酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ16 ~チンカチンカのしゃっこいルービー~

開口一番が前回と同じだが、
DSC03774.jpg
2015年9月28日の満月は「スーパームーン」。



楕円軌道で地球の周りを回る月が、最接近したんだそうだ。


その為、見た目の直径が最小の時よりも1.14倍、明るさも 3 割増しになったという。
DSC03778_201509282153325d4.jpg
…確かに気持ちデカイような。


しかも今回は満月だったので、余計にその現象を強く感じられた。


見事ですね
DSC03779.jpg
…いや、月もそうだが、最近のデジカメの性能も。


手軽に扱えるのに、こんなシッカリ撮影出来るなんて。




イギリスだかどこだかの研究機関が、ある調査をしたそうだ。


「月と犯罪発生率との関わり」


月がどのような状況の時に、犯罪が発生し易くなっているか、という研究・調査だったらしいが。


結果、


満月の晩の犯罪発生率が一番高い


…という報告が実際にされたそうでガンス



何となく理解出来るでガンス。



古来より伝わる吸血鬼や狼男のような「獣人伝説」にあるように、
魔の眷属がその魔力を遺憾なく発揮するのが満月の夜だったという…。


…まあ、現代は四六時中犯罪が発生しちゃってる、恐ろしい状況ではありますが…




でも、そんな悪者を酒場逃亡記は決して許さない !!

シトに迷惑かけるような輩は、月に代わってヲシヲキよッ !!





はい。
天罰覿面ブログ、酒場逃亡記です。


今回も毎度毎度の自宅呑みです。



以前、 カーノさん と熱海で遊び倒した時に、熱海駅前のコンビニで購入した、

熱海ビール。


所謂、地ビールですな。

我杯的にいかにもなヲ土産が欲しかったので購入。


そんなウレシイ一本を、
DSC03275_20150927004129e20.jpg
冷凍庫にてチンカチンカに冷やしたキージョツに注いでみた
(↑ ホッピーのだけど…)



この冷え具合…。


如何ですか、なぎら 先生 !!


やはり、飲み口…キレとかコクとか…は一般に市販されているビールとは違いますね。


独特の味わいです。





毎度ヲ馴染み、会津の植木屋商店 3 からの…



我杯のヲキニ、「風が吹く」の蔵元、白井酒造店 3 の
DSC03278_20150927004130296.jpg

「秋安可”り」萬代芳特別本醸造生


…を調達


DSC03277.jpg
あきあかり。


呑み口は、
DSC03279_20150927004132b97.jpg
辛い。


フルーティーな香り・味わいのファースト・インパクトの直後に訪れる、辛口の旨味がズシンと舌上に。



しかし、約19度ある…


美味いヲ酒ほど、取扱注意なのだ


秋口ですからね、
DSC03280_2015092700422845a.jpg DSC03282_20150927004229d2a.jpg
新漁サンマ塩焼き で嗜んでやりましたよ


国家予算に匹敵する価格で購入した原子力・ヲーブングリル「消し炭くん28号」で程好く焼かれたサンマ 3 は、我杯が傾ける萬代芳のベストパートナーと相成りました。
(↑ 満悦)



同時のヲ取り寄せで、鶴乃江酒造 3 の一本、
DSC03284_20150927004231958.jpg
会津中将特別純米


解説、どうぞ
DSC03285_2015092700423229f.jpg
ひやおろし。


一緒に取り寄せたのが、インパクトの強い一本だったので、
DSC03286_201509270042335e1.jpg
コチラに呑み口は柔らかく、優しく感じられました。




だからホレ見ろ、この2本は「瞬く間」だよ



我杯が会津のヲ酒をこよなく愛するのは、呑む直前に楽しめるその「香り」もウマイからであります。


まあ、シトによって好みは異なると思うのですが、少なくとも我杯はワインのような、一種「果実酒」のような風味に魅かれるのであります。



「じゃあ、日本酒じゃなくてワイン飲めよ」




…いや、違うんですよ。



ワインはいかにもな果物じゃあ、ないですか。




日本酒は言わずもがな、ヲ米のヲ酒。



それがどうしてこんなフルーティーな風味を醸すに至ったノカ !?



そんな一口、一口に出逢い続けるうちに、その魅力に落ち込んでいった…



これが、我杯と日本酒の最初の出会いでした。







…んん !?




何の話だ、これ !?

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login