酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


屋根の上の ~千歳船橋・ゆうな~

最近、始めたことがありましてな。

「レコーディング・ダイエット」つーヤツですわ。


…でも、ダイエットと言うと、少々語弊があるんですよ。



自身の運動不足を自覚しとったのは間違いないのだが、頑張りたくない。


それでも自身の現状を見てみようと体重計に乗る。


…。



…う~む、危機的な状態ではないが、身体に身軽さは感じられない…。



じゃあ、食事に気をつけてみよう。

億劫にならない程度でいいから少し運動してみよう。

ついでにサントリーの特茶の効能がホンマモンか試してみやう



…と、色々と試して記録していくうちに、ある事に思い及んだ。


RPGとかでキャラクターのレベルアップに勤しみ、攻撃力や防御力の数値が上がったとかで楽しむように、それを自身でやってみるのだ、と。


考え方が変われば、億劫な、大きな努力を要するダイエットというものが、自身をヲモチャにした遊びに感じられたのである


出来る時に少しずつ、というカタチなので劇的な変化は見受けられないものの、いわゆる現状維持か、週末には少し体重が減る、みたいな感じで数週間が過ぎてるんですよ


そんな訳でしてね、ブログの更新が遅いんですわ…笑


…特茶の効能もイマイチだなぁ…



さて。

小田急沿線居酒屋巡りを敢行した我杯、次なる場所に降り立つ。


今回は、

千歳船橋駅。


駅前。
DSC02389_20150621153958a76.jpg
ん~、フツーの駅。
(↑ ?)


ちらっ、と周囲を見回した程度なので、周辺事情はしっかり確認出来なかったが、この画像奥の通りには我杯好みの商店街が続いていたようである


目的地へ向かう。
DSC02390_20150621153958052.jpg
あらあら、やぁ~ねぇ。
ワタシは花の乙女、きんどーちゃん よ !!

…なんてフレーズが思い浮かぶシトは古いシトである…笑



駅から徒歩10分ほどの住宅街の入り口に、今回目指した聖地、
DSC02392.jpg
居酒屋 おおすぎ


…があったのだが、何と満席で潜伏叶わず…


何と、ここまで来て聖地巡礼が叶わないとは… !!


しかし、手ブラでは帰れない !! と、更に歩を進めた先に…



DSC02394.jpg

ゆうな


…なる赤提灯があるでは内科。

せっかくなので、今回はコチラに潜伏してみることにした。


10人?ほどのカウンター席のみ。

他にヲ客 3 はいなかった。


席に着陸すればマスター 3 のゴアイサツで、

「…あれ? ここら辺の方じゃないですね?」


…との言葉から察するに、いつもなら御常連 3 で賑わってるヲ店なのだらう



そう !!

それでですね、ここで出会った一杯があの、
DSC02395.jpg
日本酒のライム割り

…だったんですよ


日本酒(剣菱)をロックにしたものに、ライムシロップを混ぜたもの。

マスター 3 曰く、


「昔からある呑み方だよ」


との事だが、我杯は今までこの一杯の存在を知らなかった。


また、使用するライムシロップは、「明治屋のが一番 !! 」だそうである
meiji-lime.jpg
↑ コレね。 別に宣伝してるワケじゃあないヨ


ヲ通しに、
DSC02396_20150621154322f6c.jpg
筍の煮物。

薄めだが、しっかりと染み込んだヲダシが効いてるザマス


店内は最近ヲープンしたのかと思うほどキレイ
DSC02397_20150621154323a4a.jpg
どこか、料亭や割烹で修行されてたのかしら。

何か、腕に覚えアリ !! な雰囲気を背中で発するマスター 3 。


ヲ品書きにあった中から、
DSC02399.jpg
にしん煮付け

及びに、
DSC02400_20150621154326dca.jpg
ワカサギの揚げ物


…をば、ゲッツ !!


にしん…のあっさりとして、それでいて味わいの深さに感動

ワカサギ…の盛り付けが美しい…


少々の料理なら、ある程度は真似して調理出来る自信は(根拠無く)持ち合わせているが、これは真似出来まへんっ


どうやら、コチラのマスター 3 、タダモノじゃあなさそうである…



結局、我杯の他には誰もヲ店に現れなかった。


「珍しい。いつもなら誰かしら来るんだが」


「ゆうな 3 」のいつもの様子を見てみたかったが、今回それは叶わず。


危うくライム割りを4、5杯頂戴しちゃうイキヲイだったので、ここで自制してヲシマイ。




DSC02401.jpg

「ゆうな 3 …。いや、実に味わい深い、良い一軒でしたね。

千歳船橋。探せばこんな一軒が他にもまだまだあるんじゃあないでしょうか !?

そんな訳でもう一軒 !! 行って参ります !! 」



吉田類 先生 ばりに締めたくなったこの一軒。

またヲジャマしやしょう !!





駅までの帰途。
この千歳船橋には、
DSC02402.jpg
…なる通りが存在するッ !!


もちろん、あの 森繁 久彌 様 である。

かつて、千歳船橋駅から旧 森繁邸に通じる通りがいつからかこう呼ばれるようになった、つー由来があるようデス


その気になれば、屋根の上でラッパ練習出来るかも知れない…


…ん?

アレはギター? ウクレレだっけか?
(↑ どぅくし )




これだけでは気が済まなかった我杯。


もう一軒行きましょうか、と電車に乗り込んだが、これまた次回の講釈で。



まだまだハナシを 引っぱるる~ !!


tbc.jpg


Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login