酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


自宅呑みアレコレ ~ 我が生涯に一片の… ~

それにしてもクッソ暑ィですな。



洗濯物がよく乾くのはいいんスが、強烈な日差しに晒されたシャツやらタヲルやらが何だか可哀想に思えてくる…笑


さて、そんな時は自宅に引き篭もって呑むに限る。


つか、我杯行き着けのヲ店ってのは、ことごとく刺身の美味いヲ店であり、

そして、それを口に出来なくなったモンだから、

正直、最近酒場逃亡は大変ヲロソカになってます。


だって、刺身食べられなくて面白くないんだもの。





さて、今回我が宅にヲ招きした「美人 3 たち」はコチラ。
DSC08436_2017071715312981a.jpg
澤屋 まつもと Tojyo
(京都府・松本酒造㈱


御覧の通り、
DSC08437.jpg


DSC08438_20170717153128da8.jpg
かなりイイトコ取りの一本


量販店である「はせがわ酒店」の企画物。

店員 3 に伺ったトコ、コチラを真っ直ぐにヲススメしてくれた。


「期間、本数限定 !! 」


…とか言われちゃうと、ついつい…。


DSC08441.jpg
風香 袋しぼり生原酒 純米吟醸
(奈良県・梅乃宿酒造㈱


DSC08442.jpg
原料米は備前雄町。


もういっちょ !!
DSC08462_20170717153135728.jpg
辰泉 純米吟醸 美山錦 生酒
(会津・辰泉酒造)


はい、コチラの三美女を、
DSC08465.jpg
どーんっとまとめて、ぱぱっ、と呑んじゃうよ !!
(大至福)


「辰泉」はキレ。

スッキリ呑めて、余韻さわやか。

「風香」は濁り。

文字通り、風味と香りが口中に気持ちいい。

「澤屋…」は、これは日本酒なのか。

通り越してワインまで行っちゃってるような口当たり。

まるで、口に含んだ途端に、舌と一体化しちゃうような感覚が。



ほらね。

自宅で呑み比べ出来る我杯は、刺身なんか食べられなくたって悔しくないんだ…
(↑ 震える声)



DSC08574.jpg
會津宮泉 酵母無添加 純米生酛 生酒
(会津・宮泉銘醸㈱

DSC08575.jpg



DSC08576_20170717153142856.jpg
生酛醸りの一本。

DSC08577.jpg
コチラこれまた口中にズシリ、と響くインパクト。


その一口一口に確かな「日本酒の重さ」を実感できる。



そうそう。

以前に横浜のキリンビール工場にてビール製造体験教室に参加し、



その時に造ったビールが、
DSC08615.jpg
我が手中に届いた !!

DSC08616_201707171531482a8.jpg

これまた、
DSC08617_20170717153144aad.jpg
呑み易い !!
そして、美味い !!



ホップの旨味が確かに実感出来る。

それなのに、サラサラと呑めてしまう、市販の物とは一線を画した味わい。



これは今夏を通して常呑したいが、残一本…。



最後の一本をいつ開けるか、機会を伺っている…。



やはり自宅呑み。


どっぷりと「油断」しちゃうんである。



自宅居間にて呑むのだが。



寝室まで辿り着けない。



酒量は350ml缶3本程度なのだが、居間のソファで眠りコケちゃう事が多々。



いや、寝ちゃうとか酔い潰れるとかのレベルじゃない。




ペシャンコに気絶しとる…



こんな事を週に何度も…凹




…最近、「我が最期の瞬間」が視える…。



「今頃気付いたか」
kenshirou.jpg
「貴様の頭上には既に死兆星が輝いているのだ !! 」





…我杯が天へ還る時が近いというのかっ… !!



このままだと、マトモなコト達成しないで終わっちゃいそうだなぁ…

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login