酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


見てはいけない横道を見てみた ~宮代・居酒屋 楽一、さぼてん~

いつもヲ世話になってヲります。

さて。
チョイと以前に、知人のジョージさんの喫茶店を訪れたエピソードを紹介したが、今回は、その直後に我杯はやらかした。

開店間も無く、疲労困憊のジョージさん(笑)のヲ店を出た我杯、ある事を思い出してしまっていた。

合気道の先輩であるACT-2さんの入院見舞いの際に見付けてしまった「うさぎとかめ」
確か、あの並びには似たような佇まいの、アヤしいヲ店がまだあったな…

そう思ったらいても たっても い~ら~れ~ない

目指すは、東武動物公園駅・東口。

我杯が入り込んだ、東口前にひっそりと延びる「横道」は、うさぎとかめを一番手前に、3軒の居酒屋さんが軒を連ねる。
その真ん中に位置する居酒屋さんが、
DSCN2938_20120206221544.jpg
居酒屋 楽一

…こう言ってはナンだが、この3軒並びの中で、一番居酒屋らしい佇まい…笑

やはり、外からは店内の様子は窺い知れない。
3b6ac91d.jpg
はいはい、中だの外だの言ってるようじゃ、飲み歩きなんか出来ないの
勿論、初逃亡であります。
こんばんス~

…はい、正解!!

ヲ隣りさんと同じく、そこは8、9人が座れば満席になる、カウンターのみの小さな空間。
端の席から店内奥のトイレに辿り着くには、何人ものヲ客さんの背中を、横ばいにすり抜けて行かねばなりません
今回、この小さな間取りを、「逃亡の匠」は、どうしていくのでしょうか!? 

…なんということでしょう…!!
店内、フクヨカなママさん以外には誰もおらず、見事、トイレの問題はクリアーになったのです
(声:加藤みどり)

…もう、いいや…笑


(あら…見ない顔ねぇ…)

そんな怪訝そうな表情を見せるママさんにコンバンワした我杯、得意のヲ湯割り(with 梅)をオーダー
DSCN2939_20120206221544.jpg
ヲ通しはゴボウ、筍の煮物。
じゃ、いたらきま~す、ぱんぱ~い

やっぱり、ヲ初ですからね、ママさんと我杯、繋がる話題をお互いに振りきれずに、マッタリとした時間が刻々と…


オモムロにママさん、ラジカセで「ルイ・アームストロング」流し始めた
へぇ、ママさん、ズージャーをヲ聴きになるんですか。

「いえ、いつもヲ客さんの雰囲気に合わせて色んなの流すのよ」

…我杯、ジャズ顔ですか。
でも我杯が好きなのは、えーけー…
…いいや。

呑んでばっかじゃ、アレだしナンだし。
ヲススメ、何か下さい
DSCN2940_20120206221544.jpg
来た来た
ねぎ間2本@350

メモったり、カメラでパチパチやってる我杯は、やはり、客としては不思議なヤツ。
ママさんからの、何故に?な質問に、いや、呑み歩きを、ブログを云々…

「あれ、じゃ、少しは宣伝になるかしら?」

…いや、全くならないと思います、ドーモ、スンマセン

我杯がトイレを拝借して出てくると、他で呑んできたのか、酩酊状態の御常連さんが。
でば、もう一丁、行ってみましょう

スグ隣。
DSCN2942_20120206221542.jpg
さぼてん
さて、どないでしょう。
こんばんス~

…正解!!

何も無い!!…笑

…は、チト言い過ぎか
でも、先程よりは店内装飾は寂しいかな
やはり、8、9人で満席のL字?カウンターのみで、先客さんが4名程。
ボンヤリ、とテレビに映る冒険考古学者の活躍を眺めている

カウンター内には、これまた倍賞 美津子にクリソツ!!なママさんが。
いや、似てる

「…いらっしゃ~い」

やっぱり、「見ない顔ね…」な怪訝な御表情ですが、ま、チト時間を下さいな

じゃ、アレを
DSCN2941_20120206221543.jpg
本日、3杯目のヲ湯割り(梅)…笑
ヲ通しの中華春雨で、ぱんぱ~い


ブロガーの定め。カメラで記録を残していると、隣席の御常連さんが、のぉ~~~っそり、と

「…何、やってるの…ソレ…?」

呑み歩き云々、ブログ云々…

「…ああ…キミも…やってるんだ…」

直後に、ニヤリ

…ん!!
こ、コイツ、できるな…!!

「…いっっっくらでも…付き合うぞ…」  …ニヤリ…

このシト、きっと、通常の3倍の働きをする肝臓を搭載しているに違いない…!!
頭にツノは…無いな…。

でも、大佐、のっそり、と御退店。

しかし!!肝臓の性能の違いが、酒の強さの決定的差でないということを教えてやる!!


この日の我杯も、コレでシメ
都合4杯のヲ湯割りを呑んだ。

アルコールの和らぐヲ湯割りにも関わらず、帰途、我杯の足取りは覚束無かった…

「認めたくないものだな…自分自身の…酒の弱さ故の千鳥足というものを…」

Comments

へぇ〜 
僕もある時期入院してたんですがお見舞にはお顔拝見できなかったようなできたような…ふ〜ん?まっ!細かい事は抜きにしてその分、快気祝い期待しております!(笑)

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login