酒場逃亡記

酒呑みの生きネ申様、吉田 類 先生に憧れ、その生き様に追い付け飛び付け!!とばかりに、飲み歩き。 吉田先生が「放浪」なら、我杯は現実からの「逃亡」。 その実態は、酒とヤマトとA○B…笑


ダウンライトと酒々(シュシュ) ~春日部・彩鳥~

いつもヲ世話になってをります。

ある日の稽古を終えた秋の夜、春日部
我杯は、以前より密かに決めていた「ある行動」を、実行することにした。

以前、やはり稽古&呑み仲間のヤモちゃんから、「いい店がある」と耳にしていたので、
いよいよ逃げ込むことにしたのである。

それがココ。
Image326~01
炭火串焼 彩鳥(いろどり)

初逃亡。でわ、早速に潜伏させてもらいヤス

…う~ん、なんとシャレオツなを店。
照明やや暗めの落ち着いた店内に、BGMのJAZZ(ズージャー)が静かに
カウンター席8席ほど、堀ゴタツ席3卓、テーブル1卓、20人も入れば満席かしらん。
やはり、雰囲気がいいから、店内には週末の夜を楽しむカップルが多々。

「いらっしゃいませ~ヲ一人ですかぁ?」

…いえ、独りです…

さておき、稽古後なんで、ノドが乾いていますよ。
Image318~00
カウンター席に座した我杯はモルツをヲネダリ。
ヲ通しの大根サラダと口直しのオロシが運ばれてきました。
ぱんぱ~い

…ウム!!流した汗はウソをつかない!!特にヲ酒にはっ!!

瞬く間にモルツは我杯の眼前から姿を消した。
ヲカワリのレモンハイボールと、ウリの串焼(かわ@180、はつ、レバー各@200、うな肝@忘れた)をタレでオーダー
Image320.jpg
来た来た。呑み歩きを始めてから、すっかりタレ派になった我杯

…う~ん、レバーが口の中でトロトロと
それをスパッ、とレモンハイボールの酸味が洗い流す。

改めて店内を見回すと、数多くの日本酒や焼酎の瓶が、ズンズラリンと。
 
「何か、気に入ったもの、ございましたかぁ?」

このヲ店の看板娘ちゃんが、気さくにヲ声掛け。

我杯、焼酎は苦手なので、日本酒で。

「コチラのお酒、ここら辺じゃ、なかなか出回ってないですよぉ
Image321~01
コチラ。福島の山廃純米吟醸生酒「風が吹く」@800
ラベル、カッケー

こぼれないように、口からヲ出迎え。

………美味いぃぃぃ………

「いつも、そうやって呑んでるんですかぁ?面白いですねぇ

何と、隣に居合わせていたオネーチャンが、声を掛けてきた。
…ぬあっ!!か、かわいいっ!!

しかし、傍から見たら、オーダーされた品や、酒の瓶を一々撮影したり、メモったりする輩は奇妙だろうなぁ。

でも、オネーチャンの向う隣には、しっかり彼氏クンがいた48人アイドルのプロデューサーみたいだ。

「これ、美味しいですよ。…って、ボクも隣の方に勧められたんですけど」

…ほう、あんちゃん。君が今夜の我杯の「ステージ」を演出してくれるノカ。
で、来たのがコレ。
Image322~01
タラコの炙り串@350

何の変哲も無い一品だが、一口かじり、その塩っ気が残る内に酒を口に運ぶ。

………こ、これは………ッ!!!!

美味いッ!!
何故ッ!!神は日本酒と魚介を巡り逢わせたもうたのかッッッ!!
口の中に広がる、魅惑の味覚の小宇宙!!感動だッ!!
まさに、涙サプライズ!!

…見ろぃ。あんちゃんが美味ェの勧めるから、酒が無くなっちまったぃ。
と、すかさず看板娘ちゃん。
「このヲ酒、美味しいですよぉ

下さい。もう、言いなり
Image323~03
「伯楽星」@850。宮城のヲ酒だそうです。
今日の逃亡は、復興支援、つー事には…ならない?

「お食事の邪魔をしない、それでいて美味しく呑める、究極の食中酒って言われてます。
…あ、お食事、何かオーダーされます?」

言いなり2で、ホヤの塩辛@忘れた。をオーダー。
今日、何杯め?ぱんぱ~い


………美味い、という意味の、最上級表現が知りたい。

何でしょう、先の「風が吹く」もこれも、美味い日本酒は、どこかフルーティテイスツ
これなら、ずっと繰り返して24時間、この酒だけリクエストして呑んでも飽きないなぁ

日本酒を呑める、というのが嬉しいですよねぇ

隣のオネーチャン、アルコールがヘビーローテーション。ウットリしとるわい。

「ヲ酒を呑める人って、カッコイイですよねぇ?

………!! 見てろ、オネーチャン、今から我杯がヲ酒呑んで、フクヤママサハルに変身して、
フリーザの奴をブッ飛ばしてやるからなッ!!
Image325~01
加賀梅酒@もう、覚えてないや

「飛行機のファーストクラスで提供されている高級酒ですよぉ」

ぱんぱ~い…思い出した。これで5杯目だ。

…あぁ、シヤワセ…
こんな気持ちになれるって ボクはツイているね~

…つか、今日は良い「潜伏」が出来て、機嫌が良い
やはり、気さくに声掛けしてくれた店のオニーチャンに一杯サービス

隣のオネーチャンとプロデューサーが、フラフラと退店していった。
我杯も今宵のステージを幕としよう。

…マジすか!?
ヲ会計、独り呑みで最高額を更新してしまった。(7000円位でしたが…)

春日部駅のホームで、先の二人に再遭遇。
だが、既にコチラを認識不可能な程にグニャグニャ…笑

「マジにならなきゃ、呑めねぇよ

Comments

 
タラコの炙り串。いいね〜。
日本酒と合わせれば口の中でスープになるな。
あやかりたいね〜。


管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

隆軒 一郎

Author:隆軒 一郎
居ても立ってもいられず
前呑めりに 夢見る
前呑めりに 生きよう

カテゴリ
相席された皆さん
検索フォーム

Archive RSS Login