酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


花鳥風月

(毎度ヲ馴染み)
nm1.jpeg



gzgzgzgzgzgzgzgzgzgz
nm
ノミマス帝国総統 アセドー・アルデヒード (我杯)


「…総統、いかがなさいましたか」
nm
ノミマス帝国副総統 ワモノ・ヲカート


「…をを、ワモノ君、我杯の嘆きを聞いてくれたまえ。


今年もあっと言う間に、

桜が散ってしまったではないか !!


しかも、我杯とあろうものが、
DSC02332.jpg
1回も花見しとらんのだよ !!

…酒呑みとして、これ以上の失態があろうか…

(↑ 嘆きの総統)


…ワモノ君は花見は出来たかね?」


「はっ、総統。

ボクチャンは毎日 さくら 眺めてたんですよ。

宮わk…」



「もういい、しゃべるなgzgz


しかしだな、花見は出来なかったが、ホラ、見て御覧。

春という季節は、こんなにも鮮やかに我々の目を楽しませてくれるのだよ」

DSC02328_20150414220414b0f.jpg
「…総統、これは…?」


「ウム、これらの花々はだな、
DSC02329.jpg
我杯が道々で見掛けたものを撮影したものだよ。

季節の移ろいに不可欠なのは、こういった花々の皆さんだ。
DSC02331_201504142204175c9.jpg
特に春に咲く花は、辛く厳しい冬の寒さを乗り越え、

満を持して咲き乱れるものばかりだ。
DSC02333.jpg
その生命力は何よりも強く、そして、美しい…。


そんな花々に我々が心惹かれるのは必然と言えよう。
DSC02341_20150414220613c66.jpg
こうして花の季節を迎えられる事に我々は感謝せねばなるまいな。


我々のような酒呑みに関して言えば、
DSC02342_201504142206149d3.jpg
花見こそ、こうした自然の雅に触れる絶好の機会。
ヲ酒こそは自然をより近くに感じる為の、不可欠な存在の1つなのだ。


花を楽しみ、季節を感じ取り…
DSC02344.jpg
酒に酔うことで精神的に現世から乖離し、自身もこうした天然自然の一部なのだと認識出来る…。

それが花見という機会なのだよ、ワモノ君」




「…総統、ヲ願いです、もう止めて下さい !! 」
nani
「…なにぃ…!? 」


nm
「一体、どーゆー風の吹き回しなんだか、ボクチャン理解に苦しむんですよ !!

何ですか、その、花がどう、生命力がこう、世界の恥部
(← 一部のマチガイ)がアレだとか !!

ヲ酒を呑む時ゃ大いに騒いで、アーロムがホームラン打ってくれ
りゃソレでいーんですよ !! 」


nm  
「ぃやかましいっ !!

呑んで騒げりゃ、それでヨスランだと?



否 !!

否と断ず !!



今こそ我々のレベルともなれば、そーいった酒呑みスタイルから脱却すべきぞ !!


それではヲ酒の味も、花々の彩りも解らないでは内科 !!

いいかね?

花を愛で、鳥を愛し、風を感じ、月に魅かれる…

こーいった花鳥風月に風流を見出し、ヲ酒を愉しむ…。



これこそが我々ノミマス帝國
(← 酒場逃亡記)が目指す酒呑みの在り方なのだ !! 」
(↑ 総統万歳)


nm
「何だか、前田慶次みたいなんですよ。

しかし驚きなんですよ、総統。

総統こそまさしく『呑んで騒げりゃソレでいーや』の顕れだと思ってたんですよ」




「アホぬかせ !! ワイを誰やと思とんねん !! 」
(← 急展開)
chaunen.jpg
「神輿の上にアホ面でぇ、胡坐かいて酒呑んで
「るんですよ」んとちゃうぞ !!



…。



…今、何か言ったかね…?」



「…いや、何も言ってないです
(↑ 焦燥)


「…



「…



「…あんまりコチョコチョ変なこと言わないように



「了解でーす」
「恐縮でーす」


ヲわり。


Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login