酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


大逃亡 2015 最終章 ~ 仙台・松島…また逢おう !! 約束の地よ !! ~

いつも通りのクダラナイ前話。


我杯の勤め先ってのは、少人数で多くの業務を片付けなければならない、余裕の無いトコ


我杯は今の勤め先に就職してから、(表記を略して)『JG』という実務系の部署に専属されている。


で、どこの企業でも実務と事務で仕事を連携して運営しとると思うのだが。


そんなある日。


我杯はとある所用で事務方へ内線を入れた。


その応対に出たのは事務の小娘。



普段は何も言わんとハナシが通じるシトがいるのだが、この小娘ではどうにも話の詳細が回りくどくなる。
gzgz gzgz gzgz


面倒に感じた我杯は、「後でJGを呼び出してくれ」と内線を終わらせようとした。


すると、小娘は、



「JGの~、誰ですかぁ???」





…。



 
chauyaro-1.jpg

はぁっ !?






自分で言うのもナンだが、我杯はこの十数年、このJGという部署にて動いてきた。


即ち、JGと言えば我杯であり、我杯と言えばJGなんである。



それを、


「誰ですかぁ???」


…だと !?



この会社に勤めながらも、JGの我杯を知らないィッ !?




怒り、呆れ、そして、地球…。



全てを通り越してしまった我杯は小娘に、
sr
「JGのサシハラです」



…と返答してやった。


これで小娘も自分がからかわれてるのが分かるだろう。

我杯の底意地の悪さ、発動である



…しかし、小娘は、


「はい、分かりましたっ。JGのサシハラ 3 ですねっ」




復唱しやがった !!




…後に伝え聞いたハナシに依ると、その瞬間、


「サシハラァッ !?

ウチの会社にそんなのいたかっ !? 」




事務所内は騒然となったそうだ
…笑



さて。

仙台・青葉城址にて独眼竜との邂逅を果たした我杯、

仙台駅前へ舞い戻った



帰途に就くまでに時間があったので、賑やかな駅前を徘徊。
DSC03671_201511222146568bc.jpgDSC03672_20151122214657ff9.jpg
気軽に立ち呑める一軒があったのだが、この日は休業


…そことは別に、ほぼ満席状態で賑わう一軒を発見。



潜伏を試みたが、


「あ。今、開店前なんで」


ヘラヘラしたコゾーに にべも無く入店を断られた



…じゃあ、ここでジョッキ傾けてる皆さんは何だよ !?



クソ不愉快になった我杯は駅にトボトボと舞い戻る。



エキナカにもヲ店はある。


我杯はそれでも事前に調べてヲいた、
DSC03681_2015112221465963e.jpg



DSC03682_201511222147013cb.jpg

松島


…へと潜伏





これは心響くでは内科…


カウンターに着陸した我杯、先ずはの一杯に、
DSC03674_2015112221492819f.jpg
乾坤一 特別純米 (宮城県・大沼酒造店)


…をば


ヲツマミには、
DSC03675.jpg
へそ大根と仙台麩煮物


…の、染み染みうまままま~ を頂戴する。


説明しよう !!


「へそ大根」
とは、輪切りにした大根が茹でられたものを、串刺しにされて約一ヶ月ほど干したものであるッ !!
串が刺さっていた部分が穴として残り、ヘソのようにみえるトコロから呼称されたのが由来ッ !!


今回は、宮城県は丸森町・筆甫(ひっぽ)産の一品。


店内。
DSC03676.jpg
隣席のヲ客人は、「ほろ酔いセット」なるものにて杯を傾ける。


モチロン、一杯で済まない我杯、ヲ品書きの片隅に記されていた、


「メニュー以外の地酒を取り揃えてヲります」


…の一文を目敏く発見。


スタッフに問い合わせると…
DSC03678_20151122235258f3f.jpg
どんどんどんっ


「さあぁ~? どれをヲ召し上がりになるんですかぁ???」


スタッフの挑戦的な笑みに我杯の酒呑み魂も燃え上がる



この中からは「美山錦」にて醸された、
DSC03677.jpg
龍蟠(りゅうばん) 純米吟醸 (秋田県・合名会社 鈴木酒造店)


…をば頂戴した。


仄かに香る甘い風味…
DSC03679.jpgDSC03680_201511222151301f3.jpg
後に、じわり、と拡がる辛味…。
そして、その辛味は ふっ と消え行く…。




素晴らしい…


この龍蟠を シラス盛りの塩味で流す




この潜伏時にいた(パート?)店長 3 、どうやら「仕掛人」


日本酒をニヤニヤしながら啜る我杯を、


「コヤツ…酒呑みやな…」



…と、看破したか、我杯との酒談義に花が咲いた…



いやあ、美味しかった !!
DSC03684_20151122214924a6e.jpg
飯・魚・・肴、そして、地球…。


今回は本当に宮城を呑み倒した !!


満悦な我杯、いよいよ出発時間を迎える。



多くのシトで賑わう仙台駅。
DSC03686.jpgDSC03687_20151122215133d1b.jpg
「嵐」の皆さんでウカれる御婦人方を尻目に、搭乗すべき新幹線をチェック


…本ッ当、アイドルで騒ぐ輩ってカッコワルイよね~???

(↑ どぅくし )




来た来た !!

我杯、「はやぶさ」初搭乗 !!

DSC03688.jpg
エメラルドグリーンの車体 !!
これでもかクラスにシュッ、と延びたロング・ノーズ !!

開発者 3 の空気抵抗減らしてやる !! という意気込みが伝わって来て、

rena
『ああぁん !! もう !! ひゃあぁ !! 』って、感じだよねっ !!
(↑ 御本人・談)




はやぶさ は静かに仙台駅を滑り出す。


さらば宮城、約束の地よ。


今回の旅は我杯に多くのものを見せてくれた。


決して忘れまいぞ。


決してこの1回で終わらせまい。


必ず再びヲジャマさせてもらいますヨ !!


誓いを胸に、
DSC03695_20151122221614ecc.jpg DSC03704_20151122221614e04.jpg
我杯は牛タン笹カマボコを齧りながら、一ノ蔵を傾けるのだった。


夕闇が迫る。
DSC03705_20151122221615c8c.jpg
その車中にて、我杯は実感する。


やはり、新幹線てのは素晴らしい乗り物だ。


だってですよ、空に浮かぶ雲が、
DSC03706.jpg
そのカタチを変える前に、

DSC03707_201511222217389c3.jpg
見え方が異なる角度まで到達するのだから。

如何に新幹線が長距離を高速移動しているかが理解出来る。



日本の技術は銀河一ィィィーッ !!
DSC03708_201511222217407c0.jpg
我杯はほろ酔いながら、最高技術の一端を堪能するのだった…。



「…航海長 !!

間も無く利根川を通過します !!

…埼玉帝國です !! 埼玉帝國に還ってきたんです !! 」

yamato
「ひゃっはぁぁぁ~っ !!

埼玉帝國だ !!

やっと還ってきたなっし~ !! 」

(↑ ???)


(…ようやく…)
yamato
(ようやく埼玉帝國に戻ってきたか…。

どれだけ引っぱるるか心配したが…。

何とか今回のハナシを終えられそうだな…)

(↑ 本心からの大安堵)



埼玉帝國の首都・大宮に降り立った我杯は、
DSC03709.jpg DSC03710_20151122221743619.jpg
何故か毎度ヲ馴染み・ カーノさん とバカモノ山返しを繰り広げたのだが、

これはまた、
DSC03715.jpg DSC03727.jpg
別の機会にて語られるべきであろう。


トドメの一本は何故か、
DSC03729_20151122221855bd4.jpg
鹿児島ハイボール。

実にガッツリとした味わいに、女川も石巻も無かった事になりそうだった…笑




そして、自宅最寄り駅に到達…。
DSC03732_201511222218570a9.jpg
最後の最後まで楽しみ倒した今回の旅。


過去、様々な方面へ赴き、様々な体験・見聞をしてきたがこれほどまでに内容の充実した旅はなかった !!





この「大逃亡2015」を採点するならば間違いなく、
DSC03567_2015112300452702d.jpg

満点 !!



そして、今回の「大逃亡2015」は、


9月の連休中、その中の



一泊二日



…の行程にて敢行されたものでございました…。





chch

Comments

軒一郎さん 
お疲れ様でした。宮城県堪能できましたか?軒一郎さんが宮城に逃亡してた時ワシは仙台市内の病院に入院してました。今は退院しましたが帰りに仙台駅なかのお土産屋で日本酒買いましたよ。一の蔵の原酒と金龍のひやおろしを。明日飲みますよ。
Re: 軒一郎さん 
to ガチムチぬこ親方 3


コメントありがとうございます。

入院されていたとのことですが、その後の体調はいかがですか???


…って、退院帰りにヲ酒をシッカリ購入されていたようなので、万全ですかね?…笑
 
次回はご連絡いただければ仙台駅前の酒と魚揃った店ご案内しますよ
ちなみにこの松島はうちの父が仙台で仕事関係の集まりの後によく行ってる店ですw
軒一郎さん 
かなり良くなりました。ま、色々あって後遺症は残りましたが日常生活には問題ないです。日本酒日本にニッカの竹鶴と宮城峡、ハイニッカスーパーニッカの復刻版を購入してホクホクです。駅の地下街の蕎麦屋で蕎麦を手繰りながら飲む日本酒の旨さは格別ですな。金華サバの刺身も旨しですぞ〜。
Re: タイトルなし 
to れぢすた 3

いつもヲ世話になってヲります。

いよいよおの酒場巡りも れぢすた 3 のヲ力を拝借する時が近付いてきたかもしれません。
(↑ ニヤリ)

次回にヲジャマする機会には 是非とも、です。


…つか、コチラ、関東にいらっしゃる機会があったらそれこそ御連絡下さいませ。

「大宮の迎賓館」と呼称される「いづみや」にて会合やりましょう !!…笑



to ガチムチぬこ親方 3

後遺症とは、穏やかな話ではないですね…

…と思いきや、随分な摂取量…。

それだけ杯を傾けたら、病気の方から逃げ出しますよ。

「百薬の長」ですからね !! …笑
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
to軒一郎さん
確かに裸足で逃げ出すでしょう(笑)

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login