酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ボクラの「いこい」通信 ~ 杉戸・大衆酒蔵 いこい ~

いつもヲ世話になってヲります。


何だか我杯がヤバイぞ。


日常生活の中で、ふと「支障」が出てくるように。


買い物に出掛けて、何を買いに来たのか忘れてしまったり。


はたまた、「とある武道」の稽古時に着用する袴。


最近、どうやって穿くのか迷ってしまう時が…。




…コレって、何???



…ま、まさか、若年性なんちゃら に片足突っ込んでしまったのだろうか !?




だとしたら、このバカモノ・ブログが忘備録になるのか !?




…ヲバカな記憶しか残らない…



DSC04715.jpg
毎度ヲ馴染み「いこい 3 」


今日も今日とて暖簾を潜る
 DSC04504.jpg
今回も何も考えず、レモンサワワと末廣を傾ける。


するとヲバチャンは、
DSC04505.jpg
カキフライ


…を繰り出してきた。


ヲバチャン曰く、

「アタシが食べたいんだよ」


…何だ、そりゃ…笑


今回のメインディッシュは、
DSC04512.jpg
鰯の塩焼き


いや、なんたって、
DSC04513_20160312150746988.jpg
(↑ 可哀想な我杯、手が荒れている…凹)


鰯とは思えない脂のノリ !!


こんな訳で、一杯が二杯、二杯が…となる。



また、ある日。

会社が休みだったので、珍しく夕刻に潜伏
DSC04545-1.jpg
呑み友達の シマちゃん からもらったヲバケ大根をヲスソワケに出向いた。


「あいよ、コレでも食べな


刺身好きの我杯にマスターが供してくれた、
DSC04547_20160312151225bff.jpg
ヒラメえんがわ、シマアジ刺


今回も飛び出す、
ummmm.jpg
DSC04546_201603121512260a0.jpg
いかわた !!


この一つまみで末廣がまるっ、と一杯呑めてしまう奇跡の味覚 !!



思わずヲ代わりを所望 !!
DSC04550_201603191805044f5.jpg
(↑ 二皿目…笑)



更には自宅用のツマミとして一切れヲ持ち帰り !!


いかわた を最初に調理した人にノーベル酒肴賞を差し上げたい…。






また、ある日。

我杯がこの冬、ブリ大根ばっかり食べてた話をしたら、
DSC04595.jpg
角煮大根


…が飛び出した。


…ううむ、この色、このテリ、この味わい…


やはり、「プロの腕前」には敵わヌな…





前回頂戴して美味だった、
DSC04596.jpg
シマアジ刺


…を、リピート・ヲーダー


やはり、刺身が一番安定して楽しめるワイ。



この日は早々にマスターもヲバチャンも着席、
DSC04731.jpg
我杯と杯を合わせることに


「ああ、そうだ。これ食べなっ」


いかわた の感動が形を変えて再び、
DSC04734.jpg
いかわた ホイル焼き


…となって再登場。



いや~、なんて言ったって、アナタ !!
(↑ 誰?)
DSC04738.jpg
このワタが塩っ気を通り越して、甘さを感じてしまうワケさ !!


割り箸に染み込んだ僅かなワタでさえ、杯を半分空にする威力を持ち合わせているのさ。


そりゃあ、呑み過ぎたって仕方が無いじゃあ内科。



毎回毎回、末廣を傾けている我杯が喜んで呑むだろうと、ヲ店で販売元の「末廣酒造」の頒布会をヲーダーしたという。


ウレシイじゃあ、ござんせんか…



冷と燗、それぞれのヲ酒が1本ずつ届けられるそうで、先ずは冷でヲイシイ、
DSC04860.jpg
純米吟醸生 一雫


で、このコと一緒に届いた燗酒タイプは、
DSC04927.jpg
きもと純米 雪ふうせん


毎回、同じ「末廣」ばっか呑んでるので、これは新鮮な味わいである。



また、このヲ酒のラベルは、会津大学短期大学部の学生 3 がデザイン。

ヲ酒のラベルにしてはヲンナノコらしい図柄なのはその為。


うん、カワイイかわいい。







チョイと組み合わせは びみょ~ だったが、これらのヲ酒を、
DSC04926.jpg
ぼんじり串焼き


…のムチムチ食感で楽しむ。


この、口中に粘りつく食感が美味いのだ。




はたまた、コレはまっことヲいしゅうござんした !!
DSC05006.jpg
純米大吟醸 ゆめのかおり


まろやかな味わい、呑み口…



思わず、「こりゃウマイ !! 」を連呼。
DSC05008.jpg
「そんなに美味いならアタシにもチョーダイよ」

ヲバチャンも乗り出してきた。


いや、しかし、コレはマコトに美味である !!


それなのに、マスターが乗ってこない…。


いつもならマスターも一緒になってヲっ始めるのだが。


実はこの前日、「いこい 3 」の御常連 3 有志による宴会を繰り広げていた。
(↑ 当然、我杯も)


その時、マスターはコレデモカ級に呑んでいたので、ヲ酒を受け付けられない状態…。


…仕方ない、この一本は我杯が責任を以って…



「ヲイ、取っといてくれよ !!




…仕方ない、半分だけ残してヲいてあげよう…

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login