酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ハンター&セイヴァー ~武蔵小山・晩杯屋~

いつもヲ世話になってヲります。


何たってマンガやアニメ アイドル が大好きな我杯なのだが、その中でも


蟲師


…つー作品が好きである。


以前にもこの話はしたことがあるのだが、
DSC09169.jpg
「蟲」と呼ばれる不可思議な存在とシトとの関わりを「蟲師」である主人公・ギンコを軸に描く作品。

派手な演出が無い、実にジックリと鑑賞できる物語。


そして、この「蟲師」が舞台となって公演されるというので、
DSC02077.jpg
…へやってきた
(↑ 今回は3月半ば頃の話なんだけどね)


舞台で役者 3 達が台本を読み合わせるという、やはりシンプルな内容。

しかし、役者 3 達の演技が原作の世界観を十二分に再現してくれて、作品ファンとして実に楽しめる公演だった
(↑ 女性のヲ客 3 が多かったな、そーいや)



5月半ばに新作が劇場公開されるので、コチラもタノシミ ♪


公演終了後、滅多に来ない表参道をフラつく…
DSC02081.jpg DSC02080.jpg
DSC02079_20150425130522d99.jpg
…じゃなくて、我杯の相変らずの「方向音痴振り」がまたもや遺憾無く発揮され、青学だって見学しようと思って来た訳じゃあないんですよ

迷い込んだ、つーヤツ…
gzgz

juri-baka.jpg



さて。

滅多に来ないロケに「聖地あり。


今回、我杯が逃亡先に選んだのは…
DSC02083.jpg
武蔵小山 !!


…いや~、我杯宅から渋谷だって遠いのに、そこからさらに30分弱。


遠足ですよ、遠足


でもって、この時以前に、呑み仲間である「酒場の風来坊」・ KTJM兄さん より、武蔵小山に穴場アリ !! との情報を入手していたので
(↑  KTJM兄さん は当日所用アリだったので、今回は我杯のソロ活動)


駅周辺は、
DSC02084_20150426205635488.jpg
吞み屋街天国 !!

様々な情報筋より、武蔵小山は吞み屋に困らない、と小耳に挟んではいたが、まさか、ここまで素晴らしいロケだったとは… !!
我杯的な撮れ高は一気にOK出ました !!


そんな中、我杯が潜伏したのは、
DSC02096.jpg

晩杯屋


ばんぱいや。

看板の通り、昼間っから開店してくれている、有難いヲ店である

「武蔵小山の吞み屋」で検索すれば、トップで出てくる有名店。

我杯がこの一軒に訪れたのは15:31(ヒトゴーサンヒト)時頃だったのだが…
DSC02085_20150426205637700.jpg
既にこの人だかり !!

老若男女問わずに早っから盛り上がっとる !!


しかも、やはり女性客が多い。


…どうやら、世の中には「物の価値」を十二分に御理解されとる淑女が多いようだ…


我杯らしく、
DSC02087.jpg
店外にぽつん、と空いていたカウンター?に首尾よくへばり付く
ファースト ラビット カップに酎ハイ@250。


bandicam 2015-04-26 21-33-08-906
「さあ…とくと味わうがいい…


てな感じで「晩杯屋」呑み、スタート !! …笑


先ずはの一皿に、
DSC02089_2015042620563995b.jpg
アジフライ&コロッケ @180をフラゲ

ソロ呑みにも程好いサイズが2枚
ガッツリと堪能


2杯目に、
DSC02091.jpg
ホイス @370を頂戴する

あまり見かけない1杯ですからね、ヲ品書きの中で見かけたら呑まなアカンですよ


ところでこの「晩杯屋 3 」、
DSC02093.jpg

 安過ぎる !! 


何でやねん !?
DSC02092.jpg
今日日、この値段はあらへんやろ !?
(↑ …何で今、関西弁つこーたん…? )


安価だからって、盛りが少ないとか、小さいとか、そんな小細工は無いのも驚き !!


二皿目にヲーダーした、
DSC02094.jpg
活け〆桜ぶり刺し

…は、この厚みで驚異の¥200(税込) 


切り身も大きいのがウレシイ
DSC02095_20150426211216bcd.jpg
ガッツリ食べて、大満足な一軒 !!



ヲ酒2杯と皿が2枚。

これで会計はジャストの¥1000 !!



今回、我杯は店内に潜伏すること叶わなかったが、店内にも女性客が数多く見受けられ。


いいね、いいね !!

居酒屋文化が着実に本当の意味で「大衆化」してきている、つーことだ。



ヲ客も次から次へと入れ替わり立ち代り、席?が空く事がない

それなのに、店員 3 (← 多分、店主 3 だった)の対応も横柄さや雑といった部分は見受けられず。

この賑わいでこの対応…。

武蔵小山「晩杯屋」は、プロの集団とヲ見受けした !!


コスト・パフォーマンス最大級の一軒、これは良い逃亡劇であったワイ !!



ヲ店を後にし、駅周辺をフラつく…。


DSC02097_20150426211110386.jpg
「ヒロシぃ、腹が減ったよ~」

ヲう !! それじゃあ、梅 3 のトコ行って寿司食わせてもらヲうぜッ !!



ド根性な想いに耽りながら、我杯の武蔵小山逃亡劇は続くが、これは次回の講釈で。


旅はまだまだ続きます


tbc.jpg

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login