酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


居酒屋ルール ~栗橋・のまっしょ 元~

いつもヲ世話になってヲります。

いよいよ蒸し暑くなってきましたな。



帰宅後、速攻で入浴するが、肌の「ヌタヌタ感」が、何とも不快…


一応、無味無臭でいる筈の我杯だが(笑)、もしや、気付かないトコで異臭を放っているのでは !?

…と心配になり、より丁寧に身体を洗うように心掛けているのだが。


ところが、「もう一人の我杯」と呼ばれる 福山雅治アニキ は、石鹸やボデーシャンポーの類は使用せず、ヲ湯だけで身体を洗っているという。


何でも、ニンゲンの皮膚表面には確かな「自浄作用」があり、過度な石鹸やヲいでシャンポーはこの作用をも洗い流してしまうので、皮膚へのダメージが増えてしまうのだそうだ。


…成程


ならば、と思い試してみた。



…が、二日目に全身から異臭が立ち込めた !!



先ずクサイし、肌に触れた際の「ヌタヌタ感」は、信じられないレヴェルでの不快感 !!



本気で「死ねッ !! 自分 !! 」と思った…。



しかし、何故だッ !?

もう一人の福山アニキである筈の我杯に、どんな決定的な差があると言うのだっ !?
(↑ 大どぅくし)



皆さん、こんにちは。


愛だけは忘れたはずのバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です


多分に漏れず、勤め先の仲間からヲ酒好きで名を馳せる我杯。


そんな仲間内から、

「美味いイカワタ料理を出す店があるんス

行きませんか?」



…なんて、実に有難いヲ声掛けを頂戴し、実に !! 実に珍しい地元ロケ、

栗橋駅

…へと赴く


この栗橋、遥香な昔は宿場町として栄えた場所であり、その歴史は古い。


古い町には昔ながらの居酒屋が…


…と思うが、衰退化が顕著な実に残念なロケである。



…とは言え、全く何もない訳ではない。


我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を駆り、指定された一軒へ向かいちみヲん。


駅から徒歩2分。
DSC05471.jpg

のまっしょ 元

…が明るく店を構えている。


地元とはいえ、我杯は初潜伏。


こじんまり、としたヲ店だが、店内はほぼ満席状態、家族連れなどで賑わう at Home なイキフン


小上がりに座した我々、早速に杯を合わせる
DSC05474.jpg
我杯はモチロンの黒ホッピー。


「…ホッピーって、何なんスカ???」


今回の共犯者、ミサヲちゃん は我杯に質問を投げかける。


…。


…ホッピーって…何なんスカ…だと…???



…。





jojo
「ギャ、ギャニィィィ~ !?

なんじゃと~ッッッ !?

大衆居酒屋にて必須の一杯であるホッピーを知らんじゃと~ !? 」



「ええ、初めて見ましたよ」



…Holy shit … !!



…だが、これこそいい機会じゃよ~。


ホッピー呑んで新たなる幸せを感じるのじゃ !!


はい、ホッピー、うれピー、よろピクね~♬
(↑ )




ところでこの「のまっしょ元 3 」、メニューの取り揃えが充実
DSC05475.jpg
炙り〆サバ

…が秀逸




刺身のメニューが豊富だったので、
DSC05476.jpg
アレやコレやと頂戴したが、

DSC05477.jpg
…。

…はて、これらの皿は何の刺身であったか…???
(↑ 忘れてやがる)


…あ !!
届きましたYO !!


今回の一席は発起人、ショーちゃん がこの一皿を食べたいが為に開催されたもの。
DSC05478.jpg
イカのワタ炒め


ウムム !!

確かにこの味はヲ酒によく合う !!



この旨味を更に昇華させる為に、
DSC05480.jpg
高清水 生貯蔵酒


…を摂り込む


焼き物もシッカリとヲーダー
DSC05482.jpg
串焼きセット

…は一人では決してヲーダー出来ないボリューム
(↑ 普通、一人ではヲーダーしないが…笑)



店内のヲ品書きを改めてよく見たら、日本酒の品ぞろえも充実しとった。


「日高見」なんかも置いてあった。


我杯、初潜伏にも関わらず、マスターに、
hayaku-i-1.jpg
…のクレームを。

当然、マスター 3 は「何のこっちゃ」な表情である。



散々に高清水空けてたが、まだ間に合うとばかりに、
DSC05484.jpg
萬代芳 特別本醸造生
(会津・白井酒造)

…をば、ダメ押しの一杯に


ところで、今回の共犯者、ミサヲちゃん とショーちゃんが実に頼もしい。


年齢は我杯より遥香に若いが、しっかりと「居酒屋マナー」を心得ている !!


そう !!


バイトの女の子にしっかり「ヲヤジ的アプローチ」を仕掛けていたのだ !!


「え~? 今、高校生?」

「部活は何やってるの~?」

「カワイイね~。彼氏いるの~?」



このように、居酒屋に於いて最も重要な事は、


酔っ払いヲヤジは、女の子みたらニコニコすること !!



基本をしっかり抑えたこの二人、実に将来有望である !!
(↑ 本当かぁ )




「今度、(我杯が行くような)ヲ店に連れてって下さいよ」




…なんてな頼もしい発言に、嬉し涙がチョチョ切れる…


次回の居酒屋巡りを確約し、今回はヲ開き


帰途。



我杯は愛用の超絶電動自転車・轟天號を自宅まで走らせる。


1、2度角を曲がれば、あとは田んぼ道を自宅まで一直線の安易なルート…


…の筈だったが、ここで我杯は天性の方向音痴ぶりをまたもや大発揮。


真っ暗な田んぼ道を彷徨い、果てはシト様の庭先にまでウッカリ侵入してしまうバカモノっぷり。


ヲマケに真っ直ぐ帰還出来ていれば遭わなかったであろう雨にも祟られ、いらヌ被害を被ったのだった。




それでは、今回はこの一曲で皆さんとはヲ別れです。


酒場逃亡記、次回もヲ楽しみに~ !!



あたしバカよね ヲバカ 3 よね…

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login