酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大逃亡 2015 「石巻の夜を呑み尽くす !! 」 その2 ~ 石巻・味彩 しん家、B.FRIEND ~

…うあ~…。


もう「年賀状発売」とか…


ついこの間、グズグズなのを各方面にヲ送りしたばっかだと思っていたが…


もう少し、ゆっくり「生きさせて」くれませんかね…


…来年のカレンダーとかしっかり予約しちゃいましたが…笑



さて。

宮城県は石巻の夜を堪能する我杯。

次なる一軒を求め、夜の街を徘徊する…


「さるとびエッちゃん」を発見…。

街灯に照らされるエッちゃんは少し寂しげ…


子供が夜、一人ぼっちで外に佇んでいる姿なんて、あまり見たくないネ…


…。
DSC03526_2015102720072740f.jpg
「動物」ときたら「シートン」ですか。

「ヲ~い !! 」ときたら、「ヲ茶」みたいな。
(↑ 登録商標。もしくは中村君)


そんな道中、感じの好いヲ店を発見


今宵の二軒目は、
DSC03539_2015102720072753b.jpg

味彩 しん家


コチラに潜伏することにしましゃう
DSC03541_2015102720073070f.jpg
温かみを感じる看板と照明が決め手

DSC03540_20151027200729d6d.jpg
呑み歩きして思うことは、「二軒目こそ勝負 !! 」つーコトだ。


一軒目での盛り上がりを、如何に持続、若しくは更にアゲていくか。


テキトーにヲ店をチョイスすると、変なのに遭ったりして全てが台無しになる時があるのれす



さて、この「しん家 3 」は…?
DSC03528_20151027201055e68.jpg
大正解 !!


落ち着いた雰囲気の店内。
DSC03530.jpg
先に潜伏した「三吉 3 」が大層に賑やかだったので、この空気のギャップはナイスなメリハリである。


流石、我杯


カウンター席、ヲ品書きを眺める。
DSC03531_20151027201058ca3.jpg
ふ~む、ふむふむ…


やはり石巻の地酒を頂戴するべきでしょう

先に「日高見」を頂戴していたので、もう一種の石巻地酒、
DSC03532.jpg DSC03533.jpg
墨廼江(すみのえ) 純米吟醸 (墨之江酒造㈱)を頂戴する。


甘さを感じさせながらも、すっきりとした余韻で喉を通り過ぎる感覚…


ヲ通しの厚焼き玉子と穴子の蒲鉾が美味しくてウレシイ


先客 3 も落ち着いた雰囲気の中で杯を傾ける
DSC03529.jpg
地元の皆さんでしょうか。


酒肴の画像納めながらニヤニヤしててスンマセンでした…笑



ところで石巻は鯨料理の街としても有名。


カウンター上に貼り出されたヲ品書きの中に、鯨料理が数品。

その中から、
DSC03534.jpg
鯨紅白造り


…をばチョイス

赤身と脂身(トイ)を生姜醤油で頂戴する。


DSC03535_20151027201417c30.jpg
馬刺しや牛刺しに近いながら独特な食感の鯨の赤身に、極端なしつこさはない脂身。


その二つを同時に口に放り込む !!




…。







fhhhh.jpeg
(↑ またもや)




なんということだ !!

もはや、ネ申 美味 である !!
DSC03538.jpg
赤身の旨味をトイの脂がしっかりと抱え込み、口中に強烈な味わいを展開させる。


脂身の陰から再び赤身の旨味が顔を覗かせ、その旨味を脂身がまた包み込む…。


これは美味さのエンドレス・ワルツや~
(©彦麿呂 先生)



ヲ酒も料理も美味かった !!


流石に我杯 !!


何から何まで外しが無い !!


エライぞ !!
(↑ ははは)


二軒目も大成功 !!




せっかくの大逃亡。

三軒目を目指して夜の石巻を彷徨する…。
DSC03546_20151027201422141.jpg DSC03547.jpg
そこかしこに夜の灯。

 DSC03543_20151027201716ae1.jpg
フラついていたら、先ほど呑んだ「墨廼江酒造 3 」を発見。
思わぬ表敬訪問。


今度は更に雰囲気変えてスナックとか行きたいな~。

よしゃ、ここは路線変更、玉袋 筋太郎 先生ばりに「ナイトスナッカーズ」だ !!


…と、意気込んだトコへ、ヲ店からヲ客 3 を見送るママ 3 の明るい声が聞こえた。


ママ 3 が引っ込んだトコがコチラの、
DSC03553_201510272017176db.jpg

B.FRIEND


…なる扉。


先ほどのママ 3 の明るい声に魅かれて扉を開く。


あの~…飛び込みなんすけど、いいッスかね???
(↑ タマ先生ばりにしゃがれ声で…笑)


「あら、今外にいらした方ね。どうぞどうぞ


やはり明るく歓待を受けることが出来た


カウンターにて 先客 3 と。
DSC03549.jpg
地元の御常連 3 が我杯を迎え入れてくれた


我杯が埼玉帝國からの旅行者であることを話すと、同じ関東・茨城県での大雨による堤防決壊の話題になった。


「あれは我々としても心配なニュースだったよ」


と、おっしゃるのはここ石巻で生まれ育った生粋の石巻人 !!


いやいや、石巻も大変な事でした…。


「いや、それでもこの石巻は素敵な所だ。素晴らしい所だ。

アナタも是非に引っ越していらっしゃい
…笑



…いや…少し前に自宅購入したばっかりなんで…
…へへへ…


「うん? そうなの?
でも、もうローンなんか終わったでしょう???」




…まだやがなっ !!

30ウン年、先やがなっ !!



「ウェルカム・ドリンクをどうぞ ♪」



ママ 3 が差し出したヲ酒は… !!
DSC03550_20151027201720904.jpg
蒼天伝

…ではないですか !!


流石に地元、やはりめぐり会えましたな


DSC03551_20151027201810006.jpg DSC03552.jpg
嬉しい一杯を有り難く頂戴する
ヲツマミには蜆の干物で肝臓もウレシイ


御常連 3 が先に退出


「また石巻にいらっしゃい




…必ず !!







この時点で22時近く。

時間的に余裕はあるものの、早朝から動いてた身にはそろそろ限界…



明るいママ 3 に別れを告げ、今宵の宿泊先へ。



もうヘロヘロ…
DSC03554_20151027201812867.jpg
…でもなかった。


これだけやれば当然だが、この上ない達成感である



正直、余力は残した。


もう全力は出来ないから…凹


明朝も「予定」が目白押し。



宿に無事に帰還した我杯は、何とか明日の支度を整え、ベッドに横になるや否や即死。



夢すら見ない、泥のような眠りに就いたのだった…。


tbc.jpg

Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login