酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


見上げて御覧、夜の星を

勤めを終えて帰宅。


車を停めて、ふと、日の沈んだ空を見上げたら…



をや。


何とも明るい星が2ツ、並び輝いていたでは内科
DSC02802_201506302239586d0.jpg
右側は「宵の明星」金星、左は 我が 我等が太陽系で最大の惑星・木星である。


もちろん、金星のほうが距離が近いので、木星よりは大きく見える。


…たまたま夜空を見上げたら、こんなステチな天体ショーが繰り広げられていたとは…



空にはステチなものがイッパイだ。

昼には眩しい太陽、美しい青空、真っ白な雲…。

そして、夜には無数の輝く星達が。



何かと顔を伏せてしまうような出来事が多い世の中だけど、やっぱり、顔を上に向ければ、キレイなもの、楽しいものが目に入ってくるに違いないっ。



…シラフだと、こーゆーブログになる酒場逃亡記。




はい、間も無く7月ですっ

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login