酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


海のハンター展 潜伏記 Part 2 『サメちゃん、ネ申指名 !! 』~ 上野・磯丸水産 ~

年末から体調を崩し、咳、鼻詰まりが今もって復調しない…

風邪をひいた訳ではないのだが、何にせよこんな時には「寝薬」である。



なんて早めに床に就くようにしていたら、やはり効果が


「早寝早起き病知らず」てのは本当ですね !!



特に朝の出勤時に余裕を持てるのはいい !!


その空いた時間に録画した「酒場放浪記」とか観ちゃってる我杯。
(↑ 無駄無駄無駄ッ !! )



様々な海洋生物が展示された「海のハンター展」に潜伏した我杯と甥っ子怪獣・アニキ。


いよいよのメイン展示ゾーン。


タイトルにもある、「海のハンター」。



大海洋を悠々と泳ぎ、畏怖される存在… !!



それこそがッ !!





sakura-same-1.jpg
「サメ でぇす ♪ 」
(↑ シャンパンタワー634m)


いよいよのサメ展示には、
DSC07004.jpg
サメがウヨウヨ。
221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif221031.gif


とりわけHammer Head Shark 、シュモクザメ 様 の異様さが際立つ。




このシュモクザメ 様 の鼻下?、赤囲みの部位、
DSC07003.jpg
ここには他の生き物が体から発する信号のようなもの?を感知する器官があるんだそうだ。


…。


毎回、こーいった展示やらを見て思うのだが、生き物ってのは実に不思議な存在であるな、と。


自身が生きる環境に、その身体の形状や機能を変化適応させて今日に及んだわけであるが。



…もし、原始に於いて発生した「生命」、その根幹が一つのものであり、そこから多種多様に分化していったのであるなら。



我々ニンゲンと他の生き物の「祖」は同じな訳で、それ即ち、持って生まれた物は同じ、とも言えるのでは。


となれば、我々ニンゲンにも、こーいった機能を有した器官が埋もれているのではないだろうか。


現に「尾骶骨」ってーのは、尻尾が退化した名残だというし。


「シトの気配を感じる」なんてのは、このシュモクザメのような器官の名残が働いている証ではないのでは…?




…話を元に



今回のメイン展示、ホホジロザメ 様 の液浸標本 !!
DSC07005.jpg
ずずぅ~ん。


全長3.2mの標本がその威容を現した !!



サメって存在は…
DSC07007.jpg
実に機能美に優れた、美しい存在なのだと気付かされた。


サメの象徴とも言える、毅然と立った背びれ、流れるようなフォルム、堂々とした躯体。



そして何より、
DSC07011.jpg
獲物に喰らい付く !!


その一点に特化した牙 !!


甥っ子怪獣と顔を見合わせて口にした。



「陸上に生まれてよかったネ」


…と。



DSC07014.jpg
サメの歯のヒミツ。



海底に潜むハンターと言えば、
DSC07025.jpg
アンコウ、やね。


…嗚呼、神よ。


何故、アナタはこのような造形を産み出すに至ったノカ…。



しかし、酒呑みの我杯には、このアンコウの展示でさえ鍋の具材にしか見えない…。


ヲヲカミウヲ 様 。
DSC07027.jpg
アタシャ、初めて知りました !!


この恐ろしい形相の正体は、
DSC07028.jpg
顔面全てがゴチゴチのキン肉マンだったからだと !!


獲物に喰らい付き、放さない為に大量の筋肉を搭載するに至ったのだという。



海洋の癒しキャラ、
DSC07030.jpg
マンボウ 様 。


成魚になれば、数mをも越す巨体だが、
DSC07031.jpg
やはり、元は小さな小さな小魚。
(↑ 甥っ子怪獣の手の平と比較)


マンボウの産卵は3億を越す数でなされるそうだ。
(↑ )


だが、成魚になるのはそのほんの一部だそうで、やはり大海洋とは厳しい世界だというのが理解出来る…。






展示の最終章。


海のハンターとは、サメだけではなく、漁業で海原に繰り出すニンゲンも含まれるのだ。



ニンゲンは海からの恵みに感謝しなければならない。




…というメッセージで締め括られた今回の展示だったが、
DSC07035.jpg
ハタ


…なんて高級魚を見せられたら、一度はあり付いてみたいと思う…。



今や、「海の黒いダイヤモンド」と称される、
DSC07034.jpg
クロマグロ 様


…を目の当たりにした。



我杯と甥っ子怪獣の脳裏に、同時に同じ欲求が生じたのはこの時だった。



「ヲ刺身が食べたいね」




そんな訳で会場を後にした我々は、
DSC07059.jpg

磯丸水産


…に辿り着いたのだった…笑



店内は家族連れなども散見され、甥っ子怪獣を連れて潜伏するには問題は無かった…
DSC07046.jpg
…のだが、店内には煙が充満。


それもその筈で、
DSC07048.jpg
酒呑みにはこのようなヲ通しが供され、各テーブルに配されたコンロで自ら網焼き出来るのである。


これは楽しい !!



…と思ったのは我杯だけで、このような居酒屋空気に免疫のない甥っ子怪獣は、この煙に目をヤラれ、
DSC07049.jpg
「ひ~っ


目を開いていられない有様に。




ヲヲ、これは済まなかった



ヲジちゃんは世の汚いものを目の当たりにし過ぎたせいで、これ位じゃ涙も流せなくなってしまったんだよ…



よし、先程の「マグロ欲求」を満たそうでは内科。


甥っ子怪獣には、
DSC07052-1.jpg
マグロ丼をあてがい、機嫌を直してもらう。


我杯は、
DSC07055.jpg
マグロメンチ


…なるものをヲ酒のアテに。



かくして、
DSC07060.jpg
知的、及び食の欲求を満たした我々は、上野の街を後にする。




…そーいや、この時に甥っ子が着用していたTシャツ。
DSC07063.jpg
その有様は、

DSC07062.jpg
山手線の車両のようだったワイ…笑





甥っ子を家に送り届け、さて、これからが「第2の本番」 !!




降り立ったるは、
DSC07065.jpg
北浦和駅ッ !!



この地にて ほっこり、な一時を過ごすのだが、これまた次回の講釈で




旅はまだまだ続きます…







tbc.jpg

Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login