酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


呑んだ 呑まれた 呑まされた ~ 一ノ割・大衆割烹 やまよし ~

いつもヲ世話になってヲります。


1年365日。


その日々の中で、決して手放せないアイテムが一つある


それは…


タヲル


汗を大量にかく夏はモチロンのこと、炊事、洗顔、トイレ、入浴と。
果ては「とある武道」のヲ稽古に必須のアイテム。


これは裏を返せば、我々ニンゲンが如何に



…に囲まれて生きているかを証明するものである。



我々が生きていく為に不可欠の『水』。


このバカモノ・ブログ的に申せば、美味いヲ酒を造るには、やはり『水』は大切な資源 !!


皆さん、水は大切に使いましょうネ !!




…大切ですが…


道路の冠水だけは勘弁してちょ !!





まだ8月…。


これからが「シーズン」やないですか。


思いやられるッ !!

気が凹むゥッ !!




はい。
どんな天候だろうと呑みに出掛けてしまうバカモノ・ブログ、酒場逃亡記です



今回も毎度ヲ馴染み、一ノ割駅からスタート !!

夕暮れ時の改札前。


一ノ割駅と言えば毎度ヲ馴染み、
DSC06049.jpg

大衆割烹 やまよし


…へと、流れ着く


暖簾の脇に、
DSC06050.jpg
店主敬白。


「神番組」にて紹介されたこの一軒。


「驕ることなく精進します !!」


更なる意気込みを感じさせる文面に、マスター 3 の人柄が滲み出る…




さて。


我杯が毎度毎度「やまよし 3 」へ潜伏するには「ワケ」がある


1.美味いヲ酒と肴を堪能出来る。

2.マスター 3 の人柄に大安心。

3.上記2ツの理由から、酒呑みVIPへの『ヲもてなし』に最適




…という理由からである。



そして、今回の潜伏目的は『ヲもてなし』


日本酒女子(ポンジョ)の、みるきー 3 をゴアンナイする為である。


大の日本酒好きである姫君をエスコートするに当たって、「やまよし 3 」に外しはない。




入店し、小上がりに上陸。


ポンジョに「小細工」は無用。


早速に、
DSC06051.jpg
会津中将 純米吟醸 夢の香
(会津・鶴乃江酒造)


…をば傾ける。


流石のマスター 3 も、

「ええっ !? イキナリ日本酒ゥッ !? 」
えっえっえっ

…と、驚いてましたが、いいんです
(↑ …つか、いつものことだス)


それでは御一同様(← 2人だが…笑)、
DSC06052-1.jpg
ぱんぱ~い


みるきー 3 、「中将」とは初対面のようで、その味わいに『かなり』相好をヲ崩しになる。


毎度ヲ馴染みの、
DSC06053.jpg
名代、バラエティ・ヲ通しで一杯目は(早速)空に


続いての2本目に、
DSC06054.jpg
百楽門 純米吟醸 生原酒
(奈良県・葛城酒造㈱)


…をば。

奈良県産酒造好適米『露葉風』を使用した、ヲール奈良の一本。




「日本酒呑むなら、『アレ』ですよね 🎶 」
DSC06056.jpg
自家製塩辛

…を多々あるヲ品書きの中から目聡く発見、喜々としてヲーダー


…ほほう…。

我杯と卓を挟むだけあり、ヲ酒の何たるかをよく御存知のようだな?
(↑ 何様)


更に、
DSC06057.jpg
自家製〆サバ


…を頂戴する。


酸味の効いた味わいを感じるや否や、封じ込められた脂の旨味が急激に顕現。



杯の傾き加減が一気に急角度へ。


たて続け(…つか、同時 !? )に2本の一升瓶が眼前に



先ずはマスター 3 おヲキニである銘酒。

石川県産の酒米である『石川門』を100%使用した、
DSC06058.jpg
手取川 純米吟醸 生原酒
(石川県・㈱吉田酒造店)


…と、もう一本。


日本酒好きにはシビレル銘柄『山田錦』を使用した、
DSC06061.jpg
二兎 山田錦65 純米酒
(愛知県・丸石醸造㈱)


…をば頂戴する。
DSC06062.jpg
この二羽の『ウサギちゃん』に何を合わせましょうか。


思案していたら、ママ 3 がヲススメの一皿を。
DSC06064.jpg
にしん の山椒漬け


…が卓上に。


これは福島県は会津の庶民的な郷土料理。

我杯の大好物なんである !!



ヲいしいヲ酒に絶品の品々…


二兎を追って萌乃 3 ですよ !!
(↑ ???)


「あ !! もうこれさ、残り少ないから(呑んで)空にしてっちゃってよ !! 」


…なんて、マスター 3 の挑発があり(笑)、
DSC06065-1.jpg
鯉川 黒鯉川 特別純米
(山形県・鯉川酒造)

DSC06066.jpg
「先入観無しで呑んでもらいたい」


…という蔵元3の意向から、ヲ酒のスペックは非公開。

しかも、数量限定、かつ少量という、ブラック&レアな一本。



…と、もう一本…笑
DSC06068-1.jpg
秀鳳 純米吟醸 亀の尾 山廃仕込み 生原酒
(山形県・秀鳳酒造場)


…が、我々へのトドメとして投下された。


三兎、四兎…
🐇🐇🐇🐇


…そして、画像は修正してあるものの。

一升瓶を抱えてあんなに嬉しそうな表情するシトは初めて見たワイ。
(((((笑)))))



マスター3の差し入れを頂戴しながら、
DSC06071.jpg
我々のヲ酒談義は尽きることなく…。




ううむ、今回も傾けたワイ !!

DSC06072.jpg
今回の「ヲもてなし」も、やまよし 3 のヲ陰で大成功である。



マスター 3 、ヲ陰様で我杯は毎度毎度「ヒーロー」ですぜ !!





…それにしても今回、何本呑んだ???


1、2、3…



げっ !?


6本 !!
えっえっえっ



…って、まあ、毎度毎度、こんな風になってますわな…笑






「まだ呑める



…な…


何スってェッ
(↑ 仗助)


ケロッ、とした みるきー 3 とは裏腹に、すっかり出来上がってしまった我杯…。



…なるほど、日本の居酒屋が女子に占拠される日は近いぜよ…。
(↑ 遠い目と震える声)

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login