酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


「酒場」 それは活力なり !! ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

自身に失望し、ショックを受けた、というか…


まあ、日々、好き勝手やらせて頂いているとは言え、そこはホレ、傍若無人にはならないように気を付けてはいるんですよ。


自己完結というか、決して他者には迷惑をかけないように、隅っこで静かに、目立たずに…


ところが…???


我杯をそれなりに視界に入れつつ、何かしらの指標というか、軸としていた(奇特な)方から、


(我杯の事を)それなりに目標にしてたんですけどね !!

今やタダの呑んだ暮れ !!

ガッカリですわ !! 」




…まあ、フランクな席での言葉だったんで、さらり、と終わった会話の流れだったのだが。


何だか、後からジワジワとボデー(笑)ブローのように…



『呑み歩き』自体は悪い事とは思わないが。


やはり、それにかこつけて、アレやコレ、手を抜いているように思われるのか…


シト 様 を故意ではないとはいえ、失望させていた…。


何だか…凹
10ガーン
ガガーン




…否っ !!


断じて、否ッ !!


否、と断ずッ !!



そないなコト言いはったら、酒場そのものの印象が悪ぅなるやヲまへんか !!



酒場が悪ぅワケやヲまへん !!



楽しい一時と明日への活力を見出す最たる場所 !!


それが 酒場 !!


ワテは全国全ての酒場に潜伏するまでは死なれへんのやっ !!




…ん…???


酒場云々ではなく、我杯自身の在り方が問題なのか…???
(↑ ぎゃふん)



…てなワケで、
DSC05026.jpg
降り立つ一ノ割駅。


美味い日本酒が呑みたいという今回の共犯者・ヲイソ氏をモチロンの「やまよし 3 」へゴアンナイ


暖簾を潜ったら、小上がり座敷は団体 3 が大いに盛り上がる。


カウンター席に着陸した我々、先ずはの一杯に「会津中将」をチョイス。
DSC05027.jpg
杯を合わせる。



「やまよし 3 」初潜伏のヲイソ氏。
やはり、
DSC05028.jpg
バラエティ ヲ通し

…に驚きを隠せなかったようだが…???



毎度のことながら、このヲ通しだけで一合は軽く…笑



さてさて。


今回のマスターコダワリの一本は???


冷蔵庫からヲ出でますは、
DSC05029.jpg
川鶴 無濾過原酒
(香川県・川鶴酒造㈱)


我杯的にはあまりヲ目に掛からない、四国地方の一本。


DSC05032.jpg
「中将」と「川鶴」が並び立つ


ヲイソ氏、「中将」の味わいに相好を崩しまくる。




ここで供されるは、
DSC05033.jpg
その日の白和え


マスターがその日取り揃えた具材と気分(笑)で仕上げる一皿。


様々な風味が気持ちよく混在し、杯の傾きを深くさせる…。


…実は、これはマスターのヲーダーミス。


本当は違う一皿を所望したのだが…。


こんな美味しい一品に出逢えるとは、まさしく嬉しい誤算。




今回も頂戴するマスターのほれ込み酒、
DSC05034.jpg
手取川 春純米
(石川県・㈱吉田酒造店)


更には、
DSC05036.jpg
御代櫻 純米吟醸 無濾過生原酒
(岐阜県・御代桜醸造㈱)


…をば


…ははあ…
DSC05039.jpg
これは…イイ…


キリリ、と澄んだ味わいが、舌上にてその存在感を示す。



美味との出会いにヘラヘラする我杯。


ところが今回、(有り難いことに)マスターのヲススメ攻勢が止まらない
DSC05041.jpg
旭鳳 純米原酒 ヲりがらみ・生
(広島県・旭鳳酒造㈱)


…なにやら、裏ラベルに効能(???)が色々と…
DSC05042.jpg

DSC05044.jpg


この一本を仕込んだ杜氏 3 は、
DSC05043.jpg
いかにも、ヲ酒を愛し、愛されている方とヲ見受けしたが?…笑


DSC05045.jpg
この濁り…


我杯が杯を次々と変えるトコ、ヲイソ氏はひたすらに「会津中将」を所望し続け…。


その量、一気に三合へと達する !! (← )
DSC05046.jpg
「いや、ワタシはあまり日本酒は呑み慣れてないんですよ」



それなのに、一気に三合…???






…。





usodarouga_20150429173814662.jpg


しかし、貴殿の「伸び代」は十二分にあるとヲ見受けした !!



これからは、存分に付き合って頂くことにしよう…



さて、呑んでばかりではヲ酒の味は引き立たない。

シメにはモチロンの、
DSC05047.jpg
自家製つみれ団子汁


…にて腹を満たす。


ヲマケで頂戴した、
DSC05048.jpg
玉ねぎてんぷら


…が、美味い。


玉ねぎの甘味がふんだんに引き出され。
DSC05050.jpg
何より、この衣が美しいまでに黄色 !! …笑


良質の油で揚げられた証拠 !!



本日も美味しい酒肴を有難うゴザイマス !!




今回も外しの無い一席を完遂。




振り向き様の「やまよし 3 」。
DSC05052.jpg
駅前、静かな立地に暖かく浮かぶ暖簾は酒呑みの我々に期待と安堵を与えてくれる。





今回も満悦、です !!




今回の共犯者・ヲイソ氏に好い店、好いヲ酒を案内出来たのはヨカッタが。


ヘロヘロになったのは我杯…。





確かにヲ酒は好きだが、強くはないのを自覚済…。



自覚はしとるんですが、ニンゲンは「美味」の前では無力なのだ。




しかし、この効果を日常生活に「活力」として昇華させ、明日へと繋げるのが本来 !!




…どうだす???




しっかりと明日を見据えた呑み方をしとりますよ、我杯は !!




…え???



「ヲ前はそれが実生活に活きていない」…???





…あらぁ…




グウの音も出ない…
(↑ それでも泣かない)

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login