酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


聖地巡礼62 ~武蔵小金井・大衆割烹 壱番館~

ブロガーというシト達なら、どうしたって気付けば、


ネタ探し


…しているかと思う。


このバカモノ・ブログは居酒屋 3 へ潜伏すればそれで立派なネタになる訳だが。



しかし、どーゆー訳か、我杯には黙っていても「ネタ」が転がり込んでくる。


よく申し上げてヲります、


ネタは向こうからやって来る



…なのだが、よりによって…

Image122-1.jpg
コチラ、我杯の愛車・マッハ號Ⅲ世であるが。


…そう !!


燃費がどうちゃらで物議を醸している
「ミツビシ自動車」 !!


我杯の車、まさにソレなんですよ。



…まあ、最初っから燃費なんて気にしてはいなかったが。


だってねぇ。
ウリ文句にある燃費の数字なんて、プロのドライバー 3 が、非常に安定した条件下で弾き出した数値だし。


信号やら渋滞やらで走ったり停められたり。

そんな一般道路上では出せる数値じゃあない事は承知しとるんですよ。


中にはこの世の終わりみたいなクレーム付けてるシトもいるみたいだが…笑


いいんですよ

余計な税金払うような事態にならなければ…


…って、ええっ !?
01_30_10_13003735.gif
そんなハナシも出ているゥッ !?
ガガーンガガーンガガーン



…どのように終結していくのだろうか…



さてさて。

我杯的に珍しいロケ・JR中央線は吉祥寺で酒場逃亡を繰り広げる我杯。

次の潜伏先を求めて電車に乗り込む。


若い命が真っ赤に燃えて~ ゲッタースパーク 空高く~

合体 !! ゲッターロボだ !!
(↑ 分かる方だけ…笑)


そんでもって再び舞い降りたる、
DSC05159.jpg
武蔵小金井駅。

「さしこ」の通称で地域の皆さんに親しまれています
(↑ ウソ)


駅前に展開する繁華街へ潜入
DSC05160.jpg
駅から徒歩2、3分。

この賑やかな通りを脇に入った小さな通りに今回の目的地、
DSC05184.jpg

大衆割烹 壱番館


…は、その暖簾を掲げていた。


もちろんに 吉田類 先生 御降臨の一軒。
DSC05185.jpg
入り口にビッシリと貼られているのは我杯の好物・日本酒のラベルである。


海鮮が売りというのもリサーチ済み。



ヲ店は大箱。
大勢の先客 3 がアチラコチラで盛り上がっていた。


我杯は静かなカウンター席に案内された。
DSC05162.jpg
…ウムム !!


こ、これは… !!
DSC05165.jpg
カウンターにもズラリ、と並ぶラベルの数々… !!

この品揃え…
DSC05166.jpg
我杯に対する宣戦布告と判断するッ !!

DSC05172.jpg
ヲヲっ、我が埼玉帝國の銘酒「花陽浴」のラベルまでッ… !!


当方に迎撃の用意、ありッ !!

DSC05174.jpg
覚悟、完了ッッッ !!


さあ、ジャンジャン持って来いッ !!
(↑ 財布の許す限りですが…)
DSC05163.jpg
ふ~む、ふむふむ…

秋田地酒の品揃えが光る。



ヲ刺身は???
DSC05164.jpg
ふ~む、ふむふむ…


みんな、ヲいしそう…


先ずはの一本に、
DSC05167.jpg
一白水成(いっぱくすいせい) 良心 火入れ 特別純米
(秋田県・福禄寿酒造)


…をば頂戴する。


それでは、武蔵小金井の夜に !!
DSC05168.jpg
ぱんぱ~い !!
(↑ 一人呑みだが…笑)


…後ほど詳しく調べてみたトコロ、どうにも切ない「謂われ」のある一本だった。


ココではその詳細は割愛させて頂くが、ジックリと味わわせて頂きました !!



ヲ通し。
DSC05169.jpg
器の蒼に菜の緑と辛子味噌の黄が映える。



秋田県のヲ酒といえば、
DSC05171.jpg
いぶりがっこ !!


コチラを合わせなければウソだろうが。


この盛りに、板 3 の確かな技術を感じる…


二杯目も秋田県で参りましょい
DSC05178.jpg
ゆきの美人 純米吟醸生 愛山麹
(秋田県・秋田醸造㈱


誰だ、「ゆきりん飽きた」とか言うヤツはっ
(↑ ???)


一人、悦に浸る我杯…。
DSC05177.jpg
っつーか、自撮りすんな、バカ。


さて、いよいよメインディッシュに御登場願いましょい。
DSC05181.jpg
ホウボウ刺身

…で、今宵は最高潮 !!




魴鮄
 
640_480.jpg
コヤツ。


彼(?)の下あご部分。
この触覚のようなもので海底を歩いたり、砂に潜むエサを探り当てるという。




結構ユーモラスな風貌、生態であるが、刺身として頂くその旨味は天下一品 !!


口中にシッカリと絡みつく味わいは、今まで頂戴してきた刺身とは一線を画すッ !!


旬はチョイと過ぎちゃってるが、見かけたら是非に一箸着けてみやんせ !!





う~ん、いい席に案内してもらった。


ヲ酒もヲ皿もゆっくり、しっかり味わえました。




日本酒とヲサカナ好きにはタマラナイ一軒。


今回の行程に取り込むには少々無理のあった潜伏だったのだが、大正解だったですわ !!



中々アシは運べないが、これまた再訪したい一軒 !!



駅を目指しながら、キョロキョロ。
DSC05186.jpg
それこそ、方々に(笑)、

DSC05187.jpg
引き込まれそうな、キケンな小道が続く。

DSC05188.jpg

何度か暖簾を潜りそうな誘惑に駆られた。
DSC05190.jpg
イカンイカン、地球(自宅)に帰還出来なくなる !!


幾多の誘惑を断ち切り、
DSC05192.jpg
ようやっと到着。


ここから西国分寺駅にて武蔵野線で帰還したのだが。


途中の新小平~新秋津~東所沢~新座~北朝霞とか、チョイと惹かれるロケですなぁ。


吉田類 先生 も降臨されとるようだし…


うん !!

これから武蔵野線沿線は、
rena
 酔う 要チェック !!





…かくして、本来は伯父の墓参だった筈が、やはりタダの呑んだ暮れ紀行に…。



いいんです、いいんです。


ロクな最期は迎えられない事、重々に承知してヲります…


Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login