酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼61 ~ 吉祥寺・ 玉秩父~

こんな事を言うと怒られるかもしれないが。


ダメージを受けたニンゲンの、そこから立ち直るというか、その復活力は実に物凄いものだと思う。


熊本の大震災発生から13日で新幹線が、そして箇所によっては一週間で道路が復旧したと報じられている。


流石の中国も日本の「復活力」に驚嘆。
各メディアで紹介しとるそうだ。
f42e5_620_717c107f_70c57f33-m.jpg
(↑ これね)


…いや、中国じゃなくたって、我杯だって びっくりぽん ですわ



…とはいえ、まだまだ災害の被害はこれから明らかになっていくのだろう。


我杯にも何が出来るかを考えながら、微力ではあるが支援を継続していけたら、と思う…。
kumamon.jpg
負けるな !! くまモン !!



さてさて。


リッパなことを言いながらも、記すは酒呑みの話題。



我杯的に珍しいロケ・吉祥寺。
DSC05140.jpg


「原点聖地」の「いせや」に窮屈な潜伏を果たした後、次なる一軒へ向かいちみヲん
DSC05139.jpg
「いせや」とは線路を挟んで反対の方角へ出た。


賑やかな駅前。



そんな一角に、
DSC05130.jpg
我杯の好きな銘柄「澤乃井」の専門店を発見


…スゲー。
DSC05131.jpg
置いてあるヲ酒がトコトン「澤乃井」…らしい。


…「らしい」ってコトで、詳しいことは入店しなかったのでワカリマセン
(↑ テヘペロ)


さて。


この吉祥寺には、酒呑みならば決して避けては通れないスポットが存在する。


それこそが、
DSC05132.jpg
ハーモニカ横丁 !!


あの新宿の魔空空間こと「思い出横丁」に勝るとも劣らない、アヤしいスポット。


DSC05137.jpg
迷路のような細い路地が展開し、その中に胡散臭い(笑)ヲ店が所狭しと軒を並べる。


やはり、何軒か明るいうちから開いている居酒屋が見受けられる


そんな薄暗い路地のドン詰まりに、知るシトぞ知る一軒があるという。


それこそがコチラの、
DSC05136.jpg
ささの葉

…なる一軒。


我杯よりも凄腕(?)の呑みブロガー達が『吉祥寺の名店』と讃えるヲ店。


残念ながら今回は潜伏は叶わなかったが、このハーモニカ横丁の最深部にて一体、どのような光景が見られるノカ…。


是非に再訪せねばなるまい。



さてさて。


次なる「聖地」を求め辿り着いたるは、
DSC05141.jpg

玉秩父

DSC05142.jpg
駅から歩いて5分ほどの通りにヲわしますこのヲ店。
勿論に我等が 吉田類 先生 御降臨の一軒。


暖簾を潜ると、
DSC05144.jpg
小さなL字カウンターがヲ出迎え。

少々寒かったので、北海道の銘酒「千歳鶴」を燗で頂戴する。



一品も温かいものを
DSC05145.jpg
もつ煮込み

…をばヲーダー

DSC05146.jpg
味わい深く煮込まれた具材が口中にてユルユルと蕩ける…

寒い日にはヲ燗と煮込み。
最高の組み合わせなんですよ。



御常連 3 は年配の方々が多いようだ。
DSC05147.jpg
そのせいか、実に寛げる空間が醸されている。

カウンター内、明るい女将 3 と店主が忙しく動き回る。


二杯目に緑茶割りをば頂戴する。



次なる一皿に、
DSC05148.jpg
ホタルイカ


この時期、実にウレシイ一品である。


ゴチソウサマなヲ皿と杯は、
DSC05149.jpg
カウンター上の丸太に返却。
女将 3 が引き取ってくれる。

 

隣席に居合わせた御常連 3 から漬物のヲ裾分けを頂戴した
DSC05151.jpg

いやいや、これはかたじけのぅございます !!
DSC05150.jpg
それではヲ近付きに


創業1972年。
DSC05154.jpg
年季の入ったカウンター。

DSC05152.jpg
店内にも味があります。


…ヲヤ。
DSC05153.jpg
ドスコイな写真が掛けてあるが、実は店主 3 は元・力士なのである。


「玉秩父」という店名は、力士時代の四股名だったそうでして。


だからと言ってちゃんこ鍋はウリにしていない。


あとで分かったのだが、コチラの一軒はとにかく「納豆料理」が秀逸らしい。


…ウムム、キチンと事前に情報は収集せねばならんな !!



我杯が酒場放浪記を観ての潜伏である事を伝える。

女将 3 のヲ話では、 吉田類 先生 はたまにヲ店に降臨されるそうである。


足繁く通えば、 類 先生 と酌み交わせるか !?


いやぁ~、楽しかった !!
DSC05155.jpg
一見の我杯に明るく応じてくれた「玉秩父 3 」、有難う御座いました !!


賑やかな吉祥寺にて、実にゆったりと楽しめる空間でした。





さてさて。
DSC05157.jpg
街が明るく浮かび上がってきたトコで、吉祥寺とはヲ別れ



…とはいえ、まだまだ宵の口。


せっかくの遠征、更にもう一軒潜伏する位の余裕はある


再び電車に乗り込んだ我杯、次なる一軒を求めて彷徨うが、これまた次回の講釈で


旅はまだまだ続きます…
tbc.jpg


Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login