酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大逃亡 2015 ~ 女川見聞録 ~

いや、ゴイスーですね !!


今(2015年)は『未来』だそうですYO !!

1985年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で描かれた未来世界が何と2015年10月21日だったそうで。

それに因んだイベントが行われました、なんてニュースを見て、エラク感心してしまったんですよ。




当時この映画を観て、未来てのは様々な技術が格段に進歩して、素晴らしい世の中になってるんだろうなぁ、と想いを巡らせたモンだが…。


果たして、「今」は素晴らしい世の中だろうか?


何だか、ヲっかない出来事ばっかりだ。


我杯的に恐ろしいのは、あの横浜のマンション問題 !!


手抜き手抜きの杜撰な工事で、自身の生活がまさしく根底から揺るがされるなんて、他人事には思えない !!



まったくもって施工管理者か?
ドイヒーな事やらかすモンだ !!



こんなニュースばっかりだから、これからの「未来」には不安がテンコモリだ…




そんな訳で、こんにちは。

いつもヲ酒に前のめり、酒場逃亡記です。


旅先で呑みまくる「大逃亡2015」、8時間をかけて宮城県は女川に辿り着いた我杯。
DSC03458.jpg

コチラの駅には入浴施設である、

女川温泉「ゆぽっぽ」

…なる施設があるんでヤス


長旅の疲れを癒すにはウッテツケ !!



ここでヒトップロ浴びたいが為に、わざわざ疲れるやり方で来たんでヤンスよ。
(↑ 本末転倒)



…って、実は何年か前にもここには訪れたことが。


その時は、浴室に大きな「信号機」があって、赤や青に切り替わって電車の発車時刻を教えてくれるという、ヒジョーに情緒溢れるトコだったのだが…。




しかし !!

今回は元気に生まれ変わった女川駅の温泉をシッカリ楽しませてもらいましたヨ !!




復興応援に様々な著名人が訪れているようですよ。
DSC03477.jpg

…。
DSC03478.jpg
大変大変。


駅舎には展望フロアがあり、
DSC03460.jpg
海へと続く景色を一望できる。

DSC03464.jpg
もう、海はスグ目の前。

DSC03466.jpg
2015年3月21日に新しく再スタートした女川駅。


チョイと駅前を見て歩いてみましゃう
DSC03468.jpg
復興・開発が進む駅前。


何でも2015年12月に新たな町開きを予定しとるそうで、
DSC03469.jpg
様々な飲食店や施設が開業するそうだ。


「その時には是非ともまたいらして下さいね !! 」


ヲ土産屋のヲ姉 3 にかなり力強く言われたので、こりゃ、再訪は確定ですな…笑




…なにか、大きな物が転がってますが…
DSC03472.jpg
コチラは以前はもっと海寄りにあった建物(
交番)だそうだ。

それが土台ごと何百mも内陸へ流され、ここに…。


何という…。
DSC03473_20151024165708138.jpg
建物が丸ごと浮かされ、転がされ、流された。



この災害がいかに恐ろしく、大きなものであったか。



改めて垣間見た気がしましたよ。


因みに、これは「災害遺構」として残され、後世に災害の大きさを伝え遺していくそうだ。




しかし、立ち止まっていないぞ、女川 !!
DSC03474_201510241657108a5.jpg
確かに、未来へ向かって着実に進んでいるぞ !!

DSC03475_201510241816331b2.jpg
この地にて数多く見られるウミネコが翼を広げた姿をイメージして建造された新駅舎。


ウミネコのように空高く羽ばたけ、女川 !!
DSC03479_20151024165900d4e.jpg
女川の未来に !!




未来とは ?

1秒後、明日でも来年でもなく

「たった今」から始まるんだ

僕らに見えてる全ては過去さ



(SKE48『未来とは?』)



滞在、1時間半ほど。
DSC03480.jpg
ヲ迎えの電車が入線してきますた


短い時間だったけど、
DSC03482.jpg
女川という場所を今まで以上に知ることが出来ましたよ

DSC03484_2015102417004588a.jpg
Arrivederci !! Onagawa !!

I`ll be back !!


16:36(ヒトロクサンロク)時。
DSC03486_201510241700485d5.jpg
夕陽に向かって列車はトコトコ




今回の旅の停泊地は石巻。


メイン・コンテンツである呑み歩きをいよいよ実行に移す時がきた。




それは次回の講釈で




旅はまだまだ続きます

tbc.jpg

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login