酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大逃亡 2015 「仙台・青葉城 !! 独眼竜と独呑竜 !! 」

相変らず「ヤマト2199」観ながら泣いてる我杯。
yamato_03.gif


絶対伝わらないと思うんですが、あの不朽のBGMに合わせてヤマトがズドババーン !! てな感じで浮上する場面でガンガンに泣いちゃうんですよ。


もう何回も繰り返して見ている場面なんですが、何だって杏奈に勇ましいの??? カッコイイの???


…てな感じで…


「依存症」か…?



さてさて。

このバカモノ・ブログ的にいまだ我杯は宮城から帰還してヲりません…笑


石巻から帰途に就いた我杯、仙台に向かう列車の中にて。


まさに僥倖

マンガッタン・ライナー に遭遇


石ノ森キャラのラッピング編成が走行してるんですよ。
(↑ 大歓喜)

DSC03638_20151114173743931.jpg
サイボーグ戦士の編成に巡り逢えた


フランソワもタマランが、
DSC03639_20151114173745b72.jpg
女性車掌 3 の笑顔もステキ


松島を通過中
DSC03641_201511141737468e7.jpg
ホンマに風光明媚やなぁ~

旅行って、こーゆーことなんだな、シミジミと実感した一時…


仙台に到着
DSC03643.jpg
ブリ子ちゃん、今回は本当に楽しかったヨ


我杯、仙台に降臨。
DSC03644_20151114174259a81.jpg DSC03645.jpg
…大宮みたい…笑

もし、仙台在住の方が埼玉帝國の首都・大宮にいらしたら、見比べてみて下さい。


本当にクリソツな在り方だと思いますヨ。



でだ。

せっかくの杜の都。


ミドコロは抑えなアカンと、青葉城表敬訪問を画策。


アシはバスが無難。


…なのだが、どうにもバスという乗り物がニガテなんである


どこへ行くか分かりにくい


似たようなトコを走りつつ、全く見当違いのトコへ運ばれてしまうこともしばしば。


そこへきて方向音痴も手伝い、今回も観光案内所で懇切丁寧な案内を頂戴したにも関わらず、やはり目的の場所とは違う行き先のバスに乗り込み、右往左往…


それでも何とか青葉城址に到着…。


大勢の観光客に紛れ、仙台のハイライトに心躍らせる…



ふ~む、ふむふむ…
DSC03648.jpg
「昭忠塔」つー慰霊碑なんですってね。


ところがですね、
DSC03650_20151114174303be2.jpg
これは本来の在り方じゃあ、ないんですよ。

本来ならば、この塔のテッペンに金鵄(金トビ)鋳像なる物があったらしいんですが、先の震災で崩落、損壊してしまったという…


画像を拝借したのわさ。
syoucyuutou.jpg
現在、キントビは修復中だそうです。



さて、もちろん、この方にヲ目通りしなければなるまい !!
DSC03651_2015111417430514a.jpg
独眼竜 !!


どーしたって、ワタナベケンなイメージなんだが、

DSC03653_20151114174433e7f.jpg DSC03657.jpg
ベスト・アングルは逆光。


巡光で撮るなら、
DSC03665.jpg
ヲケツ・アングルだった…笑


我杯は「独り呑み」を専らとするニンゲン。
DSC03656.jpg
独呑竜、独眼竜と乾杯 !!


…んふふ…。

世が世なら、即刻に打首な所業…笑



仙台の都を眺める。
DSC03646_201511141744399e8.jpg DSC03647_201511141746070dd.jpg
この高見から何を見た、何を思った、独眼竜。


一国を治め、その先を見据えた漢、この現在の光景も予見していた…?


我杯にしては実に珍しい、
DSC03662.jpg
ド真っ青な快晴
(↑ ド雨男)


本ッ当に !!

気持ち良かったワイ




青葉城跡を眺める。
DSC03658.jpg


ふ~む、ふむふむ…
DSC03659_2015111417461181e.jpg


ヲ城つっても、
DSC03666.jpg
平屋?だったのね。


それにしたって、立派な造り


何坪???


けっこう広いよね?


掃除、大変じゃない???
ヲ掃除ロボちゃん、10台じゃあ足りないよ???


つか、固定資産税が嵩むよね???
(↑ ロマン皆無)





売店にて、
DSC03667.jpg
ずんだ、ずんだ。

何となく仙台をコンプリート



DSC03668.jpg
本当にタイムマシンがあればなぁ、と思う。


この時代に訪れて、戦国武将の生き様を垣間見てみたい。


生死を掛ける時代に生きた、ニンゲンの凄みと向き合ってみたい。


…多分、1秒も対峙出来ないだろうが…


帰りのバスにも難儀した。
DSC03669_20151114174808d76.jpg
どこからどこへ行くのか分からない。


バス旅やってる太川 3 や蛭子先生のキゴコロが知れない…笑



それでも何とか仙台駅に帰還。
DSC03670_2015111417493316e.jpg
乗るべき新幹線まで、1時間少々はある。


せっかくなので、仙台のを堪能することにするのだが、コレマタ次回の講釈で


「大逃亡2015」、まだまだ話を引っぱるる~ !!

tbc.jpg

Comments

 
そういえば大宮と仙台、西口は似てますね。
町並み的には大宮の西口は仙台の東口、大宮の東口が仙台の西口に近い感じですけどね。
さらにコンパクトにした感じが宇都宮でしょうか。

仙台城址は僕も以前関東からの友達の案内で行きましたが、皆さんずんだ餅を食べる中、一人だけ地酒をいただいた記憶が…
たしかずんだ餅売ってるところで一か所だけ浦霞禅があるんですよ←
おじゃまします 
ご無沙汰でお邪魔します。
お元気そうで何よりです。
女川にも足を延ばして頂きありがとうございました。
Re: タイトルなし 
to れぢすた 3

いつもヲ世話になってヲります。


埼玉帝國臣民の当方にとって、仙台駅前は何の違和感も無かったですわ。


惜しむらくは、ズンダに心奪われてヲ酒に気付かへんかったことやわ~凹




to 5025 3

コメント、有難うございます。


御覧の通り、ヲバカな内容のバカモノ・ブログです。

旅先でロクでもない所業ばかりでしたが、確かに心に残る経験をさせてもらいましたヨ。

これから、もっと魅力的になる女川を楽しみにしています !!



> そういえば大宮と仙台、西口は似てますね。
> 町並み的には大宮の西口は仙台の東口、大宮の東口が仙台の西口に近い感じですけどね。
> さらにコンパクトにした感じが宇都宮でしょうか。
>
> 仙台城址は僕も以前関東からの友達の案内で行きましたが、皆さんずんだ餅を食べる中、一人だけ地酒をいただいた記憶が…
> たしかずんだ餅売ってるところで一か所だけ浦霞禅があるんですよ←

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login