酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大宮 新定番2 ~大宮・角打ち 酒屋の隣~

我杯、特に忙しい身の上ではないハズ…。


炊事洗濯はそれこそ茶飯事、忙しい内には入らないのだが、やはり年の瀬、妙にセカセカしてしまうのぅ…


…確かに、普段は滅多にやらない手書きの通信、即ち年賀状の準備やら大掃除やらで、締め括りをシッカリやらなければ !! つー、日本人特有の「ケジメ感」が駆り立てるのであろう。



…ともすれば、我杯も日本人の端くれ、つー事だ、ヨカッタヨカッタ



さて。

埼玉帝國 首都・大宮。

新しい大宮の足掛りを発見した我杯、その余勢を駆って、もう一軒の潜伏先へとアシを進めた。


その一軒こそがコチラの、


角打ち 酒屋の隣


古風な佇まいが酒呑み根性をかき立てるではないか…?


更に店頭には、
DSC00996.jpg
「さあ !! 呑みたまえ !! 」


そんな挑発とも取れるディスプレイが…


…我杯はね、「分かり易い」つーのが大好きなのだよ



DSC00997.jpg
…石丸酒店…。


ココへ訪れる前に立ち寄った「いしまる」と何か関係があるのかな?
(↑ やっぱり調べない…笑)


こんばんは。


「角打ち」と言えば、酒屋のついでに呑める、といった雑然としたイメージなのだが、なんのなんの、コチラの一軒は実にヲサレな様相。


本腰入れたデートにも充分な落ち着いたイキフンですよ

…このヲ店の雰囲気が気に入らないなんて言う輩は、何処へ出掛けてもツマラナイと言うだろう。
(↑ ガチ断言)


イカした立ち飲みカウンターにへばりついた
DSC00998.jpg
ふ~む、ふむふむ…

DSC01003.jpg
DSC01004.jpg
選り取り見取り…( by シーマ 様 )


ファースト・アタック !! 仕掛けるよ !!
DSC01001_20141223213656d92.jpg
東力士 純米大吟醸 無ろ過生原酒


…をば頂戴する。



コチラの一軒もキャッシュ・ヲン スタイル。

様々なグルメ・サイトで紹介されている、知るシトぞ知るヲ店。

ヲ酒の画像もシッカリ撮らせてくれる…笑


DSC01000.jpg
…。


ゆうちょ。




ところでね…笑



我杯は「和食」が世界に名立たる存在感を示す、というのは至極当然であると思いましたヨ。



日本酒を堪能するなら刺身は必需の我杯、豪気にも「鯛の刺身をヲーダー


供された一皿は…
DSC01006.jpg




もはや、これは『絵画』だ !!
(↑ チト、画像は暗めだが…)



配色、配置、造形、装飾…。


食材、料理というものにここまでの「意味」を持たせることが出来るのは和食の他には無い !!
(↑ ガチ断言2)


そして、店内の雰囲気は…
DSC01005.jpg

DSC01009.jpg
古民家を想わせる。


日本人であること、そして、僅かながらでもこのような雰囲気に馴染み、楽しめる自身に感謝である…


ふふふ…。


今宵の我杯に容赦の二文字は無いのだよ…。
DSC01010.jpg
DSC01012_20141223214945a8f.jpg
不動 純米吟醸 吊るし無ろ過生原酒 (千葉県・鍋店㈱ )


…をば流し込む。



鍋店 3 。

以前(2013年の春)、「呑み鉄」で成田山参りした際に立ち寄ったヲ店ですよ。


再会ですね



キレのある一口に、
DSC01013_20141223214946a93.jpg
鯛刺はその甘みを更に増すのであった…


ソンジョのカウンター・テーブルではなかった。
DSC01014_20141223214948b71.jpg
高級感充分に溢れる設え。

「角打ち」という庶民的な響きに違和感を感じざるを得ない…


…アタシャね、
DSC01015_201412232149499fe.jpg
和食がタダの料理で終わらないトコは、こーいったトコだと思うんですよ。


人参。


人参が何故、かようにも我杯の目を惹くのだ…???


ぬぅぅぅっ !!


包丁なる秘具をその掌中に握りし達人達よ !!


そなたらは、その「包丁捌き」にて、天をも捌き切るつもりかっ !?
(↑ 声:内海 賢二 先生)



その秘奥義、我が腹中に納めようぞ !!
DSC01018.jpg
酒盗サーモン

その味わい…
DSC01021.jpg
しかと受け取ったわぁっ !!





我が皿に一片の喰い残し無しっ !!
bandicam 2014-12-24 00-04-10-636
(バァァァーン)



トドメの一杯は、
DSC01020_20141223215436d86.jpg
三連星 純米 冷ヲろし
(滋賀県・美冨久酒造㈱ )


…をば、燗にて頂戴する。



…。



…三連星…?



燗だったので、瓶は確認出来なかった。


世代的に「引っ掛かる」銘柄だったので、調べてみた



そしたら、
sanrensei.jpg
こんなラベル・デザインだった。



…。




黒地に紫のカラーリング…。




道理で味わいがジェット・ストリーミィだった訳だぜ…笑
(↑ 楽天で頼んじゃった…笑)



よっしゃ !!


シコタマ呑んだったY !! (← 満悦)


大宮ネタに乏しいなぁ、なんて思ってたのが一気に払拭 !!


後日、再訪してしまった…



最早、シミツとは言わずに、大宮を訪れた方々には、是非ともこの感動を我杯と共有して頂きたいものだ !!



日本酒をあまり呑まないシトでも、きっと、
DSC01023_20141223215437444.jpg
さらり、と楽しめることでしょう…。


ヲしまい
(チャンチャン♪)



…入手出来ないので、コチラ(↑)の画像でゴカンベン下さい、押忍…笑

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login