死に)



基本、日本酒の我杯だが、実は焼酎なら「芋」 !!


以前、呑み方を誤りかなりイタイ目に遭ったのだが、それを教訓に飲み方を研究したら、とてもアリガタイ ヲ酒であることが判明…笑


鳥取の友人が贈ってくれた、
DSC00696.jpg
砂丘長いも焼酎 (鳥取県・梅津酒造 ㈲ )


…をば。
DSC00698.jpg DSC00697.jpg
ヲ湯割りで良し、そのままでも好し



…タマランチ



この「切れ味」を、
DSC00695.jpg
手製の鶏肉・キャベツ&ピーマン塩コショウ炒め をアテに、舌上にて転がす…



…ピーマン、キャベツの炒め物…。

テリー・ゴディ、スティーブ・ウィリアムス組級の最強の組み合わせだな !!



自分で言うのもなんだが、手製の料理が美味いと、ヲ酒も美味い !!


だもので、これから我杯が求める理想の女性像から、「料理の腕前」は削除します。


料理、ヘタでも構いません。


先ずは「カワイイ」でいいです
(↑ どぅくし )

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login